禁錮7年の求刑で話題!炎上事件、池袋暴走事故のこれまで

時事問題

世間を騒がせた池袋暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告に対し、東京地検は7月15日に東京地裁の公判で、禁錮7年を求刑しました。この禁錮7年という内容にネットでは「短い」「軽い」などの批判が殺到しているようです。今回は進捗があるたび、都度話題にあがるこの池袋暴走事故についてまとめてみました。

そもそもの事件

東京都の池袋で2019年の4月に主婦の松永真菜さん(当時31歳)と長女の莉子ちゃん(当時3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故がいわゆる「池袋暴走事故」。他にも9人の人が重軽傷を負ったという大きな事故です。私はこの事故現場となった東池袋は以前仕事でよく通っていたので、非常に興味があったのですが、その後、事件はただの“大きな事故”ではなくなります。通常誤ってでも、自動車の運転で死亡事故を起こしてしまった場合は、逮捕されるのは、運転免許を持っている人なら誰でもしっているかと思います。この事件の最初の問題は、死亡事故を犯したにも関わらず、事故を起こした飯塚幸三被告しばらく逮捕されませんでした。

その理由は、旧通産省工業技術院の元院長という過去の経歴が考慮されたのではないかと、当時はネットで炎上しまくっていました。その頃に広まった言葉が最近でもたまに見かける“上級国民”という言葉。上級国民であるため、飯塚幸三被告は逮捕されないという噂が一気に拡散していきました。

実のところは、逃亡の恐れがないというと、証拠隠滅の恐れがない場合は、在宅のまま捜査を続けるというのが法律では正確なところで、この事故では飯塚幸三被告はそれに当てはまっていたので、すぐに拘束するのではなく、在宅での事情聴取だったとの事。しかし、それでも時間がかかったのは少し怪しいです。あの時、世間が大騒ぎしなければ、もしかして・・・と今でも疑ってしまいます。

 

その後に続くありえない発言

飯塚幸三被告の書類送検により、この事故については一旦、落ち着くかに思えましたが、その後、飯塚幸三被告が供述する言葉一つ一つがまた世間を騒がせていきます。本人の意思ではないにしろ、若い奥さんと幼い少女の命を奪ったのにも関わらず、飯塚幸三被告は「アクセル踏んでない」「車に何らかの異常が生じ暴走した」と一切反省していない発言を連発。この事故で亡くなった真菜さんの夫の拓也さんの気持ちを考えると胸が張り裂けそうになります。その後も「目で見たものと、ドライブレコーダーの内容が違う」など過失を否認し続けていました。あの事故、誰がどう見ても明らかに飯塚幸三被告の過失であるにも関わらず、それを認めずこのような発言を続ける飯塚幸三被告に、妻子ある人間から言わせてもらうと、あんな年になって「道徳」という言葉を知らない人がいる事に驚きです。メーカーなどの検証により、車両に異常はなかったされてもやめないその姿勢。このニュース関連の続報を聞くたび私は、そんなに罪が軽くなりたいのかよ!と何度もテレビに向かって叫んでしまいました。
そもそも飯塚幸三被告はパーキンソン病を患っていて、杖を使わないと歩けなかったと聞きます。そんな人が車の運転などしていいのでしょうか。そうゆう責任も今後追求してほしいです。

禁錮と懲役

さて今回求刑さてた禁錮7年。よく聞く懲役とはどう違うのでしょうか。禁錮刑と懲役刑は両方とも収監されるのには変わりがないのですが、刑務作業のある懲役に対して、刑務作業がないのが禁錮刑とされています。ようするに捕まっている間働かなくてもいいのが禁錮刑ですね。そう考えるとやはり懲役よりは軽く感じてしまいますが、私の場合、彼がどんな刑罰を受けるかよりも、亡くなった遺族に対して、少しでも謝罪する気持ちを見せて欲しいところです。今更なんか謝罪を言っても嘘くさくて遅いですけど。飯塚幸三被告の年齢を考えると、正直生きてでてこれるかも怪しいので、刑罰についてはどうでもいいですね。

遺族の思いや、偶然知っていた場所で起こった悲しい事故。個人的にこの事故には、いろいろな思いがあったので、今回簡単にまとめさせていただきました。事故はつい起こってしまうのかもしれませんが、起こしてしまったあと、人としてどうあるべきなのかが大事だと感じています。

今回は以上です。

コメント