ハードコアゲーマー総選挙の結果がついに発表!1位はなんと驚きの!

エンタメ

ハードコアゲーマーをターゲットにしたWebメディア『Game*Spark』が開催した「ハードコアゲーマー総選挙」の結果が公開されました。今回はその順位の結果を紹介します。



まずは11位から115位まで

2021年12月27日に放送されたテレビ朝日系の『国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙』がの結果を受けて、「なんであの作品がはいってないんだ」「このランキングはおかしい」など、納得のできない人たちも結構いたことから、ハードコアゲーマーをターゲットにしたWebメディア『Game*Spark』では、「ハードコアゲーマー総選挙」の開催を発表しました。投票方法は、専用フォームから好きなゲーム1つを記入するだけ。投票期間は2021年12月31日(金)午前12時までで、待ちに待った結果が発表されました。まずは11位から115位までを一気に紹介します。ちなみに115位というのは、票数が同じタイトルが結構多かったようで、97位から下は115位となっているようです。

11位:『Outer Wilds』27票
12位:『Demon’s Souls』23票
13位:『Fallout 4』22票
14位:『The Last of Us』18票
16位:『天外魔境II 卍MARU』17票
17位:『The Elder Scrolls IV: Oblivion』16票
17位:『アーマード・コア フォーアンサー』16票
17位:『レッド・デッド・リデンプション2』16票
17位:『龍が如く0 誓いの場所』16票
21位:『DEATH STRANDING』15票
21位:『Horizon Zero Dawn』15票

23位:『タクティクスオウガ』14票
23位:『天地創造』14票
25位:『グランド・セフト・オートV』13票
25位:『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』13票
25位:『ライブ・ア・ライブ』13票
25位:『十三機兵防衛圏』13票
29位:『Destiny 2』12票
29位:『グランディア』12票
29位:『メタルギアソリッド3 スネークイーター』12票
29位:『ロマンシング サ・ガ2』12票
29位:『ヴァルキリープロファイル』12票

34位:『クロノ・トリガー』11票
34位:『ゼノギアス』11票
34位:『モンスターハンター:ワールド』11票
37位:『JUDGE EYES:死神の遺言』10票
37位:『Overwatch』10票
37位:『The Last of Us Part II』10票
37位:『UNDERTALE』10票
37位:『ゼノブレイド』10票
37位:『ゼノブレイド2』10票
37位:『モンスターハンターワールド:アイスボーン』10票
37位:『高機動幻想ガンパレード・マーチ』10票

45位:『DOOM Eternal』9票
45位:『Portal』9票
45位:『アーマード・コア』9票
45位:『サイバーパンク2077』9票
45位:『タイタンフォール2』9票
45位:『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』9票
45位:『ファイナルファンタジーXI』9票

52位:『Escape from Tarkov』8票
52位:『HALO』8票
52位:『ICO』8票
52位:『ウィザードリィ』8票
52位:『サガ フロンティア2』8票
52位:『ゼルダの伝説 時のオカリナ』8票
52位:『テラリア』8票
52位:『バイオショック』8票
52位:『ファイナルファンタジーVII』8票
52位:『ファイナルファンタジーX』8票
52位:『ロマンシング サ・ガ3』8票
52位:『ワイルドアームズ セカンドイグニッション』8票
52位:『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』8票

65位:『DOOM』7票
65位:『MASSIVE ACTION GAME』7票
65位:『あつまれ どうぶつの森』7票
65位:『ファンタシースターオンライン』7票
65位:『モンスターハンターポータブル 2nd G』7票
65位:『レインボーシックス シージ』7票
65位:『ワンダと巨像』7票
65位:『真・女神転生』7票
65位:『街 ~運命の交差点~』7票

74位:『Apex Legends』6票
74位:『ARK Survival Evolved』6票
74位:『Celeste』6票
74位:『Detroit: Become Human』6票
74位:『Factorio』6票
74位:『MOTHER2 ギーグの逆襲』6票
74位:『NieR:Automata』6票
74位:『SIREN』6票
74位:『Slay the Spire』6票
74位:『Ultima Online』6票
74位:『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』6票
74位:『クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-』6票
74位:『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』6票
74位:『ゴッド・オブ・ウォー』6票
74位:『シェンムー 第一章横須賀』6票
74位:『スプラトゥーン2』6票
74位:『テイルズ オブ アライズ』6票
74位:『バイオハザード4』6票
74位:『ペルソナ5』6票
74位:『ペーパーマリオRPG』6票
74位:『原神』6票
74位:『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』6票
74位:『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』6票

97位:『Dead by Daylight』5票
97位:『killer7』5票
97位:『Mass Effect 2』5票
97位:『キングダム ハーツII』5票
97位:『シルバー事件』5票
97位:『スーパーマリオ64』5票
97位:『スーパーメトロイド』5票
97位:『デスクリムゾン』5票
97位:『デビル メイ クライ 5』5票
97位:『バトルフィールド 4』5票
97位:『ファイナルファンタジータクティクス』5票
97位:『ベイグラントストーリー』5票
97位:『マインクラフト』5票
97位:『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』5票
97位:『不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!』5票
97位:『不思議のダンジョン2 風来のシレン』5票
97位:『仁王2』5票
97位:『幻想水滸伝II』5票

115位:『Fallout 76』4票
115位:『Fallout: New Vegas』4票
115位:『Hades』4票
115位:『Hollow Knight』4票
115位:『Marvel’s Spider-Man』4票
115位:『NieR Replicant』4票
115位:『RimWorld』4票
115位:『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』4票
115位:『Stardew Valley』4票
115位:『アーマード・コア3 サイレントライン』4票
115位:『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』4票
115位:『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』4票
115位:『ザナドゥ -Dragon Slayer II-』4票
115位:『シャドウハーツII』4票
115位:『スターオーシャン Till the End of Time』4票
115位:『スーパーマリオRPG』4票
115位:『ソニックアドベンチャー』4票
115位:『ディスオナード』4票
115位:『バイオショック インフィニット』4票
115位:『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』4票
115位:『ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター』4票
115位:『ベヨネッタ』4票
115位:『ボーダーランズ2』4票
115位:『メタルギアソリッド』4票
115位:『メトロイド ドレッド』4票
115位:『モンスターハンター フロンティア オンライン』4票
115位:『リンダキューブ アゲイン』4票
115位:『レッド・デッド・リデンプション』4票
115位:『地球防衛軍5』4票
115位:『真・女神転生III-NOCTURNE』4票
115位:『龍が如く』4票
115位:『龍が如く7 光と闇の行方』4票

以上が11位から115位までです。印象としては、テレビ朝日系で放送した『国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙』と比べ、CEROのレーティング18才以上のみ対象ソフトである「CERO:Z」の作品が多くランクインしているようですね。個人的には『テレビゲーム総選挙』ではランクインしていなかった『真・女神転生』シリーズが入っているのがうれしいです。

 

4位から10位まで

それでは4位から10位までをカウントダウン形式で紹介していきます。

10位:『Ghost of Tsushima』28票

9位:『Fallout 3』36票

 

8位:『DARK SOULS』38票

 

7位:『DARK SOULS III』39票

 

6位:『ファイナルファンタジーXIV』44票

 

5位:『ウィッチャー3 ワイルドハント』57票

 

4位:『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』75票

4位から10位の中に、フロム・ソフトウェアの作品が3本もランクインしているのが非常に特徴的ですね。難易度の高いいわゆる「死にゲー」の人気が高いようです。個人的には『Fallout 3』と『ウィッチャー3 ワイルドハント』が入っているのが非常に嬉しかったです。『Fallout』は4より3が上なのが面白いですし、『DARK SOULS』は1作目と3作目が10位以内で、2作目がランク外というのも興味がありますね。

それではいよいよトップ3を紹介します。

 

3位:『The Elder Scrolls V: Skyrim』92票

オープンワールドRPGの代名詞である『スカイリム』がなんと3位にランクインしました。発売したのは2011年。10年以上たった現在でも、各ハードで発売され、いまだにプレイしている人が多い、世界的に超人気タイトルです。その自由度の高さから、こちらも「CERO:Z」となっています。『The Elder Scrolls』シリーズは『Fallout』シリーズと同じく、ベセスダを代表するシリーズ。私は当時XBOX360でプレイしました。『スカイリム』が3位とは、さすが「ハードコアゲーマー選挙」というだけはありますね。

 

2位:『Bloodborne』102票

なんとここでも、フロム・ソフトウェアの「死にゲー」がランクイン。2位は『Bloodborne』。『SOULS』シリーズと同様のフロム・ソフトウェアらしい「死にゲー」なのですが、『SOULS』シリーズが「王道なファンタジー要素」が濃い作品に対し、こちらの『Bloodborne』はホラーな雰囲気がある「19世紀ヴィクトリア朝」をモチーフにした作品だと言われています。また盾で防御する『SOULS』シリーズとの大きな違いは、戦闘で敵からのダメージを防ぐ手段が回避行動のみという点。人によっては『SOULS』シリーズよりも難しいという人もいます。たまに私もPSセールなどで、かなり安く売っているんで、買いかけるのですが、『SOULS』シリーズの元祖である『Demon’s Souls』をプレイした時、面白くてやめられなかったのですが、その分非常に疲れた思い出があるので、なかなか手がでないでいます。いつかプレイしたいです。

 

1位:『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』242票

そして驚きの第1位は、テレビ朝日系で放送した『国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙』でも1位だった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』!これで『ブレス オブ ザ ワイルド』は、ハードコアゲーマーからも認められたということになります。やはり『ブレス オブ ザ ワイルド』はプレイしてみるとわかる魅力があり、正直それまで『ゼルダの伝説』シリーズをプレイしてこなかった私でも、プレイしてからは、『ゼルダの伝説』シリーズの悪口を言えなくなりました。・・・もともと悪口はいってませんでしたが。ほどよい難易度でとにかく探索したくなるオープンワールドと、ちょっとずつ判明していく物語など、普通にプレイしてるだけでは見つけられない要素など、本当に隙のない作品だと私は思っています。

途中のランキングは、『国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙』とは違う結果となり、興味深かったのですが、1位はここでも『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』となりました。そしてフロム・ソフトウェアの「死にゲー」もかなり人気があることも面白い結果でしたね。テレビの方もネットでも、年に1度はこういった企画を行ってほしいですね。

今回は以上です。

コメント