やりすぎ!髭男爵ヒグチ君『ドッキリGP』で催眠術ループ地獄に

エンタメ

2021年8月21日にフジテレビの19:00から放送された“ドッキリGP”こと『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP ドッキリも地球を救う4時間TVSP』内にてお笑いコンビ「髭男爵」のヒグチ君こと樋口真一郎さんにかけたドッキリの企画が常軌を逸してるとSNSなどで大きな話題になっています。今回は番組内でどんなことがあったのかをご紹介します。

この日の放送は、裏の日本テレビでは毎年恒例の24時間テレビが生放送されていました。対するフジテレビは、レギュラー番番組の『ドッキリGP』の4時間スペシャルを放送。“ドッキリも地球を救う”というサブタイトルで通常よりもスペシャルな内容を放送していました。いつもの笑える映像の中、一際異質なコーナーがありました。ドッキリ実験と称され、催眠術にかけられた人は、一度かけられたドッキリにもう一度引っかかるか?という内容もの。ターゲットとなったのが、お笑いコンビ「髭男爵」のヒグチ君。なんでも催眠術士いわく、一番催眠術にかかりやすい芸人が彼とのことでした。結果、ヒグチ君は期待に応えて一度かかったドッキリにもう一度ひっかかり、実験は大成功という形で終わるかに思われました。そこで終われば、ここまで話題にならなかったのですが、番組では2度目が終了したあと、すぐにまたヒグチ君に催眠術をかけ、3回目のドッキリに・・・。そしてその状況はエスカレートしていき、最終的には同じドッキリを8回かけ続けました。それをみた視聴者は笑いよりも狂気に近い感覚を覚え、ネットで騒然となったわけです。

 

基本的なドッキリの流れ

ドッキリのメインとなるのは、架空の健康診断の番組を装い、ヒグチ君に検尿のため、トイレに入ってもらい、そこへトイレの扉の下の隙間から、チューチュートレインというネズミの形をしたおもちゃの列車が、ヒグチ君のいる狭いトイレに入って行き、爆発を起こし、その爆発でヒグチ君のリアクションをとるという内容のもの。このドッキリの終わりに催眠術士がヒグチ君に催眠術をかけ眠らせて、この一連のドッキリの記憶を忘れさせ、もう一度最初からドッキリをやり直すというのが基本的な流れでした。

 

毎回するヒグチ君のコメントがより狂気的に

番組内では上記の基本的な流れを合計8回繰り替えすことになりました。その様を見るだけでも異様だったのですが、さらに狂気を感じさせることになったのが、スタッフがドッキリを行う前、途中、終わりで同じ質問をヒグチ君にして、すべてを忘れているヒグチ君は、そのすべてでほぼ同じ返答をしていた所。そういった同じやりとりが繰り返されることで、視聴者には笑いではなく、異様さと狂気じみた感覚を味わったわけです。その返答は以下の通り。

まず最初に「健康診断はいつ以来か?」とスタッフがヒグチ君に質問すると、「10年ぶり」と答えます。
そして始まる前に高めのでテンションでカメラに向かってヒグチ君が「ヒグリカッター!」と叫ぶと、スタッフが「今日のヒグチカッターは切れがいいですね?」というコメントし、それに対しヒグチ君は「ありがとうございます。」と返します。
ドッキリが行われ、はじめてのように驚くヒグチ君の映像が流れ、ドッキリのネタばらしのあとにヒグチ君は「今、俺にかけます?」とコメントします。
そのあとスタッフからこのドッキリは歴史的に有名な人が考えたものだと聞かされると、「エジソンですか?」と返答します。
最後にカメラに向かって「ヒグリカッター!ドッキリ!」と持ちギャグをやって終わます。
そしてドッキリを終えて戻ってきたヒグチ君に再び催眠術をかけ、すべて忘れさせて、楽屋で寝かして、目覚ましでヒグチ君が起きてから、スタッフが挨拶をし、また健康診断はいつ以来かという質問をヒグチ君にします。そして催眠術ですべてをさすれたヒグチ君は「10年ぶり」と答えたあと、他のコメントもほぼ同じ返答をするわけです。8回も繰り返されたこのドッキリの中で、一連の「10年ぶり」から始まる「ヒグリカッター!」「ありがとうございます。」「今、俺にかけます?」「エジソンですか?」「ヒグリカッター!ドッキリ!」が延々繰り返されるわけです。

 

視聴者の反応

今回のこのドッキリについて、Twitterを中心としたSNSでは「悪質」「不快」などの声が続出していて、炎上しました。ドッキリグランプリといえば、過去にもいじめのようなドッキリで炎上した経緯もあります。一部では「面白かった」や「笑った」という本来のバラエティーの反応もありましたが、「怖い」「鳥肌がたった」「ホラーにしか見えない」といったの声が多数。出演者のみちょぱさんも鳥肌がたったとコメントしていて、「笑い」を扱った番組としては、やはり異様だったのでしょう。
私も家族で食事中に見ていたのですが、私が少しこのドッキリに異様さを感じている時に、嫁さんが「怖い」と言いだしたので、多くの人がこのような感じ方をしているかと思います。
やらせなのか、演出なのか、本当なのかわかりませんが、そもそも人に8回も続けて催眠術をかけて、問題ないのかも気になりますし、ああいう映像を見ていると、それこそ犯罪や倫理的なことを気にしてしまいます。

昨今、テレビ作りでやりすぎたり、表現を一つ間違うだけで、世間の攻撃の対象になりやすく、それが原因でテレビが面白くなくなってきているのは事実です。私も最近少し世間がうるさすぎるのではないかと個人的には感じていました。しかし、一部で今回のように見ている多くの人たちが不快に思ってしまうバラエティ番組も存在するわけです。今回のこのドッキリに関しては、制作側と視聴者側で大きな価値観の違いを私は個人的に感じました。

今回は以上です。

コメント