転職エージェントサービスってなに?

時事問題

転職サイトとは別に、転職エージェントというサービスがあります。
どちらも転職を扱ったサービスなのですが、
少しその内容が異なります。
ただ大体の転職サイトには、サイトとは別にエージェントサービスがあるので、
併用することを前提に、そのサービス内容を知っておきましょう。

転職サイトとの違いは?

転職サイトは登録後、サイトを閲覧して自分の希望する求人を探し、
見つけ次第、申し込み、面接などアポイントをとり、転職活動を行っていきます。
使い方としては、求人情報誌時代のウェブサイト版といった感じです。
対して、転職エージェントというのは、
そういった運営サイトから、自分に担当者がついてくれます。
そして、その担当者が自分にあった求人を紹介してくれます。
大体の転職サイトにはそれぞれで転職エージェントのサービスを行っています。
なので、転職サイトに登録したあと、
そのサイトが運営しているエージェントサービスに申し込むような形が良いかと思います。
もちろん、基無料です。
転職サイト、エージェントは企業から報酬をもらっているので、
できるだけ良い人材を企業に紹介したがっています。
ですので、転職活動している人たちに、料金を請求する事はありません。

40代には転職エージェントのがおすすめ

転職エージェントは登録すると、そのサイトにもよりますが、
キャリアアドバイザー(名前サイトによって違うかも)という担当者から、
連絡があり、自分の希望や状況、
職務履歴に対するアドバイスなど、
こちらのいろいろな相談にものってくれます。
以前は対面にての相談などがあったとの事ですが、
私が使用した時は、すでにコロナ禍だったので、
電話にての相談となりました。
転職に関するプロの人たちなので、
希望年収や希望職種など聞いた上で、
自分にあった求人を紹介してくれます。
しかも、場合によっては他にはまだ公開していない求人も紹介してくれるので、
40代の人があてもなく求人に申し込み、
書類審査で落ちるよりも、
キャリアアドバイザーから採用になりやすい求人を紹介してくれますので、
そういった精神的なストレスにも非常に良いです。
転職が厳しい40代にとっては、強い味方になってくれます。

給料の交渉や面接のスケジュールなどもやってくれる

前述で説明した通り、希望年収なども伝えていますので、
そういった交渉も企業とやってくれたりします。
また、転職サイトでは自分で面接のスケジュールなどを決めて、
企業側と日時をあわせていくのですが、
これも転職エージェントが代行してくれます。
正直言って、面接までいければかなり採用される可能性は高いので、
ここまでフォローしてくれるのは、
40代にとっては非常にありがたいことです。
とにかく、メリットばかりなので、
エージェントサービスを利用しない手はないと思います。

とはいうものの、少しデメリットも

デメリットと言ってしまうと少し言い過ぎかもしれませんが、
エージェントサービスが良いことばかりというわけでもありません。
これは利用する人の性格にもよりますが、
相手は人なので、担当者の当たりはずれもあります。
例えば私の担当になったエージェントさんは、
紹介してきた求人に対して、応募をかなり急かしてきました。
私の場合、前職に在職した状態での転職活動だったので、
仕事が忙しかったりすると、エージェントからの情報を
サイトで確認する事ができない日などありました。
そんな状態であっても、メールなどで
“まだ応募しないのですか?”“もっと応募してみてください”とか、
“27件は応募しないと面接までいく可能性が低くなります”など
電話してきた事もありました。
40代での転職は不安がつきまとうもの。
いろいろナイーブになりがちなのですが、あまりそういった事にはかまってくれません。
他にもあまり長期にわたり、応募しないでいると、
そのうち、求人情報の中に企業側が“必須”とある項目に
自分が満たっていなかったりするような求人も送ってきて、
“これ、自分が応募していいものなのか?”というように
不安になるような事もありました。
転職しようとしている、しかも40代で不安だらけの状態で、
この手の対応は精神的にもネガティブになるきっかけになったりもしました。

それであってもやっぱり登録した方がよい

デメリットもあり、いろいろ精神的に追い詰められたりする事もありますが、
それは担当者にもよりますし、こちらがモタモタしてたという事もあります。
いずれにせよ、情報や求人の紹介は頻繁にあるので、
しないよりは登録した方が良いのが事実です。

 

私的にはエージェントを1種登録しながら、
複数の転職サイトで別の求人も探すというスタンスをとるのが良いかと思います。

コメント