ロングレンジフィンファンネル装備νガンダムのキット!福岡限定販売

エンタメ

株式会社BANDAI SPIRITSと、株式会社バンダイナムコアミューズメントが、4月オープンの『ガンダムパーク福岡』の情報を公開しました。予想通り、ロングレンジフィンファンネルを装備した「RX-93ffνガンダム」の限定商品も発表されました。



ガンダムパーク福岡

かねてより予告されていた『機動戦士ガンダム』シリーズの世界観を存分に楽しめる複合エンターテインメント施設『ガンダムパーク福岡』。当ブログでも幾度となく紹介してきた福岡の「実物大ν(ニュー)ガンダム」の立像があることでも注目されていました。今回は施設の情報もいくつか公開されました。『ガンダムパーク福岡』は3つのエリアからなる複合エンターテインメント施設になっていて、ガンダムの様々な情報の発信や、グッズを取り扱うエリア「GUNDAM SIDE-F」(ガンダムサイドエフ)を中心に、ガンダムとコラボレーションした体感型アクティビティが楽しめるスポーツエンターテインメントエリア「VS PARK WITH G」(ブイエスパーク ウィズジー)、アーケード・クレーンゲームなどが楽しめるアミューズメントエリア「namco」(ナムコ)で構成されているようです。4月からは福岡が新たなガンダムの聖地となるようですね。

 

限定商品

そして当ブログ的にやはり気になっていたのが、『ガンダムパーク福岡』の限定商品。予想通りロングレンジフィンファンネルを装備した「RX-93ffνガンダム」のガンプラが発表されました。今回発表された限定のガンプラが3アイテム。

RG 1/144 RX-93ff νガンダム

全高:約195mm
価格:4,950円(税10%込)
2022年4月発売予定

すでに発売中の「RG 1/144 RX-93 νガンダム」の成形色を変えた「RG」が商品化。お台場の「RX-78」もそうでしたが、実物大の立像のディテールはこの「RG」のデザインがベースになっているので、これは予想通りですね。「RG」はギミックもかなり細かく再現しているので、初の立体化商品となるとなるロングレンジフィンファンネルにどんなギミックがあるのか気になるところです。

 

ENTRY GRADE 1/144 RX-93ff νガンダム

全高:約195mm
価格:1,430円(税10%込)
2022年4月発売予定

同じく1/144スケールですが、こちらの「EG」は少ないパーツ数で、お手軽に組み立てのできるシリーズとなっているので、ガッツリ作り込みたくない人向けの商品ですね。元となる「EG」のνガンダムも4月に発売予定。あちらにはフィンファンネルが付属しないので、ロングレンジフィンファンネルとはいえ、背中に装備できるものが付属する分、「RX-93ff」の方が魅力的な商品になっていますね。

BB 戦士 RX-93ff νガンダム

全高:約120mm
価格:1,650円(税10%込)
2022年4月発売予定

そしてSDでも商品化。すでに発売中のBB戦士の「νガンダム」の成形色を変えて、特徴となるロングレンジフィンファンネルを追加した商品のようです。SDとかになってこのカラーリングだと、一瞬「アレックス」に見えてしまいました。ちなみにどちらのガンダムのメカデザイナーも出渕裕さんだったりします。

 

少し気になる所

今回発表された3商品ですが、ちょっと気になったのが、どの商品の画像にもビームライフルやシールドといった武装を装備していない所。もちろん、実物大の立像は装備していないので、それはわかるんですが、もしかしたら付属しないのでしょうか。「EG」や「BB戦士」はわかるんですが、「RG」くらいには付属させてもらいたいですね。元となるνガンダムの「RG」の定価が4,620円ということを考えると、値段差があまりないようですが、ロングレンジフィンファンネルはかなりの大きさなので、通常のフィンファンネル6枚と入れ替えでこの金額と考えても少し安めのような気がします。ビームライフルやシールドが付属しない可能性高いですね。とはいえ御大、富野由悠季監督が新たに施したカラーリングの「νガンダム」は『ガンダムパーク福岡』でしか購入できません。目玉商品になることは間違いないでしょう。

福岡となると私の住んでいる地域からは簡単に行ける距離ではないんで、だいぶ先のことになりそうですが、いつか必ず「実物大νガンダム」を見に行きたいですね。

今回は以上です。

コメント