署名運動でNetflix実写版『カウボーイビバップ』復活なるか!

エンタメ

先日、シーズン2の製作が中止になったという話題の記事を書いたNetflixの実写版『カウボーイビバップ』。私もまだ視聴していない(まだかよ!)ので、この結果にはまだなんとも言えないのですが、現在、署名活動サイトChange.orgにて、「実写版カウボーイビバップを守れ(Save the live action cowboy bebop)」と題した署名運動がスタートしているとのこと。

 



署名活動

Netflixの実写版『カウボーイビバップ』は注目企画として2021年11月19日に全世界で配信がスタート。しかし、1ヶ月も経っていない12月10日にはシーズン1限りでの打ち切りが決定したのは前回紹介した通り。Netflixは打ち切りの理由については発表していませんが、批評家や観客からの厳しい評価や視聴数の伸び悩みなどが原因じゃないかと思われているとのこと。この発表を知った今回の署名の発起人のライアン・プロッファーさんは、「実写版カウボーイビバップのシーズン2(あるいはそれ以上)を求める方々のために。アニメをそのままコピーせずに作り上げられた世界は素晴らしく、シーズン2が作られるにふさわしいものでした」とコメントしているそうです。ちなみにこの署名数は12月18日13:00時点で21,000を突破しているそうです。この規模の署名として多いのか少ないのかよくわからないのが正直な印象ですが、少なくとも2万人以上の人が続編を望んいるということになりますね。

 

この動きで注目されれば

署名が集まった所で、製作費を払うのはNetflixなので、これが利益に繋がらないと判断すれば続編は難しいと思います。ただ、こういった騒動が話題になり、興味なかった人たちが知るきっかけにもなると思います。そうなれば話題性が出て、視聴数も伸び、作品を評価する人たちも増えてくるかもしれません。そうなればNetflixもこれが利益に繋がると判断し、改めて続編を製作することになる可能性は出て来ますね。何もしないよりも、何かしらアクションを行えば可能性がそれだけ高くなるので、ファンは署名してみるのもいいのではないでしょうか。私は作品を視聴してから署名するかどうか決めようと思っています。

 

実写化作品とアニメの差別化

以前から個人的に思うのですが、日本でも海外でも、アニメや漫画が実写化される度、必ず批判する声があります。確かに実写化で成功したものもありますが、イメージ的にはダメだった作品の方が多いようです。その理由として考えられるのは、元の原作イメージからかけ離れていたり、実写化が原作のファンのハードルを超えられないということなどがあると思います。今回の発起人のコメントの中には、「アニメをそのままコピーせずに作り上げられた世界は素晴らしく」とあるので、今回の実写版『カウボーイビバップ』はアニメ版とは違うテイストがあるようです。私はそういったテイストは“実写版オリジナル”として受け止め、アニメの作品はまた別の作品として差別化するべきだと以前から思っていました。例えば以前紹介した日本の実写映画『デビルマン』のように、中途半端に原作の要素を入れてしまうと、評価があのようになる恐れがあるからです。実写版は実写版でしか出せない魅力が必ずあると思いますので、別作品として認識するだけで、本来のイメージが壊れたり、それを観てがっかりすることはなくなると思います。・・・でも、ビジュアルだけみるとだいぶアニメに寄せているきはしますけど、違うんですかね?ビバップ。

 

実写化成功作品は

これまで実写化で成功した作品は日本ですと、『るろうに剣心』、『銀魂』、『カイジ』などがあると思います。これらは作品自体もよくできていますが、俳優さんの人気というのも否定できない所がありますね。そして何より海外では、マーヴェルやDCといったコミックのヒーローの実写化が大成功しているのは、みんなも周知の事実かと思います。『スパイダーマン』、『アイアンマン』、『キャプテン・アメリカ』、『マイティ・ソー』など個人的には『アべンジャーズ』のせい(?)でマーベル作品はほとんど見ることになったのですが、どの作品も非常に面白く、原作をベースとしながらも、実写版ならではの魅力がしっかり表現されているように感じました。感じ方は人それぞれですが、アニメ版と比べるだけでなく、“実写版ならでは”という魅力をだせるのかも成功の秘訣かもしれませんね。『カイジ』も正直、最初に配役が発表された時、個人的には全然イメージと違うと思っていましたが、映画本編もみると、藤原竜也さん独自の漫画とは違った“カイジ”像が作られていて、ベース作品を知っていながらも、違う作品として視聴することができました。原作を真似たり、忠実になぞるだけではなく、“実写版ならでは”の魅力を出せるかどうか。今後はそういった所に注目していこうと思っています。

さて、果たして『カウボーイビバップ』は復活となるか?動画視聴者数にも影響があると思いますので、私も必ず視聴したいと思います。その後、正直な感想を紹介します。

今回は以上です。

 

コメント