チャイナボカンが心配!中国で全長1kmの宇宙船の建造を検討中!

時事問題

海外メディアのLive Scienceが中国当局が全長1.0kmにもなる「超巨大宇宙船」の建造プロジェクトについて検討を始めているというニュースを報じました。中国当局は超巨大宇宙船の実現に向けた予備調査に5年の期間と1500万元(約2.55億円)の予算を投じる計画とのこと。軌道上に運搬する建設資材をどれだけ軽く少なくできるか、そしてそのような巨大構造物を宇宙空間で安全に組み立てるためにどのような新しい技術が必要か調査を進めていくというビックリなニュースです。

 




 

まるでSF映画のようなプロジェクトで、中国大丈夫か?と一瞬思ってしまいますが、NASAの元主任技術者メイソン・ペック氏は「十分に実現可能」と発言しているそうです。ただ「十分に実現可能」ではあるものの、材料の打ち上げにかかるコストが最大の課題になるとのこと。幅110mほどしかない国際宇宙ステーション(ISS)でさえ、建設には1000億ドル(約11兆円)という費用がかかっているとのことで、この10倍以上の規模の宇宙船を作るとなるとコストは相当なものになるとの事。しかし、組み立て方法によっては、コストを大きく削減できる可能性もあるそうです。ここからは想像しずらい話になるのですが、軌道上で部品を組み立てる従来のやり方ではなく、3Dプリント技術を使えば、コンパクトな原料を宇宙空間で巨大な構造物にすることが可能とのこと。もしくは重力の小さい月から原料を調達できれば運搬は楽になる、とペック氏は発言しているそうです。私にはあまりにも壮大すぎてさっぱりわかりません。

 

技術的な問題は

さて中国の宇宙開発について気になるのは、5月に中国のロケット残骸がインド洋に落下するなど、世界中から批判を受けているのも事実です。ロケットの打ち上げでああいった問題が起こるので、全長1.0kmにもなる宇宙船の材料を頻繁に打ち上げる事になると、そういった問題が一層増えると容易に想像できます。残骸が自国に落下するのならまだ良いのですが、これがよその国に落ちるのが問題。そのあたりのリスクや迷惑をかけているということを中国がどれだけ理解していて、対策をしているのかも心配ですね。中国ではよく建物が崩壊しているニュースも見かけます。偏見とかではなく、何かしらを建造するにあたって、そういった技術はどこまで洗練されているかも心配になります。そもそもそれだけ大きな宇宙船を作る目的がまだわかりません。今後、月をはじめとする他の惑星への調査などに使用するのでしょうか。宇宙戦艦ヤマトのようにイスカンダルを目指すというわけではないとは思うのですが、どんな目的のためかもぜひ知りたいですね。

 

“チャイナボカン”も心配

“チャイナボカン”という言葉をご存知でしょうか。中国ではとにかく爆発事故が多く、ガスや信管のついた爆発物ならともかく、「なぜそんな物が爆発するの?」というような物も頻繁に爆発してはよくニュースになっています。そういった事故があまりにも多いので、タツノコプロのアニメ『タイムボカンシリーズ』にひっかけて「チャイナボカンシリーズ」と呼ばれるようになった一種のネットスラングです。これが大げさでもなんでもなく、なんと中国人の4人に1人はテレビの爆発を経験していて、頻発する事件を受けてか、中国共産党機関紙のポータルサイトに「テレビを爆発させない3つの方法」なるガイドラインが掲載されるほど。テレビ以外にどんなものが爆発しているかというと、タイヤや圧力鍋、湯沸かし器などいかにも爆発しそうなものから、携帯電話、洗面台、豆乳製造機、パソコン用電源、スイッチを入れてないレンジフード、車のボンネット、iPad、さらにはお金や弁当や鉛筆まで挙げればキリがないほど、「なんでそんなものが爆発するの?」というような、いろんなものが爆発しています。興味を持った人は“チャイナボカンシリーズ”で検索してみるともっといろんなものの爆発をしる事ができると思います。そんな中国が開発する1kmに及ぶ宇宙船。心配にならない方が不自然です。宇宙空間で爆発するのもダメですが、最悪、地球に落ちてくる可能性もあるので、いろいろな問題がでてくると思います。

 

「マクロス」と同じ大きさ

さてあまりの壮大さと、これまでの中国の過去に起こした問題などで、せっかく夢のあるニュースなのにネガティブな意見ばかり書いてしまいましたが、もしこの宇宙船が完成したらアニメ『超時空要塞マクロス』に登場した「マクロス」と同じサイズになります。あくまでフィクションである「マクロス」では、宇宙船の中に街が作られていましたが、これをモデルにしているのでしょうか。ちなみにアニメの「マクロス」は地球で開発されたものではなく、宇宙から飛来した謎の物体を地球で改修したというものです。つまりアニメの設定を超えるような計画を実現しようとしているという事になります。完成した際に搭乗する人は一体どういった人たちになるのか?中国の人以外も乗る事が可能なのか?いろいろ興味が尽きません。今後、このニュースの続報については、できる限り追っていきたいと思います。

おそらくはアメリカに対抗しているかのような今回のプロジェクト検討のニュース。まだ検討しているだけなので、どこまで実現できるかはわかりませんが、もしこのまま話が進んで、宇宙船が完成したら、どんな形状なのかその全貌を是非見てみたいですね。乗りたくはないですけど。

今回は以上です。

 

 

コメント