何と正露丸がアニサキスを殺す特効薬に!アニサキスってそもそも何?

時事問題

あのラッパ音とともに「ラッパのマークの正露丸」というフレーズで、テレビのCMなどで、この薬のことを覚えている人も多いかと思います。私は割とお腹が弱いので、学生の頃からお世話になった薬です。そんな正露丸が、高知大学理工学部の研究グループよりアニサキスに対して殺虫効果がある可能性が高いと発表したようです。

 




 

アニサキスってなに?

SONY DSC

アニサキスとはずばり寄生虫です。基本的に魚介類に寄生する寄生虫で、食中毒の原因として知られられています。アニサキスが原因となった食中毒は「アニサキス症」と言われていて、この症状に陥ると激しい腹痛や吐き気などを伴うことになります。主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどに多く寄生していて、熱を加えずにこれらを食べると、そのリスクが高いと言われています。日本は「刺身」で魚を食べる文化があるため、他の国に比べ感染リスクが高いと言われています。アニサキスによる症状が具体的に以下の通りです。

胃アニサキス症

胃にアニサキスが侵入することで起こります。アニサキスが寄生した魚介類を生で食べてから、三時間~十数時間後に激しい腹痛(特に上腹部)、嘔吐、悪心といった症状が現れます。アニサキス症による腹痛は差し込むような痛みが特徴で、しばらくすると痛みは落ち着き、また数分後に痛みに襲われるという波があることが特徴です。これらの症状は胃壁にアニサキスが侵入したことで起こった痛みではなく、アニサキスが侵入したことで起こったアレルギー反応による痛みであるという説もあります。

 

腸アニサキス症

腸壁にアニサキスが穿入することで起こります。アニサキスが寄生している魚介類を生で食でた時、十数時間~数日後に下腹部痛や嘔吐、吐き気、発熱などの症状が見られ、稀に腸閉塞や腸穿孔に至ることもあります。

 

アニサキスアレルギー

アニサキスによるアレルギーが起こることがあり、アニサキスに寄生した魚介類を食べた後に、蕁麻疹などの症状が現れることがあります。さらに、血圧低下、意識消失、呼吸不全などのアナフィラキシー症状が現れることもあります。アニサキスアレルギーは生きたアニサキスを食べたことだけでなく、凍結保存・加熱調理して死んだ状態のアニサキスを食べたことでも発症します。
生きたアニサキスによるアニサキスアレルギーは、アニサキスが消化管壁に穿入したタイミングで起こりますので、食べて数時間経過してからアレルギー症状が起こることもあります。しかし、死んだ状態のアニサキスを食べた場合は、一般的な食物アレルギーのように食べてすぐに発症すると考えられています。

「アニサキス症」に関しては2007年までは年間数例に留まっていたのですが、2012年以降に急増しました。これは、厚生労働省が統計項目に加え実態把握が進んだことと、流通の発達によってアニサキスが生きたまま食卓に到達する機会が増えたのが理由とされています。

 

そして正露丸

私は全然知らなかったのですが、もともと正露丸がアニサキスの活動を抑制するという報告はあったそうです。しかし、それにはネット上では専門家による否定的な意見も多く、実際の効果は不明確だったとのこと。そこで今回、高知大学理工学部の研究グループは、正露丸がアニサキスに対する殺虫効果を持つのかどうかを、細胞の生死判定を行うトリパンブルー染色液というものを使って調査したとのこと。トリパンブルー染色液っていうのは、雑に説明すると死んだ組織に反応して青色に染まるという実験とかで使われる液体とのこと。
今回の研究では通常服用量の正露丸を溶かした液に、アニサキスを30分浸し、活動の停止を確認してからトリパンブルー染色液を使ったとのこと。その結果、アニサキスは濃い青色に染まったとのことです。これにより正露丸を溶かした液は実際にアニサキスを殺して、胃液でも分解できる状態にしていることがわかったそうです。

アニサキスが、身近にある胃腸薬「正露丸」を普通の飲む量を経口摂取するだけで、殺すことができる可能性が高いということがわかりました。

研究の詳細は、『Open Journal of Pharmacology and Pharmacotherapeutics』という所にあるとのことです。海外のサイトでした。

 

お刺し身好きは今後安心

まだ可能性の段階ですが、このニュースはお刺身が好きな人には非常にありがたいニュースですね。私はアニサキスによる食中毒にはなったことがないのですが、それでも生の食材を食べる時は、この寄生虫の存在がたまに頭にちらついていました。それをなんとあの正露丸で抑えることができる。素晴らしいです。嫌がる人もいますが、私はあの正露丸の匂いが結構好きだったりします・・・変ですかね。ただ今回の結果は、まだ可能性が高いというものなのと、正露丸はサプリメントというよりれっきとした薬なので、必要以上に飲み過ぎないように注意しましょう。なんでもやり過ぎは良くないです。あくまでも腹痛になった時に飲めるようのそばにおいてあるという状況をつくる所までにしましょう。

もともとの腹痛の時だけじゃなく、虫歯痛にも使えていた正露丸。そこに今回のアニサキスを殺すという更なる効力により、かなり万能薬に近い薬となりますね。私も改めて手元に置いておくように再認識しました。

今回は以上です。

 

 

コメント