プレステ5の新作『スパイダーマン2』にあの強敵ヴェノムも登場!

サブカル

プレイステーションの映像配信番組PlayStation Showcase 2021”が、2021年9月10日の午前5時から配信されました。本番組内では、『グランツーリスモ7』やスクエアエニックスの新作アクションRPG『フォースポークン』、三上真司さんの新作アクションアドベンチャー『ゴーストワイヤー トーキョー』、『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』など注目の新作がたくさん紹介されましたが、その中でもおそらく一番注目を浴びたのが『スパイダーマン2』。なんとトレーラーに大人気ヴィランである、あの「ヴェノム」も登場しています。

 




 

期待の新作『スパイダーマン2』

1作目となる『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』はアメリカのゲーム会社インソムニアックが制作し、プレイステーション4用ソフトとして発売され、非常に人気の高かった作品です。オープンワールドとなったニューヨークを、スパイダーマンの特徴でもあるウェブ・シューターを使って、自由に移動でき、映像やアクションやシナリオなど、隅々まで非常に完成度の高かったとユーザーからも非常に好評でした。そしてプレイステーション5の発売に合わせて、その続編となる『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン マイルス・モラレス)』も発売。こちらは元の『スパイダーマン』の主人公であるピーター・パーカーではなく、1作目でピーターと出会い、2人目のスパイダーマンとなるマイルス・モラレスを主人公としたストーリー。基本的に完成されていた1作目をさらにパワーアップした作品となっています。マイルスはアニメ映画の『スパイダーマン:スパイダーバース』でも主人公として登場します。そして今回発表された『Marvel’s Spider-Man2』のトレーラーでは、この2人のスパイダーマンが両方登場するようです。どのように操作キャラを変更するのか、今から気になってしょうがないです。2023年発売予定とのことです。

 

そして『ヴェノム』の登場

今回のトレーラーのラストにスパイダーマンの人気ヴィラン(敵)の「ヴェノム」も登場し、更に話題となっています。「ヴェノム」はもともとスパイダーマン登場するヴィランの1人なのですが、その中でも非常に人気のある存在。知っている人も多いと思いますが、その人気からか本家の『スパイダーマン』から離れ、スピンオフで『ヴェノム』という映画まで作られてしまうほど。さらに続編となる『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の公開も予定されています。もともとは、スパイダーマンの主人公のピーターに宇宙生命体が取り付き、スパイダーマンがブラックスパイダーとなるのですが、この生命体が凶暴だったため、なんとかピーターが自分から引き剥がし、その引き剥がされた宇宙生命体が、記者のエディ・ブロックに取り付いて『ヴェノム』となります。エディ・ブロックはスパイダーマンに恨みを持っていたため、そのまま敵としてスパイダーマンの前に登場することとなります。ゲームの『スパイダーマン』では元の設定を活かしつつも、独自の物語が展開されるので、今回はどのような形で登場するのか気になる所です。

 

過去2作品

私はプレイステーション4版にて、過去2作品ともプレイ済み。1作目となる『Marvel’s Spider-Man』はとにかく爽快なオープンワールドアクションになっています。正直にな感想として、序盤は厳しいです。意外と難易度が高く、最初はスパイダーマン独自の多彩のアクションも使いこなせないので、あっという間にザコの敵にボコボコにされてしまいました。しかし、徐々に強化されているスパイダーマンの能力とともに、このゲーム独特のアクションにも慣れてくるのですが、その頃から面白さが爆発します。作り込まれたニューヨークの街を、ウェブ・シューターを使用しながら移動するのですが、この移動中にも、アクションの仕方によって経験値的ものが手に入るので、移動中もダレないですし、そのそもこの移動が面白いので、他のオープンワールドゲームにはない感覚でプレイすることができます。漫画や映画の『スパイダーマン』を知らなくても、キャラ設定についてはしっかりと補完されているので、未プレイの人は新作発売までに、ぜひプレイすることをおすすめします。

また続編である『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』もほとんど1作目と同じマップなのですが、主人公が違うだけで、マイルス独特のスパイダーアクションが特徴です。このマイルスは1作目にも登場し、ピーターと同じように特殊な蜘蛛に噛まれてスパイダーマンとなりますが、アニメ映画の『スパイダーマン:スパイダーバース』とは違った設定になっています。ただコスチュームに関しては、体格以外はほぼ一緒なので、個人的にはオーバーラップしながらプレイしていました。

 

プレイステーション4版の『Marvel’s Spider-Man』は『スパイダーマン』が好きな人には、絶対おすすめのゲームです。映画と違ってMJも可愛いです。詳細な設定などは、本来の原作と違っていたりする部分もありますが、映画版などと同じような解釈で問題ないかと思います。正直、今回の“PlayStation Showcase 2021”では、もう一つ『ウルヴァリン』のトレーラーにもテンションあがりましたが、そちらはまだ詳細がわかならないので、続報を待ちたいと思います。

今回は以上です。

 

コメント