10月開始の新ドラマ『アトムの童』は山﨑賢人主演のゲーム業界の話

エンタメ

10月から開始されるTBSの日曜劇場がなんとゲーム業界を題材にしたドラマになることが発表されました。



10月期新ドラマ『アトムの童(こ)』

主演は今をときめく超人気俳優の山﨑賢人さん。そして脚本は『相棒』(テレビ朝日系)や『この恋あたためますか』(TBS系)を手がけた神森万里江による完全オリジナルストーリーになるとのこと。ゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者が大企業に立ち向かう姿と、周囲の人たちとの関わりによって成長していく姿が描かれるドラマになるとのことのことです。
少し前に同じくゲーム業界が舞台となったフジテレビ系の『推しの王子様』というのがありましたが、あちらはスマホの乙女ゲームを開発していたのと、恋愛がメインなのでどうも小綺麗に描かれた作品になっていましたが、今回の『アトムの童(こ)』は日曜劇場という事もあり、結構しっかりとしたゲーム業界を描いてくれそうですね。気になるのはおそらくは架空のゲームになると思いますが、ドラマ内でどんなゲームが登場するか。もちろん、プレイなんかできないのでいいのですが、設定やジャンル、ビジュアルなども含めて、普段ドラマを観ない人たちが興味を持てるくらいのクオリティのものを作れるかどうかで、おそらくはドラマの評価も変わってきます。もちろん、ストーリーが重要ですが、あえてそういったジャンルを扱うと宣伝してしまったからには、ゲームファンも唸らせるくらいのものを見せてほしいですね。それがきっかけで本当にゲーム化!とかもない事ないと思いますし。10月から楽しみです。

気になるストーリー

今作の舞台は現代のゲーム業界。主人公の安積那由他は、大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者。「ジョン・ドゥ」という名前で活動し、誰もその素顔を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と称されていたが、ある事件をきっかけにゲーム開発から離れ、静かに暮らしていた。その一方で、とある老舗玩具メーカー「アトム」が彼を探していた。海外との価格競争などの影響で、廃業の危機を迎えていた「アトム」は一発逆転の経営再建のために、新業態として「ゲーム制作」へ参入すべく、経営の舵を切る。資金もノウハウも持たないアトムは、藁にも縋る思いで「ゲーム業界のバンクシー」である那由他とコンタクトを取ろうと奔走するが……。



 

サブカルチャーを扱った作品

アニメやゲーム、ホビーといったいわゆるサブカルチャーを扱ったドラマや映画が最近増えてきたように感じます。今回、『アトムの童』について扱ったのも、その事が気になったため。昔と違い「オタク」という言葉もその意味が変わってきているので、ドラマや映画でも人気コンテンツとして扱われやすくなったんじゃないかと思います。それぞれのサブカルチャーを好きな人がその業界や題材を扱うことでドラマを見て、そのドラマの出演者や同じ枠の番組に興味を持つということは、それだけでファンや視聴者を増やす形になりますね。それでは『アトムの童』のようにサブカルチャーというジャンルを扱った映画やドラマなど少しだけ紹介します。

ハケンアニメ!

2022年5月に公開された映画。主演は吉岡里帆さん。辻村深月さんによる日本の小説を映画化したもので、ネットなどで言われている同じクールで制作された多くのアニメの中で、一番成功したものに贈られる言葉「覇権」を取ろうと働く、アニメ制作現場を舞台とした作品。映画化する事により、劇中作品のアニメが登場するのですが、これが非常にクオリティ高く、本当に面白そうな作品に見えるのが素晴らしいです。もちろん、映画そのものの物語も面白いのですが、こういったジャンルを扱った作品を作るにも関わらず、テーマとなる作品がしょぼいと見ている方もシラケてしまいがち。そんな中でクオリティの高い作品を作っているのが素晴らしい。この作品を見て思ったのが、アニメのような特殊なジャンルを扱うのに、主題となるアニメもクオリティの高いもの作らなければならないという大変さを感じました。

量産型リコ

現在テレビ東京系にて放映中のドラマ『量産型リコ』。こちらが扱っている題材はプラモデル。当ブログにて以前紹介していますが、タイトルや第1話で「1/144 量産型ザク」を扱ったことから、「ガンプラ」がメインになるのかと思っていたのですが、「1/24 ニッサンR35 GT-R」というカーモデルや「RG エヴァンゲリオン初号機」「宇宙戦艦ヤマト」「ミニ四駆」とホビーにおけるいろんなアイテムを登場させ、うまく物語と絡めているので、非常に楽しいドラマとなっています。そのプラモデルに関する雑学もちゃんとしたもので、しっかりと専門家からフォローされているのがよくわかり、模型を作ったことのある人なら、ドラマ内で登場する「模型あるある」などに思わず笑ってしまったりするんじゃないでしょうか。

そしてこの10月。本格的にゲーム業界を舞台にしたドラマがスタート。目の肥えたゲームファンたちのチェックも入ると思いますので、なかなかのプレッシャーかと思いますが、頑張って制作してほしいですね。タイトル的に主題歌って山下達郎さんのアレなんですかね?

今回は以上です。

 

コメント