新田真剣佑主演のハリウッド実写版『聖闘士星矢』に早くも不安の声!

エンタメ

新田真剣佑さんが主演を務めるハリウッドの実写版『聖闘士星矢』こと『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』の特報が解禁されました。



特報解禁

日本の人気俳優である新田真剣佑さんが、なんとハリウッド映画で主演を務めることになった『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』の特報映像が解禁されました。この『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』というタイトルが、一瞬なんの映画かわからないという人もいるかもしれませんが、この作品は日本の超人気漫画『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』が原作となっている映画になっています。わかりやすく言えば、『聖闘士星矢』の実写化ですね。この『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』というタイトルは元々『聖闘士星矢』を原作にNetflixで配信された3DCGアニメの『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』からきていて、映画の内容はどちらに合わせたものなのかは定かではありませんが、どちらにせよ『聖闘士星矢』が題材となっているので、『聖闘士星矢』の実写化と言ってしまっても問題ないかと思っています。新田真剣佑さんが演じるのはもちろん主人公の「SEIYA」。新田真剣佑さんは公式サイトで「全世界で愛されている『聖闘士星矢』という作品に携われて、僕自身驚きと感動に溢れ、今でも気持ちが高揚しています。そしてハリウッド映画初主演という喜びを噛み締めて撮影時は全身全霊でSEIYAを演じました。『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』は素晴らしいキャスト、スタッフで作り上げた最高の作品です。全世界の人に楽しんでもらえると嬉しいです。」とコメントを発表しています。新田真剣佑さんはNetflixの実写版『ONE PIECE』でロロノア・ゾロ役に抜擢されたことでも話題になりましたが、今回は『聖闘士星矢』のしかも主役となったようです。少年ジャンプ系の作品が海外で実写化される場合、新田真剣佑さんはいろいろと相性がいいんでしょうかね?日本での実写化だと山崎賢人さんが多いイメージですが、海外だと彼が定番になっていくのでしょうか。



早くも不安な声


そして特報が解禁するやいなや、ネットでは早くも不安視する意見が多いようです。これは新田真剣佑さんが「星矢」にあっているのかとかそうゆうんじゃなく、特報映像が『聖闘士星矢』というよりは、印象として「マーヴェル」作品の予告のように見えてしまい、原作の『聖闘士星矢』を台無しにしてしまうのではないか?という所から来ているようです。確かに今回の特報だと「セイント」っぽい人も何人かは確認できますが、パッと見、『聖闘士星矢』の世界観は全然伝わってきませんでした。最後に新田真剣佑さんがいかにも「ペガサス流星拳」を打とうとしている映像で締めくくっていますが、それまでは確かに『アベンジャーズ』の何かのような雰囲気の方が強いです。
なんといっても日本の漫画原作のハリウッド実写化といえば、同じく超人気漫画の『ドラゴンボール』をハリウッドにて2009年に実写映画化した『DRAGONBALL EVOLUTION』があまりにも原作とは違うものとなり、かなり不評となったことがあまりにも有名。もちろん、日本でも『デビルマン』や『鋼の錬金術師』のように、実写化で不評な作品も多いですが、海外での実写化となると設定を日本ではないものにしてしまいがちなので、いろいろと設定や物語を改変するのに躊躇がないようですね。私個人としても大好きな作品だった『カウボーイビバップ』がNetflixで実写化されたのを見て、あまりのストーリーの改悪ぶりに非常に残念な気持ちになったのが記憶に新しいです。
そもそも『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』はかなり綺麗な3DCGアニメだったので、どうせCGをたくさん使用するなら無理に実写にすることもないような気がしますが、果たしてどんな作品になるんでしょうか。期待と不安があります。

 

聖闘士星矢

最後に原作となった漫画『聖闘士星矢』についても軽く紹介します。『聖闘士星矢』は、車田正美さん原作で1985年12月から集英社の『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した漫画です。それまでの車田正美さんの作品のように、基本的には少年たちによるバトル物の作品だったのですが、「聖衣(クロス)」と呼ばれる星座が元となった鎧を装備したり、ギリシア神話をモチーフにした物語が話題となって、人気作品となりました。1986年にははやくもテレビアニメ化され、その後、映画やOVA、ゲームへとたくさんの作品が制作されていくこととなります。その後、世界でも人気作品となり、今回のようにハリウッドで実写化されるほどの超人気作品と成長しました。
物語はこの世に邪悪がはびこるとき、希望の闘士、聖闘士(セイント)が現れ、彼らは神話の時代より女神アテナに仕え、武器を嫌うアテナのために素手で敵と戦い、天空に輝く88の星座を守護としてそれを模した聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏っているという言い伝えがありました。そして6年もの厳しい修行を経てアテナの聖闘士となった主人公の少年「星矢」が父に運命を託された実の兄弟たちと共に地上の覇権を争う神々の争いに身を投じていくというのが物語の冒頭。た主人公の「ペガサスの星矢」以外にも、「ドラゴンの紫龍」、「キグナスの氷河」、「アンドロメダの瞬」、「フェニックスの一輝」の5人の青銅聖闘士(ブロンズセイント)が中心となって、様々な強敵と戦っていくのが主な物語となっています。個人的にはやはり身近な12星座が登場した「黄金聖闘士編」が非常にワクワクして毎週楽しみでした。

国内ではいくつか成功した作品を思いつきますが、日本の漫画やアニメが原作のハリウッドの実写化で成功した作品って思いつかないんですよね。この作品がそうなれば良いのですが。

今回は以上です。

 

コメント