『ソウルハッカーズ2』毎日占い動画公開!2回目でもう悪魔じゃない

サブカル

すでに発売日が決定しているアトラスから発売する『ソウルハッカーズ2』。発売まで毎日お送りする新企画がスタートしました。



日刊・リンゴと悪魔の未来予測

謎のディザーサイトから始まり、まさかの完全新作となって発売日まで一気に発表され話題となっているアトラスの人作『ソウルハッカーズ2』。『真・女神転生』シリーズの流れを組む作品として、非常に期待されていますが、今回も発売に向けて新企画がスタートしました。『真・女神転生V』が発売するときにも、「日めくり悪魔」の動画が毎日公開されていましたが、今回も毎日更新企画のようです。その内容は、『ソウルハッカーズ2』の主人公である「リンゴ」が、1日の12星座の運勢を予測する「日刊・リンゴと悪魔の未来予測」。これから毎日リンゴが朝のテレビ番組のような占いを公開していくようです。その際に『ソウルハッカーズ2』本編に登場する悪魔も紹介していくようですが・・・。3月10日はメガテンシリーズといえば、この悪魔。ヒーホー君こと「ジャックフロスト」が紹介され、その日の運勢も紹介されました。今回地味に気になったのはリンゴのアクション。舌に指で触れて「ジャックフロスト」を召喚したように見えたのですが、リンゴの本編中こんな感じで仲魔を召喚していくのでしょうか。登場する悪魔の種類も気になりますが、戦闘に関してはまだはっきりしない部分も多いので、こうゆう映像の一つ一つが気になりますね。そして2回目となる3月11日は・・・ピザ?いきなり悪魔ではない!だれも毎回悪魔を紹介するなんて元々言ってないので、何も悪くはないのですが、てっきり「日めくり悪魔」のように登場悪魔も紹介していくと思っていました。でも少しずつ毎日、ゲームの何かしらの情報がわかっていくのはうれしいですね。

 

リメイクやソシャゲでもなくナンバリング新作『ソウルハッカーズ2』
ツイッターで予告されていた通り、『ソウルハッカーズ』の新作についての続報が解禁されました。リメイクやリマスター、もしかしたらソシャゲではないかという意見がありましたが、まさかの完全新作『ソウルハッカーズ2』というナンバリング作品でした! ...

 

今回の戦闘は人間が基本?

これまでの『デビルサマナー』シリーズは、『真・女神転生』シリーズ同様に仲魔にした悪魔をパーティーメンバーとして、主人公のみ人間という感じで構成されていました。現在公開されている情報を見る限りだと、やはりパーティーメンバーは登場するキャラクターたちの人間がメインとなるようです。で。スキルを使用する時に悪魔を召喚するのかと思っていたのですが、どうもシリーズ恒例である戦闘の際に弱点を突くことにより、「サバト」といわれる『ペルソナ』シリーズの総攻撃的な際に仲魔を使用するようです。確かにスキルを使用する時に仲魔を呼び出していたんじゃ、まんま『ペルソナ』になってしまいますが、総攻撃的な時にだけ仲魔を呼ぶとなると、これまでのシリーズの中で随分悪魔の要素が薄くなってしまいそうですね。戦闘の映像を見ていると、パーティーメンバーが人間のまま「アギラオ」や「ザン」といった属性スキルも使用しています。まだ全部の情報が公開されたわけじゃないのですが、もしそうなら少し寂しい感じがしてしまいます。業魔殿はあるようなので、悪魔合体はあるとは思いますが、今回の仲魔のポジションがこれまでのシリーズで一番薄くなりそうな予感がします。今回制作の中心となっているのが、『デビルサバイバー』シリーズを担当してきた高田慎二郎さん。『デビルサバイバー』シリーズは合体こそあるものの、悪魔会話がなく、「デビルオークション」というシステムで悪魔を買って仲魔にしていました。今回もそんな感じで若干、悪魔のキャラクター性が弱まってしまった感じがします。まあ、まだわからないんですけどね。

 

判明している登場悪魔

そんなわけで、現在判明している登場悪魔をまとめてみました。

ピクシー
ジャックフロスト
ケルベロス
ジャックランタン
デカラビア
ザントマン
モスマン
ケツアルコアトル
ギリメカラ
グルル
マーメイド
エンジェル
クーフーリン
トール
ロキ
スカトハ
ヴリテラ
コロポックル
モコイ
イナバシロウサギ
ドアマース
セイリュウ
ミシャグジさま
ロア
キンマモン
ジャアクフロスト
ヴァスキ
Aiホーくん

当たり前ですが、まだまだ登場するかと思います。すでに「セイリュウ」がいるので、他の四聖獣の「スザク」、「ビャッコ」、「ゲンブ」は確実に登場するかと思います。個人的には「キンマモン」、「ヴリテラ」、「イナバシロウサギ」、「ドアマース」といった『真・女神転生V』には登場しなかった悪魔がいるのはうれしいですね。他にもいそうなので、これからの情報を楽しみにしたいと思います。

 

今回もビジュアルで賛否

キャラクターや世界観など、ゲームの情報が公開されるやいなや、ビジュアル面ですでに賛否の反応がファンから上がっているようです。中でも一番目にするのが「これじゃない感」という言葉。これまでの『真・女神転生』シリーズや『デビルサマナー』シリーズとは違った雰囲気のため、古くからのファンの中には受け入れ難い人がいるようです。でもこれまでのメガテンシリーズは、新作が発表されるたびに、何かしらの批判が上がっていました。記憶に新しいところですと、『真・女神転生V』の「ナホビノ」が公開された時も同じような反応がありました。でも実際プレイしてしまえば、何も気にならなくなります。『真・女神転生V』でいえば、「ナホビノ」の存在が物語で重要な存在だったので、クリアする頃になるともうカッコよく見えてしまっていました。メガテンシリーズはこれまでに、「人修羅」「デモニカスーツ」など最初見た時にはびっくりするデザインばかりで、どれもプレイしていると好きになります。『ソウルハッカーズ2』の「リンゴ」に関しても、『デビルサマナー ソウルハッカーズ』に登場した「ネミッサ」のイメージの延長線上にあると私は感じていますので、個人的には非常に楽しみです。ガンダムも自動車の人気車種も新しいデザインが発表されるたびに必ず批判する人がいますので、もはや気にしないでゲームを楽しみにしましょう。

多分ですけど、パーティーメンバーもこれだけじゃないような気がしますね。これからの情報に期待したいです。

今回は以上です。

 

コメント