今さらだけど『エヴァンゲリオン』が完結するまでの歴史を紹介 後編

サブカル

『エヴァンゲリオン』シリーズの歴史について、当時からファンだった私なりのまとめを紹介します。前回からの続きで今回は後編になります。



新劇場版


パチンコで人気が再燃した(と私は勝手に思っています)『新世紀エヴァンゲリオン』はその波にのるかのように、リメイク作品を劇場版4部作で公開する事が決定します。つい最近まで映画公開の話題で盛り上がっていたのはこの新劇場版になります。
新劇場版では、能や歌舞伎で用いられる「序破急」にちなみ、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』として公開され、完結編として『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開されました。
当初、この新劇場版はテレビシリーズのリメイクとして制作されたのですが、一部設定が変わっていたり、新キャラクターが追加されたりと、ただのリメイクではありませんでした。それでは新劇場版については、各作品ごとに状況を説明します。



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序


まず1作目となったのが2007年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』。この1作目が公開されるまでは、普通にテレビシリーズのリメイク版だと誰もが思っていました。内容もテレビシリーズの1話から6話までが再構成され、要所要所アレンジされているものの、基本的な流れはテレビ版と同じでした。まさにあの『新世紀エヴァンゲリオン』を最新映像で作り直したという印象でしたが、物語の最後でテレビシリーズの終盤に登場した重要人物が登場し、何やら意味ありげな発言をして幕を閉じます。そして最後の最後に次回作である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の予告が流れ、その内容がそれまでのテレビシリーズを知っている人にとって、まるでわからない内容ばかりが告げられました。それと同時にファンたちの期待がどんどん高くなっていきました。

今さらだけど『エヴァンゲリオン』が完結するまでの歴史を紹介 前編
2021年3月8日に公開され、無事完結することのできた『エヴァンゲリオン』シリーズの歴史について、当時からファンだった私なりのまとめを紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogl...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


2年後となった2009年に2作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が公開されました。結構、間が空いての公開となり、すでにファンたちは不安になっていましたが、2作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』はテレビシリーズの物語をアレンジしつつ、第19話くらいまでの内容が公開されました。この2作目に過去作にはなかった新しいキャラクターが追加され、テレビシリーズとはだいぶ違った内容にはなっていましたが、ストーリーラインはほぼ同じでした。そしてクライマックスがそれまでの『エヴァンゲリオン』にはなかった盛り上がりを見せ、これまでにないエンターテインメント作品となり、多くのファンが大絶賛する内容となりました。そして続く3作目へと期待を高めていました。

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』


多くのファンが待望していた3作目は、前作公開から3年後の2012年に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』として公開。予想より待たされたものの、あの前作からの続きということで多くのファンが期待をしての公開だったのですが、その物語はこれまでのようにテレビシリーズをなぞったものではなく、前作から14年後の物語となり、全く新しいストーリーが展開されました。あまりにも予想外の展開と、ぶっ飛んだ世界観、大きく変わった組織など情報量が半端なく多くのファンを混乱させました。それと同時にやはりかねてから言われていた通り、どうも過去作のリメイクではなく、過去作からつながる物語なのではないかという予想がファンの間でされていきました。そしてそんな壮大な物語を締めくくるべき完結編の公開が待たれました。

 

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

結構待たされる期間はあったものの、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』まではまだ許容範囲だったのですが、ここから完結編まで告知が特にないまま、時間が流れていきます。その間に庵野監督は宮崎駿監督の作品で声優をやったり、実写映画で『シン・ゴジラ』を作ってしかも成功させちゃったりして、ファンのモヤモヤはまたもや溜まっていきます。さらに新型コロナウイルスの影響で公開延期などもされた後、2021年にようやくその完結編が公開されました。前作からおよそ9年です。そしてその物語はやはりファンが想像した通り、あまり大きな要素にはなりませんでしたが、テレビ版とも繋がっているという壮大な内容になっていました。なのでテレビ版の完結編の映画公開から数えると、実に24年にわたって、ようやくその物語を終えたわけです。長い。
そんなすべてのシリーズの完結編となった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は公開当初かなり賛否両論の評価となっていましたが、私個人としてはこれまでのようにモヤモヤさせたまま終わるのではなく、しっかりと物語が完結したことに好感を持ちました。というか、もっと前からそうして欲しかったです。こうしてテレビシリーズからなにかと話題になった『エヴァンゲリオン』シリーズは本当に完結することになります。

いかがだったでしょうか。以上が『エヴァンゲリオン』シリーズが完結するまでの歴史です。おそらく、若い世代の人たちは、なんとなく有名な『エヴァンゲリオン』シリーズを見たという人は、新劇場版から見ている人がいると思いますが、この作品いついては過去からこんなに長い時間がかかって完結したという経緯があったわけです。『ガンダム』シリーズや『マクロス』シリーズなども歴史が長く若い世代はなかなかとっつきにくいと思いますが、『エヴァンゲリオン』シリーズも相当な歴史があるわけです。そんなこんなを感じつつ、あえてテレビシリーズから見直してみるなんてのもいいかもしれませんね。

今回は以上です。

 

コメント