「紅蓮華」、「炎」だけじゃない LiSAのおすすめ曲

エンタメ

「鬼滅の刃」のアニメの大ヒットを受けて、
主題歌を担当したLiSAさんが、2020年は大躍進。
最近では女性アーティストUruさん、
そしてYOASOBIのAyaseさんとのコラボ、
Lisa×UruのCM曲でも話題になりました。

ただ最近、LiSAさんを知った人はまだ「鬼滅の刃」で売れたと思っている人が多いようです。
もちろん、爆発的に有名になったきっかけはそうかもしれませんが、
もともとかなり有名な実力派アーティストです。
彼女のこれまでの活躍をしらない人のために、
ぜひ知っておいてほしいこれまでの彼女の活躍と、
「紅蓮華」、「炎」以外に個人的におすすめする彼女の楽曲を紹介したいと思います。

プロフィール

本名:織部 里沙
誕生日:1987年6月24日
出身地:岐阜県関市
夫はイケメン声優の鈴木達央さん。

幼稚園の頃、もともと人見知りだったらしく、
お母さんがその人見知りを治すために、
ミュージカル教室に通わせ始めたそうです。
そこで歌うことが好きになり、小学校の頃には、
テレビで格好良く歌い踊るグループ、SPEEDが姿に憧れ、
その影響かSPEEDの歌は現在もカラオケで歌うとの事。
そして中学2年生の時、先輩達から卒業ライブでのボーカルを頼まれ、
その時に、聴かせてもらったアヴリル・ラヴィーンに大きく影響を受けたそうです。
高校を卒業してすぐにポップパンクバンド「CHUCKY」を結成し、
ボーカルとして活動。その後上京し、インディーズパンク・ロックバンド「Parking Out」と
ロックバンド「Love is Same All」を結成して、ボーカルとして活動し始めます。
そして、現在のボーカル“LiSA”が独立してメジャーデビューするために
バンド活動を終了したとの事。

メジャーデビュー

2010年のテレビアニメ『Angel Beats!』の作品の中に登場する
バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカルとなる
ユイ役の歌唱パート(通常の声優は喜多村英梨さん)に抜擢され、
「LiSA」名義でいよいよメジャーに進出する事になります。
2011年4月20日、アニプレックスより1stミニアルバム『Letters to U』をリリースし、
ここでソロデビューを果たします。
その後は、圧倒的な歌唱力とパフォーマンス力でファンをどんどん獲得していきます。
同じ2011年の11月23日には、初シングル「oath sign」をリリース。
アニメのタイアップもあり、初のオリコン週間5位を獲得。
その後も多くの楽曲をリリースし続け、
2017年11thシングル「Catch the Moment」をリリースし、
この曲でテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」にソロで初出演を果たします。
2018年には自身初のベストアルバム「LiSA BEST -Day-」「LiSA BEST -Way-」を
2枚同時リリースし、
「-Way-」の方がシングルとアルバム通じて
ソロデビュー以来初となるオリコン週間1位を獲得。
ちなみにこの時、もう一方の「-Day-」も週間2位に入ったことで、
グループを含む女性アーティストとしては史上4組目の
ベスト盤での1・2位独占という快挙も達成しました。
そして2019年大ヒット曲となったシングル「紅蓮華」をリリース。
この年『第70回NHK紅白歌合戦』への初出場となりました。

記憶に新しい話題で

2020年、10月14日にシングル「炎」とアルバム「LEO-NiNE」を同時リリースし、
「炎」で自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得しただけでなく、
アルバム「LEO-NiNE」でも2度目のアルバムチャート1位となって、
ついにシングル・アルバム同時1位を達成することとなります。
さらに、シングル「炎」はデジタルシングル(単曲)、ストリーミング、合算シングル、
アルバム「LEO-NiNE」ではデジタルアルバム、
合算アルバムの各チャートなどですべて1位となり、
オリコン週間音楽ランキング史上最多となる7冠を達成しました。
そして『第71回NHK紅白歌合戦』への出場も発表されました。
そりゃあ、出ないわけないでしょといった活躍でしたね。

ちなみに「紅蓮華」歌詞について

大ヒット曲である「紅蓮華」の歌詞は、
リリースされたシングルの歌詞とアニメ「鬼滅の刃」オープニングの歌詞では、
サビの部分が違う事に気づいた人もいるのではないでしょうか。
シングルでは「ありがとう 悲しみよ」となっている歌詞を、
アニメオープニングでは「何度でも立ち上がれ」となっています。

これについてLiSAさんはラジオ番組で、

「始めは「ありがとう 悲しみよ」で書いてたんです。
でもこれが書けるのは、私が原作を読んでいて
「炭治郎が成長していった後の物語」まで知ってるからだと思って。
1話から見る人たちに、炭治郎が成長したから
言えるようになることを強制するのはよくない! って。
一話で絶望的なシーンがあった後、すぐに流れる曲で「ありがとう 悲しみよ」は
見てる人に「なにを歌わせてるんだ!」って怒られるなって(笑)」

とコメントしており、「鬼滅の刃」の序盤の
登場人物たちの悲惨な状況を見て、
視聴者に配慮してアニメオープニングは変えたとの事だったようです。

「紅蓮華」「炎」以外のおすすめ曲

そんな中で「紅蓮華」や「炎」以外に
個人的におすすめするLiSAさんの曲を紹介します。
あくまでも個人的になのと、
LiSAさんのファンでは有名すぎる曲でいまさら感もありますが、
これから新しくLiSAさんを応援する人のために、
ご紹介できればと思います。

「Catch the Moment」
ミュージックステーションに初出演した曲。
映画『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌です。
最近話題のYouTubeの「THE FIRST TAKE」でも歌っているので、
目にした人も多いのではないでしょうか。
「紅蓮華」とはまた違った明るめのアップテンポな曲となっています。

 

「Rising Hope」
ライブで大盛り上がりする曲です。
5枚目のシングル曲で、
テレビアニメ『魔法科高校の劣等生』のオープニングテーマです。
アップテンポな曲で途中ラップなどを交え、
疾走感のあるサビへと流れるLiSAさんの代表曲でもあります。

「シルシ」
バラードならばこの曲。個人的には大ヒットとなった「炎」よりも大好きです。
テレビアニメ『ソードアート・オンラインII』のエンディングテーマです。
しっとりとした歌い始めから、サビの盛り上がり方は、
聞いててかなりグッときますね。

LiSAさんはタイアップする作品の事をかなり意識して作詞を手がけていますので、
どの曲もその作品を見て聞くとさらに深い歌に聞こえると思います。

以上がLiSAさんの「紅蓮華」、「炎」以外に個人的におすすめする楽曲でした。
おそらくこれからも大活躍するであろう彼女の今後にみ注目したいですね。

コメント