『真・女神転生V』で登場がすでに決定している54体の悪魔が判明!!

サブカル

6月15日の25時から放送された『Nintendo Direct | E3 2021』内で、前回紹介したリーク情報通りに、『真・女神転生V』が11月11日に発売が決定という情報と共に、新たな映像も公開され、いろいろと新たな情報も判明しました。正直、想像してたのとはなんとなく違った感じの『真・女神転生V』。でも前作の『IV』も最初は同じイメージだったので、おそらくプレイしてみると、すごく面白くなっているんだと思います。今回は映像や公式サイトなどで公表されている新たな情報や、PVや公式サイトなどを見て、判明した登場悪魔などをご紹介したいと思います。登場悪魔については終わりの方で紹介します。

主人公は『ナホビノ』

リーク情報の通り、簡単なストーリーが公式サイトでざっくり紹介されています。
以下引用

平凡な日常生活を送っていた高校生の主人公は、とあるきっかけで異世界<ダアト>に迷い込む。謎の男と融合を果たし、<禁忌の存在>ナホビノとなった主人公は、神と悪魔の戦いに見を投じることになる。

この『ナホビノ』っていうのがよくわからないのですが、どうも調べてみると日本の神話のスサノオと関係があるようですね。“スサノオは悪いことを司る「マガツヒノ神」の側面を持ちながらも、天下った出雲ではヤマタノオロチを退治し、その地に平安をもたらしたというように「ナホビノ神」にもなった。”とありますので、PVで主人公に「少年、死にたくなければ手を取れ!」といって、融合する謎の男がスサノオだったりするのでしょうか。デザインはだいぶ違いますが、スサノオと一緒に東京を冒険していくなら、なかなかメガテンって感じがしてワクワクします。

しかし、このナホビノとなった主人公がどうも別のゲームの登場人物感がすごくて、なかなかまだ自分の中で消化できません。これまでのメガテンでもペルソナでもない感じのデザインなので、デモニカスーツの時のように好きになっていくのでしょうか。さらにすでに公開されていたPVで主人公が着ていた花柄がアクセントの制服ですが、アレ、主人公だけじゃなく、他の生徒もちゃんとあの制服なんですね。なんかすげーセンスの学校・・・。ちなみにおそらく、ヒロインだと思われる少女の声で、「私たちが暮らしてきた東京が実は嘘だっって行ったら信じる?」というセリフがあったので、異世界と言われている<ダアト>が本当の東京だったりするんでしょうか。やべー、楽しみすぎる。

 

気になるシステムを判明

シンボルエンカウント

戦闘へのエンカウントは、今回も『IV』と同じようにシンボルエンカウントのようです。ただし、『IV』のようになんだかわからないブロック状の集合体のシンボルではなく、しっかりとした悪魔のビジュアルがシンボルになっているようですね。ただし見える悪魔のシンボルに接触しても、敵のパーティー構成はそのシンボルの悪魔だけではないようです。実際に『ツチグモ』のシンボルに接触すてエンカウントした際、敵パーティーには『ツチグモ』以外に『アズミ』も混ざっていました。

 

プレスターンバトルなどのシステム面

やっぱりありました、『プレスターンバトル』。これまでと同じように、弱点属性をついて戦っていくのが、メインのようです。『プレスターンバトル』については、前回の記事で紹介しているので、そちらを参考にしてください。他にもやたらと長い必殺技を使っているようなシーンがありましたが、メガテンにはあーゆー演出はいらないんですけどね・・・。戦闘がサクサク進まなくなってしまう。それと月齢の表示のようなものもあるようなので、おそらく月齢も戻ってきたようです。これもメガテンらしくてうれしいですね。

 

他にも気になる所

「世界の裏側では秩序と混沌が対立している」というセリフがあるので、これはもう「カオス」「ロウ」「ニュートラル」のルートが存在しますね。それと戦闘画面で気になったのが「アギバリオン」という名前のスキル。アイコン的に「アギ」系のようなのですが、どのぐらいアギなんでしょうか。過去作品では「アギ」「アギラオ」「アギダイン」というのが基本で、『IV』で「トリスラギオン」というのもありましたが、さらにその上なんでしょうか。個人的には分かりづらいスキルは追加しないでもらいたい・・・もう遅いか。

 

登場が判明している悪魔

私が、PVや公式サイトなどを見なくって、判明した『V』に登場が決定している悪魔を一気に紹介します。

『ピクシー』

『ジャックフロスト』

『ジャックランタン』

『モコイ』

『スライム』

『ザントマン』

『オンモラキ』

『ツチグモ』

『アズミ』

『アガシオン』

『スイキ』

『カハク』

『ネコショウグン』

『アンズー』

『チン』

『マーメイド』

『マンドレイク』

『プリンシパリティ』

『パワー』

『ドミニオン』

『アリオク』

『アラハバキ』

『ジュターユ』

『パールヴァティ』

『バフォメット』

『キウン』

『デカラビア』

『クーフーリン』

『モー・ショボー』

『ネコマタ』

『イシュタル』

『リリム』

『オーディーン』

『トール』

『ヤタガラス』

『ベルフェゴール』

『マーラ』

『キュベレ』

『オニ』

『リャナンシー』

『ケルベロス』

『アバドン』

『バアル』

『ギリメカラ』

『ビシャモンテン』

『ヘカトンケイル』

『ナーガラジャ』

『パズス』

『スルト』

『セト』

『アリス』

『メタトロン』

『ベルゼブブ』

『ルシファー』

と、私が確認できたのは以上54体です。

そのほかに6体名前が不明な悪魔が公式サイトに載っていました。なんとなく予想はできるのもいますが、違うかもしれないので、断定しないでおきます。
なお、上記の悪魔の中で、『スイキ』がいるということは、おそらく『フウキ』、『キンキ』もいて必然的に『オンギョウキ』も出るかと思います。さらに『ビシャモンテン』もいたので、こちらも流れ的に『ゾウチョウテン』、『ジゴクテン』、『コクモウテン』はいるかと思われます。
そして地味に気になったのが、メガテンのカンバンキャラである『ジャックフロスト』が新デザインになっている所。パット見分かりづらいですが、帽子のに白いフチがついてたりします。

さて、発売日までにもう少し情報が解禁されると思いますが、今回の動画でかなり気になる情報がありました。もちろん、私の予想を含んだ内容になっているので、全く全部がそのままというわけではないと思いますが、実際映像ででている情報が多いのでまず間違いないかと思います。

今回は以上です。

コメント