サザビーもロングレンジ新装備?RX-93ff νガンダムの新映像

サブカル

福岡で展示される「実物大νガンダム立像」の新映像がまた新たに公開されたようです。なんと今回はアムロもシャアもサザビーも登場しています。



またも新映像公開

4月25日オープンの『三井ショッピングパークららぽーと福岡』にて展示される「実物大ν(ニュー)ガンダム」。発表されてからこれまで、立像にて追加された「ロングレンジフィンファンネル」などが話題になっていましたが、今回ガンダムの世界観をより一層楽しむためという目的で、新たに制作した2つの特別映像が「実物大νガンダム立像」に接するららぽーと福岡施設壁面に投影されることになり、その一部の映像が公開されました。今回公開された映像では劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』本編で使われたアムロとシャアのセリフが使用されていて、「実物大νガンダム立像」と同じデザインの「RX-93ff νガンダム」が話題となった「ロングレンジフィンファンネル」を装備して戦っている映像をみることができます。この映像は劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』本編でも描かれた小惑星アクシズ落下阻止でのアムロとシャアの攻防を「RX-93ff νガンダム」で戦っていたら・・・という設定で作られたとのこと。「ロングレンジフィンファンネル」に関しては発表当時からいろいろ言われていましたが、実際の映像でアムロやシャアが登場し、『逆襲のシャア』であった2人のやりとりのセリフが追加されるだけで、こうもかっこよく思えてしまうものなのでしょうか。これは『ガンダムパーク福岡』に行かない人でも「RX-93ff νガンダム」のガンプラが欲しくなってしまうんじゃないでしょうか。私を含め、当初批判してた人たちみんなが手のひら返しです。

 

サザビーまで登場。そして!

そしてなにより注目したいのが、ライバルとなるシャアが「サザビー」で登場しているという所。今回の新作映像では「RX-93ff νガンダム」の「ロングレンジフィンファンネル」だけじゃなく、なんとこの「サザビー」までも新装備を使用しています。この「サザビー」の謎の新装備の方が、「RX-93ff νガンダム」の「ロングレンジフィンファンネル」が発表された時に散々予想されていたように、まさに「ロングレンジファンネル」のような使われ方がされていました。映像ではファンネルのように射出した新装備が、遠隔操作によりロングレンジ、まさに遠距離でビームを発射し、連邦軍(ラーカイラムから?)のミサイルを殲滅させる映像が描かれています。なので今回公開された分ではその描写はなかったのですが、「RX-93ff νガンダム」が「ギラ・ドーガ」をビームサーベルで両断するシーンの背中には「ロングレンジフィンファンネル」が装備されていなかったので、「RX-93ff νガンダム」の「ロングレンジフィンファンネル」にも同じような描写があるのかもしれません。これは現地で映像見てみたいですね。そして驚きギミックが「νガンダム」も「サザビー」もお互いの新装備を使用した大型のビームサーベルで斬り合うシーンも見ることができます。ついこの前、「RG」のガンプラで「ロングレンジフィンファンネル」を手に装備した画像が公開されたばかりですが、まさかビームサーベルにもなるなんて予想してませんでした。ここにきて実物大を立たせるための“つっかえ棒”だった「ロングレンジフィンファンネル」の株が爆上がりです。というか「サザビー」の新装備の詳細も知りたいですね。



 

サザビーも商品化あるかも

さて『ガンダムパーク福岡』の限定商品として今回実物大の立像となった「RX-93ff νガンダム」の「RG」、「EG」、「BB戦士」のそれぞれのガンプラの発売が発表されましたが、今回の映像公開で、「サザビー」も怪しくなってきましたね。「サザビー」は「νガンダム」同様に非常に人気のある機体。まあアムロが最後に搭乗した機体「νガンダム」が人気あるんですから、同じ理由でシャアが最後に搭乗した「サザビー」が人気なのは当たり前っちゃ当たり前なのですが、「サザビー」も「νガンダム」同様に多くのガンプラが商品化されています。今回『ガンダムパーク福岡』で限定販売する商品の中に「RG RX-93ff νガンダム」がありますのが、「サザビー」も「RG」ではすでに発売済み。今回の映像を見る限り、カラーリングには大差なさそうですが、「RG サザビー」に今回の新装備を追加して限定販売という可能性もあるんじゃないでしょうか。ただ「νガンダム」は実物大の立像という商品化せずにはいられない理由があるので、新規金型が追加となると思うので「サザビー」まで限定品にするのは期待しすぎかもしれませんね。ただアイテムとして素でも超人気の「サザビー」なので新装備追加となるとかなり売れる商品になるとは思います。

当初「ロングレンジフィンファンネル」は実物大を建設するための苦し紛れの設定かと思ったのですが、こうした映像を作るだけで、その存在の説得力をだす所か、むしろ「ロングレンジフィンファンネル」を欲しがるまでにさせるバンダイの力。本当にすごいプロモーションですね。

今回は以上です。

コメント