気が早い『エルデンリング2』に希望するのはオープンワールド廃止?

サブカル

いろんなジャンルのコンテンツを紹介しているサイト「まいじつエンタ」の記事にて、『エルデンリング』の続編に望む声の中に、“オープンワールド廃止”を望む声があるということを紹介しています。



イベントガイドを充実してほしい

世界中で現在も絶賛の声がやまないフロム・ソフトウェアの最新作『エルデンリング』。全世界累計出荷数1200万本を記録し、RTAで30分以内にクリアする人ノーダメージクリアする猛者まで登場してきていて、早くも今年のGOTY(ゲームオブザイヤー)の呼び声が高くなっています。「まいじつエンタ」の記事では、そんな『エルデンリング』の続編に望むファンの声をまとめています。これはアンケートをとったのではなく、ネットで見かける意見をまとめたもののようです。
まず最初に紹介しているんは、“イベントガイド関係はもうちょっと充実してほしい”というもの。『エルデンリング』は・・・というかフロム・ソフトウェアのゲームは、ストーリーなど他のゲームのようにわかりやすく説明はせず、起こったイベントやNPCのセリフ、アイテムの説明などから、その背景を読み解くような感じで制作されていて、そういった内容をファンがネットなどで考察するのがお決まりとなっています。今回の『エルデンリング』はメインストーリーとは別に、行く先々で出会うNPC(ノンプレイキャラクター=ようするにゲーム内のキャラクター)の中に、サブストーリーが展開される場合があるんですが、その進行のしかたがわかりにくいという意見が多い模様。ただフロム・ソフトウェアのゲームは、そのあたりが他のメーカーにはない「味」になっているので、他のゲームのようにサブストーリーの進行などがわかるような表示などを追加してしまうと、大差なくなってしまうと思うので、個人的には今のままでいいんじゃないかと思います。それでも先日のパッチでは、このNPCイベントをフォローするようにマップ上でNPCのいる場所がわかるようになったりしました。でもこれくらいでいいと思いますね。

『エルデンリング』RTAで30分以内クリア現る!RTAってなに?
発売してから話題が続いている『エルデンリング』。発売して間もないのに、世界中ではすでにRTAの挑戦が行われていて、先日なんと30分未満でのクリアを達成するプレイヤーが現れました。 (adsbygoogle = w...
またも偉業!『エルデンリング』でなんと今度はノーダメージクリア!
ついこの前、RTAで30分以内にフロム・ソフトウェアの『エルデンリング』をクリアする人が現れましたが、今回は時間ではなくなんと最初から最後までノーダメージクリアする人が現れました。 (adsbygoogle = ...

 

オープンワールド廃止

『エルデンリング』最大の特徴と言えば、これまでの「ソウルシリーズ」にはなかった史上初のオープンワールド。「デモンズソウル」「ダークソウル」シリーズ、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』などといったこれまでのフロム・ソフトウェアのゲームは、1つのステージをクリアしていき、他のステージにつながっていくといった感じでした。そんな「死にゲー」をオープンワールドにしたのが、『エルデンリング』。そんなオープンワールドに対して、“無理にオープンワールドに拘らずに、今まで通りソウルシリーズで出してほしい”という声が多いということを記事では説明しています。私はフロム・ソフトウェアのゲームは古いのになるとPS2時代の『SHADOW TOWER ABYSS(シャドウタワーアビス)』をメチャメチャプレイしました。その後、PS3で『デモンズソウル』をプレイ。どちらもなんとかクリアしました。しかしその後、「ダークソウル」シリーズを含め、フロム・ソフトウェアのゲームには手が出せずにいました。理由は面白いけど疲れるから。でも今回『エルデンリング』を購入しようと思ったのは、オープンワールドになったからです。実際、世界中でこれだけ売れたのも、オープンワールドになったからなんじゃないでしょうか。これまでと同じ方式ならば普通に『ダークソウル4』として発売すればいいわけですし、個人的には『エルデンリング』はオープンワールドで行ってほしいです。



 

動画とともにある『エルデンリング』

今回の『エルデンリング』をプレイするにあたって、私はすごくYouTubeを見ています。人によってはネタバレみるな!なんて声があるかと思いますが、今回『エルデンリング』をプレイしていて、このYouTubeの動画を見ているおかげで、何倍も楽しくプレイできていると思っています。他のRPGですと人がプレイしているのなんか興味ないんですが、『エルデンリング』の動画はボスの倒し方や、アイテムの入手場所、小ネタ、武器の特徴や使い勝手に入手場所など、いろんな種類の動画があり、どれも非常に面白いです。最近は家に帰ると酒を飲みながらまずYouTubeを見て、「よし、あそこ行ってみよう」的な感じで『エルデンリング』をプレイするのがすごく楽しいです。今回「まいじつエンタ」の記事で紹介された『エルデンリング』の続編に望む声に従ってしまうと、こういった楽しみができなくなってしまう気がします。個人的には今まで一番動画コンテンツとゲームを合わせて楽しめる作品だと思いました。このおかげで超ヘタレで下手くそな私でも、30回目くらいでようやく「竜のツリーガード」を倒し(マジあいつなんなの)、「王都ローデイル」にたどり着けました。こうしてただゲームとしてプレイするだけじゃない楽しみは、NPCのサブストーリーが分かりづらかったり、オープンワールドでどこに何があるかわからないからこそだと思っています。

先日、最新アップデートで「ラダーン」の攻撃の威力が下がっている不具合が修正されましたが、私個人としてはNPCのサブストーリーが分かりづらいとか、オープンワールドが云々より、こうして敵や武器を強くしたり弱くしたりするのをやめてほしいです。

今回は以上です。

コメント