2022年1月PSフリープレイに『P5』の続編『ペルソナ5S』!

サブカル

フランスリークサイトより、PlayStation Plusの2022年1月のフリープレイのタイトルがリークされたようです。3本のタイトルの中に、本ブログでも何度も取り上げている『ペルソナ5ストライカーズ』が入っているようです。

 



2022年1月のフリープレイタイトル

今回のリーク情報はここ数ヶ月、毎回次のフリープレイタイトルを当ててる人サイトの情報なので、ほぼ間違いないかと思われます。2022年1月のフリープレイタイトルは、最大4人でプレイ出来る協力型SF系FPS『Deep Rock Galactic』、「ペルソナ」シリーズ初のアクションRPG『ペルソナ5ストライカーズ(以下:P5S)』、オフロードを舞台にしたアーケードレーシングゲーム『DiRT 5』の3本のようです。今回このニュースを知った人たちが『P5S』と本編の『ペルソナ5(以下:P5)』、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(以下:P5R)』の関係性について議論になっている場面を何度か見かけたため、過去にも取り上げた話題ではありますが、改めて整理して説明させていただきます。

 

え?フリープレイってなに?

その前に、そもそものPlayStationのフリープレイについて知らない人にも説明しておきます。PlayStationのフリープレイは、有料サービスの「PlayStation Plus」を利用している人に向けて、提供されているサービスです。ダウンロードのみですが、フリープレイにラインナップされたゲームはPlayStation Plusに加入している限り通常の購入済みソフトと同じような扱いとなり、プレイ回数に制限なく遊べ、ゲームソフトの再ダウンロードを行うこともできます。毎月数本タイトルが提供されているので、PlayStation Plusにさえ加入していれば、無料でいろんなゲームをプレイすることが可能です。すべてがすべてメジャーなタイトルというわけではないのですが、これまでにも『STREET FIGHTER V』、『JUDGE EYES:死神の遺言』、『モンスターハンター:ワールド』といったような人気タイトルも提供されてきました。そして今回この中に『P5S』が加えられるわけです。

 

ペルソナ5

まずは元となる『ペルソナ5』について。『P5』は2016年に発売されたRPG。前作の『ペルソナ4』のゲームやアニメの影響もあってか、待望のペルソナシリーズのナンバリング作品ということもあって、当時は大注目されました。この作品で発売元のアトラスとしては本家『真・女神転生』シリーズを超える大ヒットとなり、代表作になっています。その後アニメ化もされ、ゲームをしない人たちにも、その魅力を届けることとなりました。アニメ版の物語も基本的にこのゲーム版の『P5』と同じ。個人的には大好きな作品です。

 

ペルソナ5ストライカーズ

そして今回フリープレイにラインナップされた(と思われる)のが2020年2月に発売されたこの『P5S』。『P5』とは違いアクションRPGになっています。アクションRPGといっても、特に難しいということはなく、よほどアクションが苦手な人じゃないなら、難なくプレイできるかと思います。特有の「ペルソナ」もうまくアクションに取り入れられ、メンバーを交代しながら操作することができ、爽快なアクションバトルを楽しめます。
で。ストーリーはというと、前に紹介した『P5』の完全な続編となっています。『P5』で地元に帰った主人公が、怪盗団のメンバーたちと夏休みを過ごすため、『P5』の時に住んでいた喫茶店のルブランにモルガナと一緒に戻ってくるところから、物語はスタート。メンバーのその後なので、主人公たちは高校3年に、真と春は大学生に、双葉は学校に通うなど、その後の様子を伺えます。ひょんなことで、再び異世界に行くことになった怪盗団一同は、後々新たなメンバーを加えながら、新たな陰謀に立ち向かうため、日本全国をキャンピングカーで旅する物語となります。このソフトについては、攻略とまではいかないのですが、トロフィーコンプするコツや、ネタバレのストーリーも過去に紹介しましたので、気になる人は見てみてください。

 

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

さて、状況をややこしくしてしまっているのが、この『P5R』。前後してしまいますが、『P5S』より前の2019年10月に発売されたソフトで、簡単に言うと『P5』の完全版です。基本的なストーリーは『P5』と同じ。いくつかの追加要素が加えられています。『ペルソナ4』でいう『ペルソナ4 ザ・ゴールデン(P4G)』みたいなものです。
ただその追加された部分に問題があって、新キャラクターが数名います。この追加されたキャラクターが『P4G』のようにベルベットルームの住人とかではなく、パーティーメンバーだったりします。その追加キャラクターが「芳澤かすみ」という1年生。『P5R』では割と序盤からちょこちょこ主人公と絡んできて、最終的には怪盗団に加入します。さらに「芳澤かすみ」以外にも本編とは違うラスボスも登場します。
で。『P5S』は『P5』の続編ではあるのですが、「芳澤かすみ」と『P5R』のラスボスはいなかったものとして描かれています。理由としては、開発を同時に進行していたためとのこと。発売日をみればわかる通り、『P5R』は2019年10月に発売され、『P5S』は年が明けてわりとすぐの2020年2月に発売されています。通常ゲームの続編がこんなに短い期間で発売されることはないので、完全版は完全版、続編は続編としての住み分けがされているのだと思われます。じゃあ、『P5R』なんかいらないじゃん!ってなるかもしれませんが、これはこれで追加要素が素晴らしく、一度『P5』をクリアしたはずの私も、3周するくらい面白かったです。ただ『P5』から続く『P5S』だけを考えるのであれば、『P5R』をプレイする必要はありませんね。

ということで、『P5S』は『P5』の続編。アニメしか見てない人でも楽しめるストーリーになっています。前から気になってたけど、スピンオフはいいかなぁ、と思っていた人はぜひプレイしてみてください。ちゃんとした続編になっています。

今回は以上です。

コメント