14年前!3月27日はモンスターハンターポータブル2ndG発売日

サブカル

先日、3月27日は当時大ヒットしたカプコンのPSPソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』が発売してちょうど14年とのことです



モンハンシリーズを振り返って

当時ソニーが販売していた携帯ゲーム機「PSP」の普及にかなり貢献したのではないかと言われている『モンスターハンターポータブル』シリーズ。そもそもの『モンスターハンター(以下:モンハン)』シリーズの最初は、PlayStation 2(以下:PS2)にて2004年3月に第1作目が発売。1作目から1年経たずに1作目に武器やモンスターを追加したアップグレード版『モンスターハンターG』が発売されました。その後、2005年にPS2の『モンスターハンターG』をPSPに移植したのが1作目となった『モンスターハンター ポータブル』でした。元となったPS2版では基本的にオンラインでのパーティープレイがメインだったのですが、当時は今ほどオンラインゲームが盛んではなく、ゲーム機を持ち寄ってマルチプレイができる『モンスターハンター ポータブル』の方が好評で、口コミでジワジワと人気が広まって行き、なんと『モンスターハンターG』の売り上げを大きく上まりました。
その後、PS2版ではアップグレードではなく、新作として2006年2月に『モンスターハンター2(ドス)』の発売。これもかなり売れたのですが、この『モンスターハンター2』のPSPへの移植版である『モンスターハンターポータブル2nd』がPSP用ソフト初のミリオンセラーを達成するほど人気がありました。『モンスターハンターポータブル2nd』では、元となった『モンスターハンター2』には登場しなかった「ティガレックス」「アカムトルム」などが登場したのと、1作目同様に携帯ゲーム機としての相性が良かったようでした。そしてPS2版ではアップグレード版の発売はなく、PSP版で『モンスターハンターポータブル2nd G』が発売となったのです。この頃にはモンハンブームが到来していて、この『モンスターハンターポータブル2nd G』販売本数は400万本以上。現在でもシリーズ最高傑作と声が多い作品です。

 

モンハンの狩りの思い出

私はなんとPS2版1作目を発売日に購入しました。当時のオンラインゲームのコミュニケーションはスマホがない時代だったので、今のようにボイスチャットなどなく、例えアクションゲームであってもキーボードを使用しての文字によるテキストチャットがメインでした。なのでパーティーメンバーに「生命の粉塵(パーティー全員の体力を回復するアイテム)」を使ってもらたった時に、「サンキュー」と文字を打っている間に、ファンゴに轢かれたりもしてました。オンラインでのプレイは確かに面白かったのですが、やはり今の時代と違って、プレイしながら会話するのが困難でした。そんな中で発売したのがPSP版の『モンスターハンター ポータブル』シリーズ。直接会ってのマルチプレイなので、会話しながらプレイできるが非常に相性が良く、2作目以降、爆発的に人気がでました。体感的にブームとなったと感じたのは、今回14周年を迎えた『モンスターハンターポータブル2nd G』。「ナルガクルガ」のデビュー作です。当時本作は友人、家族、同僚などで多くの人がプレイしていました。当時私なんかは仕事先で業務が終わり、タイムカードを押した後にみんなで残ってプレイしたりしていました。ファミレスなどではモンハンをプレイする若者で席が埋まっていたり、一部カラオケボックスなどではモンハンをプレイするためのプランを用意するほど広まっていました。一度、居酒屋でどうしてもクリアしたいクエストがあるので、付き合ってくれと同僚に言われ、飲みの席でプレイしていると、お酒を運んでくる店員さんも、「私もやってるんですよ〜」と会話に混ざってきたりと、本当にみんながプレイしていたという印象がありました。

 

その後のシリーズ

その後発売した『モンスターハンターポータブル3rd』はさらに売り上げ本数を伸ばしたのですが、モンハンブームはここで一度落ち着きを見せます。その後、ハードが「ニンテンドー3DS」になり、「モンスターハンター4」、「モンスターハンターX」とシリーズを重ねましたが、この頃私もプレイしなくなっていました。しかし、一度冷めたモンハン熱でしたが、あるタイミングで再び燃え上がったりしました。それがPlayStation 4で2018年1月に発売した『モンスターハンター ワールド』。ビジュアルやマップなどあらゆるものが進化し、これが世界で1700万本以上も売れることになりました。据え置き機でオンラインでのマルチプレイでしたが、この頃にはスマホも普及し、ゲーム自体もボイスチャットが使用可能になっていたので、ようやく据え置き機でモンハンがプレイしやすい状況になったというわけです。現在は最新作がNintendo Switchにて『モンスターハンターライズ』が展開中。こちらも世界で800万本を売り上げ、2022年6月30日には、大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が発売される予定です。

初代1作目から『2nd G』まで私は片手剣を使用していました。そのリーチの短さから最初の頃はリオレウスどころか、イャンクックにも苦労していた懐かしい記憶。あなたはなんの武器を使用していましたか?

今回は以上です。

コメント