ダブルのオープニングも流れた!アニメ版『風都探偵』が素晴らしい!

サブカル

8月8日からTOKYO MXなどで放映が始まったアニメ『風都探偵』第3話にて元々の『仮面ライダーW』のオープニングの曲が挿入歌として流れて話題になっています。



挿入歌に過去のOP曲

当ブログでも以前より紹介していたアニメ『風都探偵』。仮面ライダー生誕50周年記念として制作された作品で、元は『ビッグコミックスピリッツ』で連載中の漫画作品。なんですけど、この漫画自体も2009年にテレビで放映された『仮面ライダーW』の続編だったりします。子供向け番組ではあるものの、探偵というテーマ性からか、『仮面ライダーW』は他の『仮面ライダー』作品と比べて今でも非常に人気が高くて、今では超人気俳優となった桐山漣さんと菅田将暉さんが主演を務めたのでも有名な作品。そんな実写の漫画化となるとマイナスイメージを持ってしまう人がいるかもしれませんが、この『風都探偵』は『仮面ライダーW』の脚本をテレビシリーズでも脚本を手がけた三条陸さんが担当し、『仮面ライダーW』の続編としてもしっかりした物語となっています。
そんな『風都探偵』のアニメ化なのですが、漫画もそれなりに面白かったのですが、映像という媒体をフルに使っていて、第3話まで視聴したところ、非常に素晴らしい作品となっています。作画も非常にキレイですし、漫画版よりもバイクアクションシーンを多めにするなど、映像としての魅力はもちろんなるのですが、今回話題となっているのは、第3話で挿入歌として流れてきた『仮面ライダーW』オープニング主題歌。
正確には『仮面ライダーW』オープニングの『W-B-X ~W-Boiled Extreme~』ではなく、新曲となる『W-G-X ~W Goes Next~』とは言いつつも歌詞が変わり、アレンジされているものの、曲自体は『W-B-X ~W-Boiled Extreme~』のままで、歌っているのも上木彩矢さんとTAKUYAさん。二人はインストゥメンタルのようなオープニング曲『Private Eye』も担当しています。今回の挿入歌は古くからの『仮面ライダーW』ファンは興奮したんじゃないでしょうか!私はしました!今回MADムービーですがYouTubeにいい動画があったので貼り付けておきました。



エンデイングもこだわり

今回は挿入歌の『W-G-X ~W Goes Next~』について大きく取り上げましたが、エンディング曲も気合が入っています。エンディング曲である『罪と罰とアングラ』は、作詞が松岡 充さん、作曲が吉川晃司さんで、歌っているのは松岡 充さんで、吉川晃司さんは楽曲プロデュースを担当しています。この二人は過去に『仮面ライダーW』の劇場版に俳優として出演しています。吉川晃司さんは今は亡き、主人公の「左 翔太郎」の師匠で、元鳴海探偵事務所の所長の「鳴海亜樹子」の父である「鳴海荘吉」役として、翔太郎とフィリップが「ダブル」になるまでのエピソードに登場します。そして松岡 充さんは映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』にてラスボスとなる仮面ライダーエターナルに変身する「大道克己」役として登場。二人とも映画で非常に存在感のあるいい役を演じているのですが、今回の『風都探偵』のアニメ化に際し、この劇場版の二人がタッグを組んで、エンディング曲を書き下ろすとは!曲自体も『仮面ライダーW』のキーワードを歌詞に散りばめているので、二人のこだわりを感じることができます。特撮の頃から感じていましたが、『仮面ライダーW』はスタッフやキャストの方々に本当に愛されている作品だと、見ている側も感じることができますね。

そして気になる本編

第3話でようやく「仮面ライダーダブル」が登場し、とりあえず最初の事件に決着がつきましたが、実写版『仮面ライダーW』同様、真相などは意外な形で決着がついて、非常に面白く感じた人も多かったんじゃないでしょうか。アニメから見はじめた人でも、それなりに内容の説明がされていましたし、個人的な印象としては実写版の『仮面ライダーW』の第1話、第2話と同じ印象できしたので(オマージュしていたシーンも多かったし)アニメからでも問題ないかと思います。細かい設定など気になる人は以前紹介した際、少しだけ設定も紹介していますので、そちらも合わせてみてください。

アニメからでも面白い!『風都探偵』第1話プレビュー版の上映決定!
仮面ライダー生誕50周年記念として制作発表された仮面ライダー史上初のアニメ『風都探偵』。放送は8月からということはすでに公表されていましたが、今回第1話の有料生配信が決定したとのこと。 (adsbygoogle ...

前述で紹介した曲もそうですが、メモリーを押した際に鳴る立木文彦さんの「サイクロン!」「ジョーカーーー!!」の声もそのままだし、効果音などもそのままで本当に『仮面ライダーW』を見ている気がします。主役の声優さんについても、翔太郎の細谷佳正さんとフィリップの内山昂輝さんもなんの違和感ありません。フィリップに関しては、一瞬、菅田将暉さんの声に聞こえたこともありました。今後、仮面ライダーアクセルとなる鳴海亜樹子の旦那、「照井竜」も登場し、レギュラーメンバーが一通り揃うという感じですね。

それなりに期待していたのですが、思った以上に素晴らしい作品に仕上がっているアニメ『風都探偵』。このペースだと単行本の第4巻くらいで今シーズンは終わりそうですね。そのあとも制作されるかも気になってしまいます。

今回は以上です。

 

コメント