ウィッチャーシリーズの基本から!そもそも『ウィッチャー』ってなんなの?

エンタメ

以前からゲームの『ウィッチャー3 ワイルドハント』について紹介したいと思っていて、なかなか内容をまとめられずにいたのですが、先日、PlayStation5版Xbox Series X版『ウィッチャー3 ワイルドハント』の発売が決まったというニュースがあったので、これを期に『ウィッチャー3 ワイルドハント』の魅力についてご紹介したいと思いました。しかし『ウィッチャー3 ワイルドハント』についてはあちらこちらでその魅力を伝えられています。もちろん、私なりにゲームの内容を紹介したいのですが、プレイした私は『ウィッチャー3』だけではなく、『ウィッチャーシリーズ』そのものの虜となりましたので、ゲームの紹介の前に『ウィッチャーシリーズ』についていくつかご紹介をして、そのあとでゲームについての魅力を紹介できればと思います。ということで、今回はウィッチャーシリーズの基本についてご紹介します。

 

そもそも『ウィッチャー』ってなんなの?

では早速、『ウィッチャー』ってなんなのかを紹介したいと思います。『ウィッチャー』は1986年にポーランドアンドレイ・サプコフスキが発表した小説が原作となっています。日本語に翻訳されていない短編集が3冊日本語に翻訳されハヤカワ文庫より発売されているのが「ウィッチャーサーガ」と呼ばれる長編が5冊発行されています。この原作を元にゲームやNetflixドラマ、コミックスと幅広くメディア展開されている世界的に人気のある作品です。最近ですとNetflixのドラマが非常に話題となりました。ファンタジー世界を舞台に、怪物退治を生業としている“ウィッチャー”のゲラルトを主人公とした物語です。個人的に珍しいと思ったのが、原作の小説の物語のあとの話をゲームで制作しているという事です。原作があるゲームというのは、世の中にたくさんありますが、その場合ゲーム完全オリジナルのストーリーか、原作に沿ったストーリーをでゲーム化されるパターンはよく思います。しかし『ウィッチャー』のゲームは原作の続編になっています。なので、原作に出ていたキャラクターもゲームで死んでしまうような展開もあります。また、これから紹介するのですが、原作から続く物語の中心人物が主人公のゲラルトを含む3人います。しかし、ゲーム1作目ではゲラルト以外一切登場せず、2作目でようやくその存在を回想で触れ、3作目でようやく登場させているというかなり思い切った構成に非常に驚きました。私は『ウィッチャー3 ワイルドハント』にて初めてウィッチャーシリーズに触れ、興味を持ったのですが、その後でいろいろ知っていくと、『ウィッチャー3』に登場する中心人物が前2作ではでてこない事に大変おどろいたものです。ポーランドの文化ではわりと常識なのかもしれませんが、日本ではまずみないパターンですね。

 

どんな世界観の作品なのか

ベタといればベタですが、良く見るファンタジーな世界観です。人間を始め、エルフ、ドワーフ等の非人間族が暮らし、魔法やモンスターが存在するRPGなどでよく見る世界です。ただ、その上で人間の醜い部分やこの世界観独特の差別や暴力が描かれ、さらに政治や戦争などの背景をしっかりと描いている大人向けのダークファンタジーとなっています。映画の『ロード・オブ・ザ・リング』の世界観でもう少し魔法や呪い寄りの世界観といえば分かりやすいかもしれません。いろんな国が存在しているのですが、この世界でもっとも勢いのある国は『ニルフガード帝国』。Netflixのドラマでもゲームでも必ずこの国の名前がでてきます。まあ『帝国』って名前を使って良いイメージな扱いをした作品ってあまりないですよね。つまりそうゆう国です。

 

タイトルのウィッチャーって何者?

ウィッチャーはこんな世界の中で、怪物退治を生業としている人たちです。怪物と戦うわけですから、普通の人間というわけではありません。たいがいのウィッチャーは子供の頃に、魔法と変異誘発剤によって遺伝子レベルで体が変異していて、様々な耐性がついています。依頼を受ける形で、怪物や魔物の脅威から人々を守るために戦う人です。武器はメインに鋼と銀の剣を1本ずつ持ち、モンスターには銀の剣をそれ以外の敵には鋼の剣を使用します。そして『印』というさまざまな種類の魔法と、自ら調合した霊薬を使って怪物と戦っています。危険な怪物と戦うので、本来なら民衆から感謝されても良さそうな存在なのですが、この世界でウィッチャーは迫害の対象とされています。街を歩けばつばをかけられたり、気持ち悪がられたり、影のヒソヒソ話されたりします。

ウィッチャーシリーズの中心人物

ウィッチャーシリーズは物語の根幹となる中心人物が3人います。その3人をとりあえず紹介します。

ゲラルト

ウィッチャーシリーズの主人公です。小説とその物語を映像化したNetflixのドラマ、そしてCD PROJEKT REDで制作されたゲームもすべてこのゲラルトが主人公です。『リヴィアのゲラルト』『白狼』『ブラビケンの殺し屋』と色んな呼び名があり、ゲラルト本人はよく『リヴィアのゲラルト』と名乗っています。この世界ではかなり有名なウィッチャーのようで、行く先々でその存在が知れ渡っています。性格は基本的には無口なのですが、親しい人たちとは、フランクに話していたりします。一見、冷たいように見えますが、報酬がなければ依頼は受けないと言いつつも、時折、弱者を助ける優しさを見せます。とにかく渋くてカッコ良いオッサンです。ゲームだと少し年齢を重ねたイメージですが、Netflixのドラマでは、ヘンリー・カヴィルが演じているので、少し若めに見えます。

 

シリラ

通称はシリ。このシリーズは彼女のためのストーリーといっても過言ではないくらいの重要人物。この世界にあるシントラ王国という国の女王の孫娘。そして、そんなシントラ王国を滅ぼしたニルフガード帝国の皇帝エムヒルの娘でもあります。どうやら“古き血脈”と呼ばれるエルフ族の血縁にあたり、“源流”と呼ばれる強大な魔力の持ち主。まあ、とにかくすげー能力を持っている女の子ってことです。もともとシントラ王国で育ちましたが、ニルフガード帝国が攻めてきた際、戦火に燃える町から命からがら逃げ延びました。逃げた彼女を保護したのがゲラルトで、以後ゲラルトを父のように慕います。ケィア・モルヘンでウィッチャーとしての訓練を積んだ後、イェネファーによって魔法の訓練もうけます。Netflixのドラマでは、フレイヤ・アーランという女優さんが演じています。

 

イェネファー

通り名は『ヴェンガーバーグのイェネファー』強力な魔法と美貌を持つ女魔術師です。交渉術にも長けていて、何かと政治絡みの話にやたらと顔を出します。結構目的のためなら手段を選ばない場面もあり、かなり気の強い女性です。かつて強力な精霊ジンに囚われていたところをゲラルトに助けられたことをきっかけに、ゲラルトの恋人になります。イェネファーもゲラルド同様にシリの事を娘のように思っていて、シリに魔法を教えます。ちなみにウィッチャーも魔術師も子供ができない体になっています。Netflixのドラマでは、アーニャ・シャロトラという女優さんが演じています。

以上の3人がウィッチャーシリーズの中心となる人物です。

 

Netflixのドラマってゲームとどうゆう関係?

さて、ざっくり基本的な事だけを紹介しましたが、結構話題になったNetflixのドラマの『ウィッチャー』はゲームとはどんな関係なのでしょうか。Netflixのドラマは小説を元に映像化された作品です。しかも日本語で翻訳されていない短編小説を映像化しているので、字幕や吹き替えなどの日本語で鑑賞できるのはこのNetflixが初となります。そしてゲームの『ウィッチャー』は、冒頭でも伝えましたが、小説の物語の後の話です。上で紹介した3人の中心人物はNetflixのドラマでも、ゲームでも同一人物として考えて問題ないと思いますが、それぞれ描かれている時代が違います。Netflixのドラマで描かれたストーリーはこの物語の年号でいう1240年~1263年の出来事です。そしてゲームの最新作となっている『ウィッチャー3 ワイルドハント』で描かれているのが1272年。簡単にですがまとめると以下のような感じです。

となります。つまり今回の記事で度々触れているNetflixドラマ版は物語の最初。ゲーム版の『ウィッチャー3 ワイルドハント』はウィッチャーの時間軸で最後の作品になっています。

Netflixのドラマが配信されたあと、ニンテンドーswitch版の『ウィッチャー3 ワイルドハント』が結構売れたという話もありました。シーズン1のラストを観ると先のストーリーが気になるのも頷けます。正直私も実際に視聴するまで、期待していなかったのですが、Netflixのドラマは予想を超える面白さでした。

 

Netflixドラマ『ウィッチャー』シーズン2は撮影は完了

今回はまず触りとしてウィッチャーシリーズの基本のみをまとめました。この基本を元に、これからいろいろ記事を書いていく予定ですが、今後、小説版のウィッチャーはNetflixのドラマで、その先が描かれていきます。そして先日、シーズン2の撮影が終了し、それに関わる画像がいくつか公開されています。配信する日程はまだ発表されていませんが、撮影が終了しているのならば、そんなに遠くない内に公開してくれると思います。

『ウィッチャー3 ワイルドハント』までのストーリーとは!PART1-小説編
おそらく『ウィッチャー3 ワイルドハント』をなかなかプレイしない人たちの多くがナンバリングの『3』というのが気になっているのではないでしょうか。今回はざっくりではありますが、『ウィッチャー3 ワイルドハント』までのストーリーをまとめていきたいと思います。Part1は小説のストーリーをまとめています。

コメント