アルツハイマー治療薬「アデュカヌマブ」をFDAが承認!!

時事問題

米食品医薬品局(FDA)は6月7日に、アメリカの製薬会社バイオジェンと日本の大手製薬会社エーザイが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」を承認したと発表しました。この治療薬はアルツハイマー病の原因と考えられている物質を除去する働きがあり、世界初の根本治療薬になると期待する声があります。両社は、高齢化で患者が増えている日本での使用に向け薬事申請していて、審査の行方が注目されています。実は私の母も認知症で、現在施設に入っているのですが、今回のこのニュースには大きな期待を感じずにはいられません。

 

アルツハイマー病について

アルツハイマー病は、発症する約20年前から脳内に「アミロイドベータ(Aβ)」と呼ばれるたんぱく質の「ごみ」が徐々にたまることで神経細胞が死滅し、思考や記憶の機能が損なわれると考えられているとの事。世界では数千万人の患者がいると推測され、日本では約500万人いる認知症患者の6~7割はアルツハイマー病と言われています。これまでの治療薬は、病気の進行を遅らせるものが中心でした。現在では日本以外でも高齢化が進んでいるらしく、世界中の大手製薬企業がアルツハイマー病の治療薬の開発を目指してきましたが、十分な効果が得られなかったなどで開発中止が相次いでいたそうです。今回話題となったこの「アデュカヌマブ」は、Aβを人工的な抗体で除去する点滴薬とのこと。両社によると、軽度認知障害(MCI)と診断された人と、アルツハイマー病の初期症状の患者を対象とした治験にて、この薬を使った人とそうでない人を比較したとの事。その結果、薬を毎月1回投与された人は認知機能の低下を抑制したとされているそうです。日本では昨年12月、厚生労働省に薬事承認を申請したとのこと。元の記事はこちら。

 

アデュカヌマブの今後

高齢社会を迎えて今回のこのニュースには期待が膨らみますが、消費者が通常の生活を行う際に接する機会がある様々な製品(食品、医薬品、動物薬、化粧品、医療機器、玩具など)の安全性・有効性を確保するための機関の『FDA』の審査で有効性を巡って否定的な見解も出ていたという情報もあるそうです。また、「アデュカヌマブ」はバイオ医薬品であり、研究開発期間が長いことから高額な薬となるとも言われていて、手放しに喜べるという状況ではまだなさそうです。しかし、現在の日本では介護も大きな問題の1つですので、今回のこの「アデュカヌマブ」は、我々にとって良い結果をもたらしてくれることに期待したいです。

 

なんで『JUDGE EYES』?

さてアイキャッチの画像みてなんでだよ!ってツッコミがありそうですが、何度か本ブログでも紹介し、先日最新作が発表された“キムタクが如く”といわれているゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』の物語の根幹部分が、アルツハイマーの特効薬にまつわる物語だったりします。なので無理矢理というわけではなく、今回のニュースを聞いてすぐ頭に浮かんだのが、このゲームだったのです。こちらの方はもちろんフィクションで薬品名も『アドデック9』という架空の物ですが、ゲーム中でも「日本で認知症の方って何人いるかご存知ですか?2012年の時点で462万人。これが2025年には700万人、予備軍を含めると1300万…国民の9人の1人です」という情報が聞けたり、「現時点で施設はいっぱい。60過ぎの方が認知症の親を家で見ているケースも…」と言ったように現代の日本の問題を鋭く扱っています。物語はこの薬を巡って大きな事件へと発展してしまいます。フィクション内でも難しい薬として扱われているくらいですから、今回のニュースはかなり凄いことだとわかります。

さて、今回も飛び込んできたニュースに感動し、いつもとは違った記事の紹介となってしまいましたが、介護施設にいる母を思うと反応せずにはいられませんでした。できるだけ早くこの「アデュカヌマブ」が実際の患者に使用されることを願っています。

コメント