みんな我慢の限界!「お盆の旅行・帰省原則中止」にSNSが大荒れ!

時事問題

全国知事会が8月1日、夏休み中の都道府県境をまたいだ旅行や帰省を原則中止、または延期とすることを呼び掛けたことに対し、国民からの不満の声がSNSで飛び交っています。オリンピック開催中のこの呼びかけに1日から1夜明けた現在に至っても、ツイッター上では「帰省原則中止」がトレンド入りするなど、SNSでは国民たちの怒りの声は収まらない様子です。

全国知事会は8月1日に公表した取りまとめで、お盆など夏休みシーズンを迎えるタイミングで、都道府県境をまたぐ不要不急の旅行・帰省について、「行かない」「呼ばない」「延期」「原則中止を」などと呼び掛けました。この呼びかけに多くの国民が怒りをSNSなどでぶちまけています。そもそも現在の感染者の増加は、オリンピック開催がきっかけなのは間違いありません。ここでいうきっかけというのは、オリンピックで感染者がでているという事ではなく、緊急事態宣言下でのオリンピック開催という矛盾が若者たちが自粛しなくなったきっかけにはなっているという事。開催前にオリンピックの「中止や延長」をという多くの国民意思の中でオリンピックは開催されました。そんな形で開催されたものだから、オリンピックが経済活動再開の合図と国民は受け止め、それぞれの心に「大丈夫なんだ」という気分が拡がってしまったと思われます。そして現在のように若者を中心に、感染が拡大していったと私は思っています。そこでまた帰省についての自粛の呼びかけ。怒ってしまうのも無理有りません。中には「県をまたいではいけなくて、国境はまたいでもいいのか」などと、明らかにオリンピックにかこつけた書き込みも見受けられました。SNSでは他にも「あなた達は何の為に高齢者のワクチン接種を一生懸命やったのか」「いつまでも大人しく従うと思うな」「大運動会で盛り上がってくるくせに何言ってんだか、冗談は顔だけにしておけ」などといった声が寄せられています。・・・顔については誰に向けてなんでしょうか?気になります。

 

まずタイミングが悪すぎる

全国知事会が呼びかけたのは8月1日。お盆まで2週間ありません。人によっては新幹線や飛行機のチケットをとってしまっていると思います。コロナに関しては毎回そうなんですが、国の判断や呼びかけのタイミングが遅すぎです。あからさまな場当たり的な対応のため、それまで準備してきたことを、思いつきのような発言で毎回振り回されるはたまったものでは有りません。昨年の夏は全国が自粛ムードになっていて、帰省した人やアウトドアを楽しむ人がいたりすると、いわゆる“自粛警察”と呼ばれた人たちによってかなり非難されていました。あれから1年たってまた同じ事をしろという国の姿勢に、さすがに今年は自粛警察もおとなしいかと思います。もちろん、現状を見ると理屈では県をまたいでの移動はしない方がいいと判っていいます。判っていはいますが、2年連続で同じ状況ですと流石に言う事聞かない人は出てくると思いますし、その人の事も責められないというのが私の印象です。ワクチン接種は始まりましたが、その他はなんの対策をされていないのは事実で、それでもオリンピックに関しては強行したので、もはや緊急事態宣言にはなんの緊張感も感じなくなっていると思います。

 

政府への不信感

そもそも今年1月の緊急事態宣言を発令中の深夜、与党の幹部が東京の銀座のクラブに出入りしていたことが発覚したり、4月に厚生労働省の職員23人が深夜まで飲食店で送別会をして、そのうち6人が新型コロナウイルスに感染してしまうなど、国民には我慢させ自分たちはしたいことをしているように見え、政府・与党への国民の不信感は募りまくっています。飲食店に対する時短営業についても、協力を求めるばかりで充分な補償などをしていない状況がずっと続いていて、閉店してしまった店がたくさんあります。ついこの前までも、今は公開されていますが、劇場や演芸場、イベントは時短と、上限5000人かつ収容率50%の人数制限を条件に観客を入れての開催が可能としながらも、映画館はダメというよくわからない線引をしたり、なんでそうゆう線引になったのか説明もなく、どこまでこういった対応を続けるのか、約束もしなければ目標もはっきりと示さない中、ただ我慢しろ!というのにはもうさすがに限界だと思います。これだけ国民の不満の声があるにも関わらず、一切現在もその姿勢を崩さないのは呆れてしまいますね。

どうなればおさまるのか

専門家の話によると新型コロナウイルスがなくなる事はないとの事。なくなりはしませんが、ワクチン接種が進み、ある程度感染者数がおさえられれば、現在のインフルエンザや風邪のような扱いになり、国を上げて自粛やステイホームなどはなくなると言います。専門家がこう言っているのですから、政府・与党はそうするための予定やロードマップなどをしっかり作って、国民にわかりやすい目標などをしっかりと明らかにして欲しいところです。増えたから緊急事態宣言、減ったから解除、でもオリンピックは絶対にやって、身内からは不祥事がいっぱいでる。こんなメチャクチャな事ばかりしていて、今回の「お盆の旅行・帰省原則中止」を国民のみんなが納得できると思ってるのでしょうか。今回SNSでの飛び交った怒りの声は、これまで我慢とこういった政府の所業に対して溜まってたものがついに爆発した・・・そんな印象を受けました。

腹が立つし、納得がいかない事とはいえ、医療機関の逼迫の事を考えると、それでもやはり自粛は大事だと思います。私も今週末に家族で出かける予定でしたが、それもキャンセルしました。みんな必死で我慢しているので、国にはもう少しそういった部分に歩み寄ってほしいと1年以上感じています。
今回は以上です。

関連記事

ワクチン打つといい事あるの?メリットとデメリットとポカリスエット!

ワクチン打つといい事あるの?メリットとデメリットとポカリスエット!
現在、ワクチンに対するいろいろな意見が出回っていて、ネガティブな噂を耳にするとどうも接種することに躊躇してしまいます。。今回はあくまで私の見解を含むのですが、ワクチンを接種する事に対して、なんとなく面倒な言い回しをしている部分を、少し砕いてそのメリットとデメリットをお伝えします。

コメント