一線を越えだした転売ヤー「にんにく背脂」「ペット療法食」にまで

時事問題

かつてはコンサートのチケット、そしてコロナ流行時にはマスクを定価以上の価格で販売し、ユーザーたちから批判されてきた転売ヤー。最近ではゲーム機やガンプラなどをターゲットにしている相変わらず勢いは収まっていないようです。当サイトでもガンプラに関しての転売については、何度か紹介してきました。ガンプラに関してもいろいろ思う所はあったのですが、とうとうそのターゲットの範囲が食品にまで広がってきていて、さらにペットの命に関わる商品にまで及び始めました。今回は転売ヤーの新たなターゲットなった商品についてと、その問題についてご紹介します。

「HGナイチンゲール」転売&返品問題!ガンプラは転売に向かない
ここ最近、『ガンプラ』の転売が頻繁に行われていて、転売目的で買い占めた人が、定価以上の価格でメルカリなどに出品することが、ネットで常に話題になっていました。今回問題となったガンプラはHGUCの『ナイチンゲール』。しかし、つい先日、バンダイから再販の一報があり、普通に買えるようになってしまうため、在庫を抱えた転売屋の人たちが返品し始めたという噂が流れています。

 

エスビー「にんにく背脂」

エスビー食品から2021年8月9日に発売された「にんにく背脂」も、現在メルカリで高値で販売されていると話題になっています。この商品、公式サイトによると「旨味の強い粗切りにんにくと、背脂醤油の濃厚な味わいが特徴」という具入り調味料。「料理がラーメンスープのような味になる」「中毒性が高い」と、ツイッターなどSNSで話題になり、私も個人的に非常に興味のある作品。かつて桃屋から「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が発売した当時も話題となり、品薄でなかなかお店で見つけることができませんでした。今回のこの「にんにく背脂」も同じように、エスビー食品の公式オンラインショップや、通販サイトで在庫切れの状態で、店頭でも売ってないとの事。
この「にんにく背脂」は348円(税込)なのですが、フリマアプリ「メルカリ」では3個1900円、2個1600円といった価格で転売されているようです。

 

食品にまで及ぶ転売

今回ヒット商品となった「にんにく背脂」は食品です。食品の転売となると、中古商品の扱いとは、また別の問題がありそうな気もしますが、今は一時的に買えなくなっているだけで、製造中止ではないので待っていればすぐに供給されると思います。またこのようなヒット商品の場合、別のメーカーから似たような物がすぐに販売する事も多いので、すぐに飛びつかなくでも大丈夫だと思います。そもそも賞味期限、消費期限のある食品の管理を、一度他人に預けた物は気持ちが悪いので買いたくないのではないでしょうか。今回のような一時期だけ品薄になるたび、こういった転売に絡む状況を見ているのも正直うんざりしますね。ただ待ちさえすれば、わざわざ高額で購入しなくても問題ないので、転売で購入するのは控えましょう。

 

療法食もターゲットに!

新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増えて世界的にペットブームが起き、需要が急増しはじめた「療法食」が現在品薄になっているそうですが、そんな状況をさらに悪化させているのが、これまた転売ヤーとのこと。
「療法食」とは、腎臓や心臓、消化器、皮膚などの病気の治療のために与えられる特別なペットフードのこと。疾患に合わせた栄養バランスの調整や、食欲が低下している犬や猫でも食べたくなるような香りや味の調整など、商品開発に多くの時間を要する商品で、今回のように供給不足になっても、すぐに補うことは難しいそうです。
現在、そんな大事な商品を転売ヤーが買い占めを行い、フリマアプリなどで定価の数倍もの高額で転売されているそうです。例えば、犬の消化器疾患の療法食の缶詰が約10倍の値段の3500円で出品されています。
こういった原因は「せどり」に関する複数の情報サイトによるもので、「療法食」については“転売で高い利益の出る商品”として紹介されているらしく、「療法食」がどうしても必要な飼い主は、しかたなく高額で転売品を買ってしまっているとのこと。

 

転売によるモラルの崩壊

コロナ流行時のマスクについてもすでにそうでしたが、もはやモラルや道徳というものがなくなり初めていますね。例えばゲーム機やガンプラに関しては娯楽の範囲なので、転売してもそこまで問題ではありませんが(イヤイヤ、問題ですけど)、こういった商品はペットの命に関わる商品です。はっきり言ってこういった転売は、商売ではなく、人の足元を見るための行為です。たかが数千円の為に人から恨みを買うような事して割に合うのでしょうか。かつてはここまで転売行為というのは横行していませんでしたが、現在はネットが普及し、フリマアプリの登場で、こういった「せどり」や「転売」が一般の人でも容易く可能になったのだと思います。そして情報発信しているサイトやYouTubeなどを視聴したユーザーが専門的な知識なく、こういった転売行為に及んでいるので、その数が増えていっているんだと思います。手軽に稼げるという理由で、増え続けている転売行為。どんな商品にせよ、まず人としてどうなのか?という部分をせめて強く持ってもらいたいと強く感じます。

ついにラインを越え始めた転売ヤー。問題なのは“転売”そのものではなくて、買い占めて他の人が買えなくなってしまう事です。チケットの時のように何かしらの規制や法的処置を急いでほしいですね。

今回は以上です。

コメント