絶賛拡散中!必見!ガンダムベースに現れた転売ヤーの行動が話題に!

時事問題

バンダイ公式のガンプラ総合施設「THE GUNDAM BASE」で大量のガンプラを購入する転売ヤーが目撃され、現在Twitterを中心に拡散され、話題になっています。場所はユニコーンガンダムの立像で有名なお台場のガンダムベース東京。ガンダムベース東京では「一度の会計で25点まで」というルールがあるので、この転売ヤーは車とレジを何度も往復しているようです。その様子は以下のTwitterを御覧ください。

このツイートをした人以外にも、この人の目撃情報はたくさんあるようで、新作ガンプラの発売日にほぼ必ず現れるとのこと。とても趣味で購入する量ではないので、明らかに転売目的だと思われます。ガンダムベースはこの店限定の商品も多く、東京以外だと福岡にあるだけなので、その他の地方の人に転売するのが目的なのでしょうか。




 

ちなみにガンダムベースとは?

ガンダムベースは、全世界のガンプラファンに向けた公式ガンプラ総合施設。ガンプラ工場を再現したエリアや、買ったガンプラを作ることができるエリアなどもあり、最新アイテムなど世界で最大級のガンプラを扱っている店になります。少し前に『HGUC 1/144ナイチンゲール』を転売し、勝手な言い分を文章にしてメルカリにて転売した人もこのガンダムベースまで買いに行ったそうです。

常にガンプラの最新アイテムが集中するため、ファンではない転売ヤーのまとになっている店でもあるわけですね。前述で説明した通り、ガンダムベースの限定商品も多数あります。基本的には、すでにリリースされている商品の成形色変えの物が多かったりするのですが、『フルメカニクス 1/100 フリーダムガンダム Ver.GCP』は、色変えだけではなく、新規金型の商品となっていて、9月18日より発売されます。しかし、この商品はガンダムベース以外でも、プレミアムバンダイでも受注していますので、転売ヤーから購入しなくても、正規の金額で購入すrことができます。転売ヤーから買わないように注意しましょう。

 

ちなみに『フリーダムガンダム Ver.GCP』も紹介

ガンダムベースで限定販売となる(プレミアムバンダイでも買える)この『フルメカニクス 1/100 フリーダムガンダム Ver.GCP』についても紹介しちゃいます。「フルメカニクス」というブランドは、かつて「鉄血のオルフェンズ」の1/100シリーズで使用されていたブランドで、最近新ためられた「MG」とは別のディテールと組み立てやすさが売りの1/100のブランドとなります。わからなくなるので、もう増やしてほしくはないのですが・・・。ガンダムSEEDのフルメカニクスの第一弾として『カラミティガンダム』がすでに発売されていて、第二弾としてガンダムベース限定で上海の実物大フリーダムを元にしたキットがこの『フルメカニクス 1/100 フリーダムガンダム Ver.GCP』です。「MG」に比べパーツ数も少ないので、手軽に1/100のフリーダムが欲しい人に向いています。ちなみに「Ver.GCP」のGCPは「Gundam China Project」の略です。中国に作られた実物大フリーダムをベースとしているので、ディテールやギミックは本来のフリーダムと微妙に違っています。

価格は4,400円。ちなみにフリーダムガンダムは「MG」でも2種類発売されているの、このガンプラが高額で転売されていたのなら、もっと出来のいい「MG」の方がお得です。Ver.2.0でも定価は4,950円なので、転売ヤーなんかから買わないようにしましょう。

 

ガンプラは再販される

それでもどうしても『フリーダムガンダム Ver.GCP』が欲しい場合でも、高額で転売ヤーから買わなくてもガンプラは再販されます。静岡工場でガンガン射出されているので、少し待てば店頭に並びます。なので急いで転売ヤーからは買わないようにしましょう。ちなみにですが、ガンプラの中でも唯一の絶版品があります。それが一番最初に「HG」のブランドで発売された「HG 1/144 RX-78 ガンダム」。この商品は金型(プラモデルの型)の劣化により、生産することができなくなり、現在はもう作られていません。当時定価1,000円で販売されていましたが、この商品に限っては定価以上の価値があるかもしれません。1/144スケールながら、多色成形、スナップフィット、コア・ファイターの分離変形を取り入れるなど、発売当時は今でいう「RG」くらいの価値があったのですが、今見るとプロポーションや可動は結構厳しいです。現在は代替え商品で「HGUC」が発売されていて、当たり前ですがそちらの方が出来がいいので、骨董品感覚でないかぎり、この旧「HG 1/144 RX-78 ガンダム」は無理に購入する必要はないです。逆にいうと、この商品以外は今でも購入できるので、慌てなくて大丈夫です。

今回の騒ぎでどうするかはわかりませんが、『フルメカニクス 1/100 フリーダムガンダム Ver.GCP』の発売日(9月18日)にも、この転売ヤーはガンダムベースに現れるでしょうか。逆にそれを見に行くというのも面白いかもしれませんね。

今回は以上です。

コメント