ガンダムがついにNetflixで実写化!監督はジョーダンヴォートロバーツ

エンタメ

もはや日本では、知らない人はいないと思われる『機動戦士ガンダム』がNetflixで実写映画化するというニュースが舞い込んできました。監督は映画『キングコング:髑髏島の巨神』の監督をしたジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督。脚本はブライアンK.ヴォーンという人ということも発表されています。実写化自体はまったくなかったわけではありませんが、しっかりとした映画としての映像作品として作られるはおそらく初めてになると思われます。個人的にはせっかくNetflixでの実写化なので、連続ドラマでみたかった所ですが、いずれにせようれしいニュースではあります。ただ、海外での映画化のニュースは発表された後に立ち消える可能性も高いので、不安ながら見守りたいと思います。

 

どんな作品になるか

これまで『ガンダム』についての記事をたくさん扱ってきた当ブログとしては、やはりその内容が気になる所。連続ドラマではなく、映画として制作されるという事なので、本来の原作である『機動戦士ガンダム』に則した内容になるのは少し考えづらいですね。かといって、劇場オリジナルで制作された『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』や『機動戦士ガンダムF91』がいきなり実写化するのも考えにくいです。なので個人的に予想するのは、『ガンダム』のデザインや設定を使った完全オリジナルになるような気がしています。そうなると『ドラゴンボール』や最近映像化された『モンスターハンター』などこれまでの実写化の経緯から、作品としてはあまり期待できないかも・・・。そしてもう一つ予想するのは、ガンダムシリーズの中で最初にアメリカでヒットした『機動武闘伝Gガンダム』の実写化個人的にはこの線が有力だと考えています。というのも、ガンダムシリーズは何度も海外に輸出されていましたが、どこの国でも日本ほどはヒットしませんでした。しかし、内容を戦争ではなく、ほとんど格闘技として扱った『機動武闘伝Gガンダム』が大ヒットしました。この作品を期に、他のガンダム作品が海外のファンに知られていきました。今回監督となったジョーダン・ヴォート=ロバーツのこれまでの作品を考えると、アクションは格闘のほうが得意そうなのと、映画一本にするのに物語が作りやすそうな所から、個人的にはこの『機動武闘伝Gガンダム』が実写化されるのではと見ております。いずれにせよ、オリジナルならオリジナルでもいいのですが、しっかりとした面白い作品になることを強く願っています。

 

これまでのガンダムの実写

これまでガンダムが『ガンダム』の作品としてではないにしろ、CGなどで実写作品に登場した事がこれまでに何度かあります。そのいくつかをご紹介しましょう。

レディ・プレイヤー1

ハリウッド映画の超巨匠スティーヴン・スピルバーグが制作したヴァーチャルゲームの世界を舞台とした映画『レディ・プレイヤー1』で、クライマックスの戦いで、主人公の仲間の1人ダイトウがガンダムになって戦うシーンが描かれています。ビームライフルはもってないのですが、ビームサーベルを抜いて斬りかかるなど、かなりのアクションを見せてくれました。

 

ガンダムビルドリアル

ついこの前にYoutubeのバンダイチャンネルにて公開された、ガンプラをつかったゲームバトルの実写ドラマにて、ガンプラを使用したバトルシーンにて、かなり気合のはいった戦闘シーンが見れます。第1話はRX-78-2のファーストガンダムとRX-0ユニコーンガンダムのバトルですが、何話まで制作されるかわかりませんが、このクオリティでこれから続くのであれば、かなり期待したいですね。

 

G-SAVIOUR

こちらは完全な実写ドラマとして制作され、特番として放映されました。おそらくもうなかったことにしたいのではないかと思われる作品。『ガンダム』という名前がついてないのですが、設定としては宇宙世紀0223年。ちなみに現時点のアニメでの映像作品として描かれている宇宙世紀の最も未来なのが『機動戦士Vガンダム』の宇宙世紀0153年。このGセイバーはそれよりあとの世界みたいですね。当時はプラモデルも展開するなどして、バンダイもそれなりに力をいれていたみたいです。

 

GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH

ガンダム界隈では、もはや伝説となっている初代プレイステーションでファーストガンダムの世界観で作られたアドベンチャーゲーム。モビルスーツの戦闘シーンなどはCGで描かれていますが、人などは実写でシャアの役の人のアゴが割れているという事で話題となりました。ゲームとしてはかなり厳しかったようです。

Netflixでは私の大好きな『ウィッチャー』がかなり面白く制作されていたので期待したいです。他にも『幽遊白書』や『カウボーイビバップ』なども予定されているので、今後が非常に楽しみです。

コメント