『あの花』テレビシリーズから10年を記念して劇場版がイベント上映決定!!

サブカル

テレビシリーズ放送から今年でちょうど10年を迎える『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通称:あの花)』。その10周年を記念して、最終話を放送した日の10年後にあたる、6月23日(水)に新宿バルト9にて、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の上映実施が決定しました。この上映では、本作の監督を務めた長井龍雪監督と、ぽっぽ役の近藤孝行さんのトークショーも実施されるそうです。この上映会の開催を記念して、『あの花』のオープニング主題歌となるGalileo Galileiが歌う『青い栞』のノンテロップのオープニング映像も特別公開されました。

上映会情報

上映日時:6月23日(水)18:45~ (終了予定20時45分頃)
上映作品:劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
場所:新宿バルト9
登壇者:長井龍雪、近藤孝行、吉田尚記(MC)

チケット料金:2,000円
特典:特製ポストカード ※特別興行の為、各種割引適用不可
購入枚数制限:2枚

©ANOHANA PROJECT

 

『あの花』から10年

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、2011年4月から6月までフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送された全11話のテレビアニメ作品です。『あの花』の略称でファンの間で親しまれていた名作。幼い頃に死んだはずの少女がある日、幽霊として主人公の前に現れ、その少女の願いを叶えるために、一度はバラバラになった仲間たちと団結していくのが大まかな話なのですが、登場人物一人一人の心情や思いが丁寧に描かれた作品で、物語のクライマックスは誰もが涙したのではないかと言われているほど、語り継がれている作品です。埼玉県秩父市が舞台になっていて、実在する建物や風景などが多く登場し、あえてその場所を当初は公表していなかった事も話題になりました。2013年8月には、後日談を追加した劇場版が公開され、2015年9月には実写ドラマも放送さました。

『あの花』のあらすじ

高校生になってから、引きこもり生活を送っていた主人公の宿海仁太、通称“じんたん”の元に、ある日、小学校時代に死んだはずの幼馴染の本間芽衣子、通称“めんま”が現れます。じんたんは、めんまから「お願いを叶えて欲しい」と頼まれます。めんまの願いを叶えれば、めんまは成仏できると言います。しかし、その願いがなんなのか思い出せないと言うめんま。最初は幻覚だと思おうとしたじんたんでしたが、かつてのように振る舞うめんまを無視することはできず、現在では疎遠になっていた小学校時代の仲間である、あなる(安城鳴子)、ゆきあつ(松雪集)、つるこ(鶴見知利子)、ぽっぽ(久川鉄道)の4人にも声をかけ、その願いを探っていくことになります。しかし、めんまの姿はじんたん以外の人間には見えず、他のメンバーは相手にしてくれませんでした。しかし、めんまが事故で死んだ時にそれぞれのメンバーが感じていた負い目から、次第にじんたんの手伝いをしていくようになります。

 

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

今回イベント上映されることになった『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』はテレビシリーズの総集編ではあるものの、テレビシリーズの1年後の後日談が描かれていて、メンバーが当時を思い出すという形で、テレビシリーズのダイジェストが描かれている作品です。テレビシリーズに結末などは一切変えてないので、映画としても素晴らしい作品になっています。が。もし、まだテレビシリーズを見てない人は映画版を先に見るのはおすすめしません。詳しくは教えられませんが、映画版は冒頭からあのシーンで始まるので、がっつり感動したい人はテレビシリーズから見ましょう。11話なのでサクッと見れます。

 

実写ドラマ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

アニメと同じくフジテレビ系列にて2015年9月に単発のスペシャルドラマとして実写化もされました。当初、余計な事するなよと思いながらも、しっかり見てしまいましたが、実写化としては非常に頑張った作品です。いろいろ省略はされていて、アニメほどではないものの、しっかりと感動できる作品になっていました。なにより、今見てみるとその配役が豪華。主人公のじんたんは、あのUAの息子、村上虹郎さんゆきあつが、トッキュー1号の志尊淳さん(今は普通に役者として超人気なのにあえて特撮に絡めて)、つるこがキョウリュウバイオレットの飯豊まりえさん(こちも特撮なしで超有名)、あなるが松井愛莉さん、ぽっぽが問題を起こすずっと前の高畑裕太さん。じんたんのお母さんが小泉今日子さんだったり超がつくほど豪華なのですが、なにより特筆すべきは、ヒロイン、めんま役が今をときめく浜辺美波さんだったりします。あえて今この実写版を見てみるっていうのもありなのかもしれませんね。

今回のニュースを知って、映画は見に行けませんが、私も『あの花』が見たくなったので、家に保管してあるDVDのソフトを引っ張りだそうと思います。私が珍しくロボット物以外のアニメを見て、マジで泣いてしまった作品。もし、まだ未視聴な方はいい機会なので、見てみるのもいいんじゃにあでしょうか。今回は以上です。

コメント