ガンダムだけじゃなかった!ガンプラEGに『ストライクガンダム』登場!

サブカル

ガンプラ40周年を記念して、いくつか発売されたアイテムの中で、もっとも注目が集まったと思われるEGことENTRY GRADEシリーズ。この最新アイテムに、つい先日映画の新作の発表があった『機動戦士ガンダムSEED』より、前半の主役機である『ストライクガンダム』が発売することが発表されました。

ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム | バンダイ ホビーサイト
ENTRY GRADEシリーズにストライクガンダムが登場!

これまでのバンダイの技術の集大成といっても過言ではないこの『EG』は、低価格ながら、組み立てるだけでほぼ設定と同じカラーリングになり、可動範囲も広く、そしてなにより一番大きい特徴としては、簡単に組み立てられること。ゲートからニッパーなどの工具を使用せずにパーツを取り外せ、接着剤も不要(ってか、最近接着剤が必要なものが珍しいですが)で、シールも無し、パーツの配置もわかりやすくなっていて、昨今プラモデル離れしている若年層がプラモデルを始めるきっかけとしては、名前の通りまさにうってつけの商品。

これまでのEGのラインナップ

これまでガンダムシリーズでは、ファーストガンダムこと、『RX-78-2 ガンダム』のみが発売されていました。ようするにアムロのガンダムですね。それっきり特に続報もなく、ガンダムシリーズ以外で、無可動で『仮面ライダーセイバー』『仮面ライダーゼロワン』『ドラえもん』『ウルトラマンゼロ』『星のカービィ』『名探偵コナン』、ドラゴンボールの『悟空』『ベジータ』と幅広く、割と低年齢層に向けた商品ばかりだったので、ガンプラはそれっきりだと思っていたのですが、ここにきてまさかのストライク。ストライクガンダムは、ファーストガンダム同様、非常に人気のあるガンダムで『21世紀のファーストガンダム』を目指して制作されたガンダムなので、まさに今回のEG化にバッチリあっています。

全部で4種類発売

仕様違いで以下の通り、4種類の商品が発表されていています。

ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム ソリッドクリア

9月下旬発売予定 価格:790円(くじ代)

最初に発売されるのは、なんと一番くじ。装甲が透明になった仕様。最初にクリアカラーで、しかも一番くじって・・・一体どんな戦略なんでしょうか。くじは一回790円なので、よほどじゃない限り、この商品は手を出さなくていいんじゃないでしょうか。ってか、クリアカラーって人気あんでしょうか。私はいらないです。

ENTRY GRADE 1/144 ストライクルージュ(ライトパッケージVer.)

10月下旬発売予定 価格:1,650円

ルージュかよ!ってツッコミたくなる一般販売の最初のアイテムが、なんとストライクルージュ。ストライクの色違いなので、商品化はもちろん嬉しいのですが、なぜルージュが先にこのEGストライクルージュは、スーパーやコンビニで売られるライトパッケージバージョンで、武器はアーマーシュナイダーのみ。ナイフね、ナイフ。それはいいんですが、なんか・・・高くない?どうゆう理由なんでしょうか。なぞです。

 

ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム(ライトパッケージVer.)

12月下旬発売予定 価格:550円

そしてようやくライトパッケージバージョンの普通のストライクガンダムが12月に発売。もともとライトパッケージバージョンが、ファーストガンダムにもあるのですが、武器が付いてない仕様にして、パッケージを箱ではなく、袋にして550円という低価格で、よりライトな層に触れてもらおうという仕様。ガンダム好きな人はやっぱり武器がほしいと所ですが、とりあえずプラモ始めたいって人には、これくらいでもいいかと思います。でも、やっぱ上のルージュの価格おかしいですよね。これの色違いのはずなのに。

ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム

1月下旬発売予定 価格:770円

そして満を持してビームライフとシールドのついた通常仕様のストライクガンダムが1月に発売予定。なんとこの商品にはアーマーシュナイダーがつかないそうです!!HGだと当たり前に付いてくる武器たちが、EGだと分割になってしまうのが辛いですね。価格はファーストガンダム同様で、770円。こうなると定番なのは、ディアクティブモードも発売してほしいですね。あと気になるのは、ストライクの特徴となっている、ストライカーパックの商品化がされるかどうかですね。背中どうなってるんでしょうか。EGは。

今後のシリーズに期待大

画像を見る限り、かなりカッコよく造形されていて、期待が高まります。ファーストガンダムに比べ、黄色いパーツが少なく済む分、デザインも複雑になっているストライクガンダムですが、このEGでここまで仕上げられるのは、本当にバンダイの技術は凄いですね。息子が生まれてから、ちゃんとした模型作りをしていない私ですが、そろそろ復帰したいと考えている所で、このEGストライクのニュース。これを期に今までプラモデルに触れていなかった層にも興味を持ってもらいたいです。今回は以上です。

コメント