『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』物語のネタバレ第1話

サブカル

Nintendo SwitchおよびWii U用のソフトとして発売されたオープンワールドアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。今回はこの名作ソフトの物語のネタバレを紹介していきます。



『ブレス オブ ザ ワイルド』ネタバレストーリー

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は非常に面白いゲームで世界中で超人気作品となりました。その魅力については以前にも紹介しましたが、ゲームもさることながら、物語もすごくジーンとくるものがあります。
今回は続編の発売が予定されているこの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の物語のネタバレを紹介します。数回にわたる非常に長い文章となっていますので、続編から始めたい人や移動中など暇つぶしなどで読んでみてください。物語の順序に関しては、プレイ次第で変わりますので、今回は私がプレイした順でそれっぽく紹介します。各内容の前後に関してはリンク(主人公のリンクじゃないです)などを貼っておくなど見やすくしておきます。では物語の冒頭から。

改めて『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の物語のネタバレとなりますので、プレイする予定の人やネタバレがいやな人はブラウザバックを推奨します。



 

リンクの目覚め

とある場所で主人公の「リンク」は眠り続けていました。眠り続けていたリンクの耳に女性の呼びかける声がしました。その声に応えるようにリンクは目覚めまします。目覚めたものの、リンクには記憶がありませんでした。声の導きに従ってリンクは自分が眠っていた場所のそばにあった不思議な機械を手に入れます。中央のパネルが光る不思議な板状の機械。初めて見るもののはずなのに、リンクは懐かしさを感じていました。
「それは“シーカーストーン”・・・永き眠りから覚めた貴方を導くでしょう・・・」謎の女性の声はその機械が“シーカーストーン”であることを伝えます。その後リンクは自分眠っていた洞窟のような場所から外にでました。すると女性の声は“シーカーストーン”にある地図が示す場所に向かうように言います。自分がリンクという名前以外、何もわからないリンクはシーカーストーンに映し出された地図を頼りに、その場所に向かうことにしました。

 

シーカータワーの起動

目的地に向かっている途中、焚き火をしている老人と出会いました。老人はここが「始まりの台地」という場所でハイラル王国発祥の地だと告げます。そしてそのハイラル王国は100年前に滅んだということも教えてくれました。老人と別れたリンクはシーカーストーンの地図が示す場所に向かいました。途中魔物に襲われましたが、落ちている武器などを拾って使うなどして撃退しつつ、なんとか目的の場所に到着しました。そこには、リンクが眠ってた場所にあったシーカーストーンを手に入れた時と同じような装置がありました。その装置がシーカーストーンをセットするように指示してきました。恐る恐るシーカーストーンを装置にはめると、装置から「シーカータワーを起動します。」とのメッセージがありました。それと同時に地面が大きく地震のように揺れ始めました。揺れと同時にリンクのいる装置のある場所が高く上昇し始めました。思わず倒れてしまったリンク。揺れがおさまって周りを見回すと、リンクのいる装置のある場所は非常に高い塔のてっぺんになっていました。かなり高い所まで上がったので、遠くを見渡すと同じような塔をいくつか確認することができました。動揺していたリンクの元に、またあの女性の声が聞こえます。
「思い出して。貴方は100年の間、眠っていたのです。」声は遠くの城のような建物から聞こえます。その城に禍々しいどす黒い大きな影がまとわりついていました。「この怪物が本当の力を取り戻した時、世界は終わりを迎えてしまう。だから・・・手遅れになってしまう前に・・・はやく・・・。」そのまま女性の声は途切れました。

 

老人との再会

高い塔の上に移動してしまったリンクは、なんとか塔を降りることができました。するとそこへ焚き火で会った老人がパラセールというグライダーのような道具を使って、空から滑空しながら現れました。老人は地面から生えてきた塔はこのハイラルの大地に眠っていた力が呼び覚まされたのだといいます。そして老人はリンクが塔の上で目にしたあの城を指していいました。塔の上でみた禍々しい魂。その名前は「厄災ガノン」。今から100年前にこの地にあった国「ハイラル王国」を滅亡させた元凶だといいます。100年前に突如現れ、国を滅ぼし、多くの民の命を奪ったといいます。そして100年間、王国の象徴であるハイラル城に、黒い魂の姿でとりついたまま、その動きを止めているといいます。リンクは塔の上で聞いた城からの声が気になっていました。そんなリンクに老人はここ「始まりの台地」は陸の孤島で、周りは断崖になっていて、落ちれば命はないと言います。「始まりの台地」から出る方法はないかと聞くと、老人が使っていたパラセールがあれば、外の陸地に降りることができるとも言います。老人は自分が出す課題をこなせば、そのパラセールをリンクにくれるといいます。

老人の正体

それからリンクは老人が指示する「祠」と呼ばれる場所でいくつかの試練を乗り越えていくとになりました。リンクはいろんな仕掛けが施された「祠」の試練を乗り越えていく度、シーカーストーンの眠っていた様々な能力を手に入れていくことになりました。シーカーストーンから爆弾を作り出し、リモコンで起爆できる「リモコンバクダン」、鉄でできた物を遠くから動かすことができる「マグネキャッチ」、動くものや魔物であってもほんの少しの間動きを止めることのできる「ビタロック」、水があればそこに氷の柱を作ることのできる「アイスメーカー」の4つの機能を復活させます。
そんな試練をこなす最中、一つの祠の近くに、朽ち果てた不思議な形の機械がありました。リンクが近づいた時、その機械が突然動き出し、目のような部分から強力なビームを打ってきました。強力な威力を驚異に感じながら、リンクはその場からなんとか逃げ出しました。そしてすべての試練が終わり、約束のパラセールをもらいに老人のもとへ訪れました。待っていた老人は、リンクが現れると「それでは本当の姿を見せるかの。我が名はローム・ボスフォレームハイラル。かつてこの地にあった国ハイラル。その最後の王だ。」と告げると威厳のある王の姿へと変貌しました。なんとこの老人はかつてこの地にあった国、ハイラル王国の王の魂でした。そしてそれからハイラル王から過去に何が起きたのか、語られました。

 

厄災ガノン

厄災ガノンの正体は、太古の昔この国に生まれた魔王が怨念の化して復活した姿だと王は言います。ハイラル王国は遙か昔の神話の時代から幾度となく「魔王ガノン」の厄災に見舞われ、その度に「退魔の剣」を持つ英雄と、聖なる力を持つ「姫」が「魔王ガノン」を封印するという歴史を繰り返してきたといいます。そしてリンクが目覚めた今より100年も前。過去の封印の物語が伝説へとなりつつある頃、ハイラル王家の占い師がガノンの復活を予言しました。そしてガノンに対抗する力も大地に眠っていると。王の命令によりハイラルの民たちは伝説と予言になぞって発掘をしました。それにより古代に作られた遺物が発見されました。人が操る獣をかたどった4体の巨大遺物「神獣」と自らの意思で敵と戦うからくり兵士ガーディアンたち。それはおとぎ話として語られてきた伝説の見事に符号しました。
100年前の王国には力の継承者である姫と才能のある騎士がいました。このことから王は伝説にならって厄災ガノンに対抗しようとしました。ハイラル中から特に優れた能力を持つ4人を選び出し、その4人に神獣を操らせ、そして姫を長として彼らを英傑と名付けて結束を固めました。姫と英傑が揃うことで厄災は封印できるはずでした。
しかし、今回のガノンはその伝説の力をも自らの力としてしまいました。ハイラル城の地下から復活したガノンは頼みの綱であった4体の神獣とほとんどのガーディアンの制御を乗っ取りました。そしてリンクの目の前にいるハイラル王や神獣を操る4人の英傑、そして多くのハイリアの民たちが犠牲となってハイラル王国は滅亡してしまいました。選ばれし騎士も姫を守るため傷つき倒れてしまいました。こうしてハイラル王国は壊滅してしまいました。

 

ゼルダ姫

しかし、生き残った姫は尚も一人でガノンに立ち向かいました。姫の名は「ゼルダ」。ハイラル王の娘です。そして最後まで姫を守っていた騎士。それがリンクだと言います。あの時、リンクの命運は一度尽きました。しかし、ここ「始まりの台地」の祠に運ばれ、100年かけてようやく蘇生を果たしたといいます。リンクが何度か耳にしたあの女性の声の主は、今もハイラル城でガノンを押さえ続けているゼルダ姫の声だといいます。ゼルダが力尽きてしまうと、ガノンは完全に復活し、ハイラル王国は今度こそ滅んでしまうといいます。そして王はリンクに伝えます。「リンクよ・・・国を護れなかったワシに言えたことではないが・・・それでも頼みたい。ガノンを倒し、民を・・・そして娘を救ってやってくれ」と。しかし、4体の神獣は奪われたままで、ハイラル城でも多くのガーディアンが動き続けているといいます。リンクが王からの試練をこなしている時に遭遇した朽ち果てた不思議な形の機械がそのガーディアンでした。そんな状況でリンクがすぐに城に向かうのは厳しいと王はいいます。まずは東にあるカカリコ村を訪ね、そこに住む「インパ」という人がリンクを導いてくれるといいます。「お主に伝えられることはこれで全てだ。では頼んだぞ、リンク・・・」すべてを伝え終わった王の魂はリンクに思いを託し消えていってしまいました。

リンクは約束どおりパラセールを受け取り、カカリコ村へ向かうため、「始まりの台地」からパラセールで飛び立ちました。

次回に続きます。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』物語のネタバレ第2話
前回からのつづきです。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の物語のネタバレを紹介していきます。プレイする予定の人やネタバレがいやな人はブラウザバックを推奨します。 (adsbygoogle...

 

コメント