キレやすいアニメ『機動戦士Zガンダム』人を殴ったキャラランキング

サブカル

今回は『機動戦士Zガンダム』で人を殴ったキャラクターのランキングを発表します。



人を殴った人ランキング


なんだこのランキング・・・と思われた方は多いでしょう。アニメ作品の中でも『機動戦士ガンダム』シリーズは誰かが誰かを殴るシーンが結構多い印象がありませんか?ファーストガンダムである『機動戦士ガンダム』では、ブライトさんがアムロを殴ったシーンがあまりにも有名で、最新作の映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』でも無理矢理回想シーンで追加されるほど。しかし数あるガンダム作品の中で、そういった“誰かが誰かを殴るシーン”がやたら多かったという印象があるのが、ファーストガンダムの続編となる『機動戦士Zガンダム』なのではないでしょうか?
この作品は前半は内乱をメインに描かれているので、連邦軍のイヤなヤツらがたくさん登場し、物語の序盤ではアムロを殴ってたブライトさんが袋にされるシーンなんかもありました。後々でもかなり異質な空気をもつこの『機動戦士Zガンダム』内で、どのキャラクターが一番人を殴っているか?以前ネットの有志がそんな回数をカウントした人がいました。今回はそんな超どうでもいい『機動戦士Zガンダム』で人を殴ったキャラクターのランキングを発表します。



念のため『機動戦士Zガンダム』の紹介

あんまり必要ないかもしれませんが、念のため『機動戦士Zガンダム』についても簡単に紹介しておlきます。『機動戦士Zガンダム』は1985年3月2日に、テレビで放映された作品。それまでに売れまくったプラモデルの影響から、各媒体で望まれていた待望だったあの『機動戦士ガンダム』の最初の続編として製作されました。テレビでは1年に渡って全50話が放送されました。前作の『機動戦士ガンダム』の登場人物のその後が描かれるなど、ファンにはたまらない作品となりました。が、その一方で次々に登場する専用機や変形モビルスーツ、複雑化して難解になったストーリーなどで、当時一部のファンからは不評であったことも事実です。それでも時間が経つと、この作品を前作以上に評価する人も多くなり、2005年に『機動戦士Zガンダム』20周年を記念して、劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』が3部作で映画化されました。内容についての詳細は以前にも紹介しています。

『Zガンダム』内容がわからない人向け、何が起こったのか砕いて解説
当ブログを立ち上げてもうすぐで一年を迎えられそうなのですが、これまでのアクセス数などを確認していると、完全の趣味の範囲で書いた記事が、ジワジワとアクセス数を稼いだりして、驚かされたりします。そのうちの一つが『機動戦士Zガンダム』テレビ版と劇...

ちなみに今回の人を殴ったキャラクターのランキングはテレビシリーズでのカウントとなります。ではまずは6位までを一気に紹介。

 

6位から10位まで

6位 バスク・オム 3回

7位 ハヤト・コバヤシ 2回

7位 フォウ・ムラサメ 2回

7位 トーレス 2回

7位 ブライト・ノア 2回

6位から10位までっていうより、同率7位が4人もいます。ファーストガンダムで人を殴っていたイメージが強かったブライトさんは意外にも2回だけ。むしろ前述で説明した通り、ボコボコにされてるシーンの方が印象的ですね。そんなブライトさんをボコボコにしていたバスクが6位と意外と少なかったのに驚きました。フォウの2回っていうのは、カミーユとのデートを邪魔していたアイツでしょうね。今回、調べて初めて知ったのですが、「トーレス」のセカンドネームって設定がないんですよね。続編となる『機動戦士ガンダムZZ』でも結構活躍していたのに、少し可哀想ですね。ちなみにトーレスはカミーユと喧嘩した時に殴ってます。では5位からはカウントダウン!

 

4位 シャア・アズナブル 4回

4位 ジェリド・メサ 4回

4位は同率でシャアとジェリドとなりました。ここで「クワトロ」という名前ではないのは、シャアが人を殴っていたのは、アクシズに囚われていた時、カミーユと脱出するために殴り合っていた時なので、この時はもう完全に「シャア・アズナブル」だったので、シャアとしての表記となります。そして赤い彗星と同率となったのがカミーユのライバル(笑)のジェリド・メサ。『機動戦士Zガンダム』の物語の最初はこのジェリドとカミーユのやり取りから始まっと言っても過言ではありません。殴られているイメージの強いジェリドもやり返したのか(特にカミーユに)4位となっています。でもどちらも4回と回数はそんなに多くないですね。現実でこうだったら、いろいろアレですが。

 

3位 ウォン・リー 7回

そして兵士たちを押しのけて、まさかのトップ3にランクインしたのが、エゥーゴの出資者であるアナハイム・エレクトロニクス社の有力者、一応民間人の「ウォン・リー」。出資者ということでやたらと偉そうにしていたウォンさんでしたが、空手の有段者であるカミーユをほぼ一方的にボコボコにできるぐらい格闘技には自信があるようで、アクシズに捕らえられた時も、アーガマのクルーより目立った活躍をしていました。そんなウォンさんは続編の『機動戦士ガンダムZZ』の主人公のジュドーには返り討ちにされていました。それにしても民間人で7回って・・・。

 

2位 エマ・シーン 8回


2位がまさかの『エマ・シーン』。エマさんは『機動戦士Zガンダム』でも屈指の人気女性キャラクターなのですが、劇場版では全然わからないかもしれませんが、テレビ版ではカミーユの幼馴染で一応ヒロインのファのことをバンバンひっぱたいているんですよね。ひっぱたかれているファも泣きながらキレてたんだけど、そんなファをさらにピンタしていました。大人同士の話し合いだとヘンケンキャプテンを抑えるくらい冷静なのに、相手が年下だと容赦ない先輩って感じでしたよね。エマさん、そんなにやってたか。ちょっとだけショック。

 

1位 カミーユ・ビダン 16回


そして1位はガンダムシリーズでもキレキャラとして有名な主人公「カミーユ・ビダン」です。ジェリドの所でもふれましたが、カミーユがあそこでジェリドを殴ってないと物語が始まらなかったわけです。にしても、名前を馬鹿にされたからって軍人殴るんですから、相当やばいやつですよね。他にもシャアのこと殴ったシーンが有名ですね。アムロもシャアがこんなガキに何度も殴られていたことを知ったらびっくりなんじゃないでしょうか。そんなキレキャラのカミーユは劇場版ではそうゆうシーンが大幅にカットされていて、あんまりキレない男の子として描かれています。やはり時代を考えてのことだったんでしょうか。主人公らしく第1位を獲得しました。

以上がランキングでした。一覧は以下の通り。

1位 カミーユ・ビダン 16回

2位 エマ・シーン 8回

3位 ウォン・リー 7回

4位 シャア・アズナブル 4回

4位 ジェリド・メサ 16回

6位 バスク・オム 3回

7位 ハヤト・コバヤシ 2回

7位 フォウ・ムラサメ 2回

7位 トーレス・ビダン 2回

7位 ブライト・ノア 2回

ほんと、やたら人を殴る奴ばっかりの作品でした。今回の件を改めて調べていたら、同じ『機動戦士Zガンダム』で“殴られたキャラランキング”も見つけました。機会があれば、また紹介したいと思います。

今回は以上です。

 

コメント