すぐ人殴るアニメ『機動戦士Zガンダム』で殴られたキャラランキング

サブカル

今回は『機動戦士Zガンダム』で殴られたキャラクターのランキングを発表します。



殴られたキャラランキング

以前、『機動戦士Zガンダム』の作品内で、人を殴ったキャラクターのランキングを紹介しました。前回の記事でも一応、説明しましたが、『機動戦士Zガンダム』は、『ガンダム』シリーズの中でも特に誰かが誰かを殴るシーンが印象的な作品・・・だと思います。アニメ作品は大量になるので、『機動戦士Zガンダム』だけがそうゆう作品だというわけではないのですが、この『機動戦士Zガンダム』を初めて視聴した時、殴るシーンの多さに違和感を感じている新しいファンがいるのも事実です。そんな『機動戦士Zガンダム』で前回は殴った方を紹介しましたが、今回は逆で殴られた人の回数のランキングになります。前回のランキングと合わせてみると、殴る側にはいたのに、殴られる側にはいないキャラクターなどもいるので、いろいろと面白い結果となっています。



念のため『機動戦士Zガンダム』の紹介

前回にも紹介しましたが、一応今回も『機動戦士Zガンダム』という作品について簡単に紹介しておlきます。『機動戦士Zガンダム』は1985年3月2日に、テレビで放映された作品。それまでに売れまくったプラモデルの影響から、各媒体で望まれていた待望だったあの『機動戦士ガンダム』の最初の続編として製作されました。テレビでは1年に渡って全50話が放送されました。前作の『機動戦士ガンダム』の登場人物のその後が描かれるなど、ファンにはたまらない作品となりました。が、その一方で次々に登場する専用機や変形モビルスーツ、複雑化して難解になったストーリーなどで、当時一部のファンからは不評であったことも事実です。それでも時間が経つと、この作品を前作以上に評価する人も多くなり、2005年に『機動戦士Zガンダム』20周年を記念して、劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』が3部作で映画化されました。内容についての詳細は以前にも紹介しています。

『Zガンダム』内容がわからない人向け、何が起こったのか砕いて解説
当ブログを立ち上げてもうすぐで一年を迎えられそうなのですが、これまでのアクセス数などを確認していると、完全の趣味の範囲で書いた記事が、ジワジワとアクセス数を稼いだりして、驚かされたりします。そのうちの一つが『機動戦士Zガンダム』テレビ版と劇...

ちなみに今回の殴られたキャラクターのランキングはテレビシリーズでのカウントとなります。ではまずは6位までを一気に紹介。

 

6位から10位まで

6位 シャア・アズナブル 2回

6位 ファ・ユイリィ 2回

6位 レコア・ロンド 2回

6位 サエグサ 2回

10位 マトッシュMP 1回

6位から10位までなのですが、同率6位が4人もいます。前回の殴られた人でも同率7位が同じ数いましたね。シャアファに関してはもっと殴られていたイメージありましたが、意外にも2回。レコアさんに関しては殴られてたっていう記憶ないのですが、あれですかね、シロッコにピンタ食らったあのあたりですかね。サエグサはアーガマのブリッジクルーですね。「無理です」ってブライトさんに言い返して、「やってみてから言うんだよ」という名セリフを残したあの場面の一人です。マトッシュMPは物語冒頭でカミーユに尋問していた人。カミーユが暴れ出した時もっとやられてた気がしましたが、一回だったんですね。まあ、そのあとまさかモビルスーツで復讐されると思っていなかったと思いますが・・・。では5位からはカウントダウンで紹介します。

 

3位 アムロ・レイ 4回

 

3位 ジェリド・メサ 4回

 

3位 カツ・コバヤシ 4回

5位から・・・といいつつ、いきなり3位で同率3人。前回の殴った人ランキングでは登場しなかった、前作の主人公の「アムロ」と、「カツ」がランクインしています。アムロは続編でも殴られているんですね・・・。というか、『機動戦士Zガンダム』ではアムロはミライさん親子を救出する際に、敵側に結構殴られているので、前作までのような情けない感じで殴られているわけではありません。ちなみにこの時にもすでにハサウェイは登場していました。まだ小さかったですが。逆に前作のアムロと同じような理由で殴られているのは、少し成長したカツですね。『機動戦士Zガンダム』を視聴した多くのファンに嫌われているカツ。まあ、ほとんどの人が作品みていれば頷けるんじゃないでしょうか。そして『機動戦士Zガンダム』でネタキャラとして有名な「ジェリド」もバッチリランクインしています。こんな変なランキングでもなければ、この3人の名前が並ぶようなことはないでしょう。

 

2位 ブライト・ノア 7回


そして2位が「ブライト・ノア」。前作でアムロをひっぱたいていた罰が続編で当たることになってしまいました。やはり多くの人の印象に残っているのは、物語冒頭でティターンズの連中にボコボコにされるシーンじゃないでしょうか。私は当時まだ小学生くらいでしたが、あのブライトさんがボコボコにされているシーンをみて、すごくモヤモヤした記憶があります。しかもその回数も7回と結構な数になっていますね。今回は『機動戦士Zガンダム』でのカウントになっていますが、その続編となる『機動戦士ガンダムZZ』でも殴られていたシーンが印象的だったので、宇宙世紀シリーズではほぼレギュラーなブライトさんは全て合計すると相当な数になるんじゃないでしょうか。今後、まだ公開されていない『閃光のハサウェイ』にも登場するので(さすがに殴られないと思いますが)通算でどれくらいになるか楽しみです。

 

1位 カミーユ・ビダン 25回


そして1位は殴られた方でも1位を取った主人公「カミーユ・ビダン」です。カミーユが殴られているシーンはいろいろ記憶に残っていますが、それでも25回ってすごいですね。こんだけ殴られていてばいい加減心改めそうですが、最終回まで全然そんな感じじゃなかったのがさすがです。もちろん、殴られている回数の中には、敵側にやられてる分も含まれますが、カミーユの場合、味方側で揉め事を起こして殴られているシーンが印象的ですね。しかし25回も殴られていると、テレビ版の最終回で精神が崩壊していたのは、シロッコにやられたんじゃなくて、あまりにも殴られすぎてバカになってしまったんじゃないかという気がしてきました。今回もカミーユが主人公らしく第1位を獲得しました。

以上がランキングでした。一覧は以下の通り。

1位 カミーユ・ビダン 25回

2位 ブライト・ノア 7回

3位 カツ・コバヤシ 4回

3位 アムロ・レイ 4回

3位 ジェリド・メサ 4回

6位 サエグサ 2回

6位 ファ・ユイリィ 2回

6位 レコア・ロンド 2回

6位 シャア・アズナブル 2回

10位 マトッシュMP 1回

キレやすいアニメ『機動戦士Zガンダム』人を殴ったキャラランキング
今回は『機動戦士Zガンダム』で人を殴ったキャラクターのランキングを発表します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 人を殴った人ランキング ...

前回の殴る側で上位にランクインしていたエマさんやウォンさんが、殴られる側になると名前が出てこなくなるのが非常に面白いですね。こうしてみると、『機動戦士Zガンダム』のキャラクターたちにもM的な性格とか、S的な性格とか設定されていたのかもしれませんね。カミーユは両方いけそうですね。

今回は以上です。

 

コメント