「グリーンゴブリンギャング」という緑タイツ軍団が地下鉄で暴行事件

時事問題
11166654 - SPIDER-MAN: NO WAY HOME

アメリカ、ニューヨークで「グリーン・ゴブリン・ギャング」という全身ミドリのタイツで女性だけの集団が大暴れしたというニュースが話題になっています。



グリーン・ゴブリン・ギャング

ニュースによると、アメリカのニューヨーク市地下鉄で10月2日朝、ネオングリーンのボディスーツというか全身タイツを着た謎の集団が、女性2人に殴る蹴るなどの暴行を加え逃走したというもの。SNSに投稿された動画には、この集団が2日午前2時頃、タイムズスクエア近くの地下鉄車内で19歳の女性に殴りかかる様子が映っています。どうも犯人たちは全員女性と見られ、地元メディアはこの集団を「グリーン・ゴブリン・ギャング」と呼んでいて、犯人たちは被害者の携帯電話とハンドバッグを奪って現場から逃走したといいます。被害者の母親の一人は「娘はエイリアンに襲われたと話していて、何を言っているかわからない」とニューヨーク・ポストに話しているとのこと。事件が起きたのは被害者の誕生日だったといい、母親は「これが彼女の19歳の誕生日だったのです。犯人は自分達の行為に対する以上の報いを受けてほしい。非常に不快です」とコメントしているようです。そして、母親いわく、被害者たちは事前に犯人を挑発するような行為をしていないと話していて「(被害者と犯人は)事前に言葉を交わしていませんでした」「警察の動画で、娘と友人はプラットフォームに立って談笑していました。犯人はまるで暴力を振るうかのようにふたりにぶつかったのです」と話しているそうです。そしてこの犯人たちは現在も逃走中とのこと。ツイッターの動画をみるとかなり暴れていますね。



グリーンゴブリン

今回のニュースの見出しを見た時、笑える内容なのかと思っていたのですが、動画を見ると全然笑えない凄惨な雰囲気で驚きました。マーベル好きの私としては、そのネーミングに反応してしまったのですが、確かに全身グリーンですが、見た感じ「グリーンゴブリン」というより、「ハルク」というか全員女性ということで、「シーハルク」の方がイメージに近い感じがします。もしくは「ニンジャタートルズ」みたいな感じですね。
「グリーンゴブリン」というとアメコミそして映画で超人気の『スパイダーマン』シリーズの悪役として有名です。2002年に公開されたサム・ライミ監督の1作目『スパイダーマン』に登場し、続く新シリーズでマーク・ウェブ監督の2作目『アメイジング・スパイダーマン2』にも登場。そして現在最新作であるすべてのスパイダーマン作品が集結した『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でも1作目から復活して登場し、最後まで大活躍でした。個人的な感覚にはなってしまうのですが、『スパイダーマン』シリーズではおそらく一番有名なヴィランで、『バットマン』シリーズでいうところの「ジョーカー」のような存在です。
見てわかる通り、本来の「グリーンゴブリン」とはかけ離れた姿の彼女たちですが、「緑色の悪いやつ」という理由で、このネーミングになったのだと思います。

 

犯人は逃走中

さて、ここからは完全に個人的な予想になってしまうのですが、今回の事件で被害者の女性が誕生日という特別な日だった事。犯人たちと被害者は事件直前に一切言葉を交わしていなかった事。被害者を襲ったあと他には危害を加えずすぐに逃走した事を考えると、この「グリーン・ゴブリン・ギャング」たちの目的は、無差別な暴行ではなく、元々この被害者への暴行が目的だったんじゃないかと思いますね。犯人が全員女性という事もあり、日頃身近な人たちによる女性同士のトラブルが原因でここまでの大事になったんじゃないかと感じました。現在も逃走中とのことですが、なんとなく被害者に近い人たちが犯人のような気がします。
ビジュアル的にもかなりインパクトのある事件なので、話題になっていますが、こうゆうのが話題になると何故か模倣したがる人たちが出てくるのが心配です。前述で少し触れましたが日本でも以前、「ジョーカー」を模倣したアンポンタンが大きな事件を起こしています。さすがに規模的に簡単ではないのでないとは思いますが、変に影響受けた人たちが日本で同じような事をしない事を願っています。

しかし、ああいった衣装を切るなら、もう少しスタイルにも気をつけてほしいですよね、犯人たちには。

今回は以上です。

 

コメント