未経験でも採用されやすい職種

時事問題

転職を考えた際、みんさんは同じ業界の仕事をしようと思いますか?
私は今回のコロナで給与を減給された際、
転職するならば、別の業界に行きたいと考えました。
こういった景気で左右される業界は、
正直もういやになり、まったく違う業界を最初狙っていました。
それでも、給与面を考えて、最終的にはまた同じ業界に転職したのですが、
未経験の業界に応募した際、いろいろわかった事がありました。
今回は私が体感した未経験業種に転職しようとする際の
注意を紹介します。

まず覚悟しなければならない事

未経験職に転職するという事は、そのジャンルでは初心者になるという事です。
つまり新卒と変わらない状況です。
ただ新卒の人たちと比べると、社会経験がある分、
あいさつ、社会通念の常識などいちいち教えなくても、
ある程度の常識は身についていることはプラスとなります。
初心者としてスタートする業種ですから、
これまでの給料は期待できないという事です。
私はこれでブレーキがかかりました。
私の場合は減給された事が原因で転職をしようとしたのですが、
減ってしまうのでは意味がないと思い、
経験職で転職する事になりました。

未経験者歓迎でも採用されるとは限らない

転職サイトをみると、よく「未経験者歓迎」と書いてある会社があると思います。
でも実際は少し違います。
これは別に嘘ついているのではなくて、
応募してくるのは未経験者でも構わないという意味で、
もしあなた以外に同じ会社に経験者が応募してきた場合は、
経験者が優先になってしまいます。
これはどの会社も中途採用をする際にほしい人材は
「即戦力」がほしいためです。
もちろん、未経験者が採用になる場合もあると思いますが、
その際に1からすべての業務を教えていくことになるので、
経験者の方がすぐ業界内の事がわかるので、
どうしたってこの差は埋められません。
もちろん、企業側も未経験者歓迎とアピールしているわけですから、
一定の教育を覚悟して募集しています。
なので、全く可能性がないというわけではないのですが、
我々の場合、ここに年齢という物が上乗せされます。
同じタイミングで若い活力のある人が応募してきたとき、
同じ未経験者であれば、若い人のほうが採用されやすいのも事実です。

あなたのポテンシャル次第で可能性は高くなる

少しネガティブなことばかりお伝えしましたが、
それは現状を把握した上で、未経験職に挑んでほしいからです。
ただし、未経験者だからといって、
社会通念や常識、人格面などで、あなたの人間性で光るものがあれば、
可能性はすごく上がります。
これは以前在籍していた会社で、募集要項に対し、
全く見当違いな人が応募してきた事があったのですが、
社長が面接をした際、その人の人間性やポテンシャルに惹かれ、
募集した部署の仕事ではない職種での採用した事がありました。
会社は良い人材を欲しがっています。
ある程度決定権のある人が、その人間性を見た時に、
なんとかして採用するというケースもあります。

給料が下がっても市場価値は上がる

前述にて給料が下がるのは覚悟しなかればならない事を伝えましたが、
それは転職したばかりの話で、一概に下がるだけとは言えません。
例えばあなたが前職で営業をやっていた人だとします。
そして転職先の希望業種が未経験の事務職だったりすると、
事務職についてのスキルは初心者になります。
入社してすぐの頃は、初心者として扱われますが、
そこでしばらく働いていて、ある程度仕事ができるようになると、
かつて営業のが経験あると営業+事務職の能力が身につき、
総合職や管理職で活かせたりします。
そうなれば、他よりもスキルの高い状態になりますので、
実力を認めてくれる会社であれば、
その能力に見合った給料をだしてくれるようになれます。

未経験で採用されやすい職種

それでは私が転職エージェントさんなどから見て、聞いた
未経験でも採用されやすい職種を紹介します。

営業職

未経験で求人数がおそらく一番多いのが営業職。
自社のサービスや製品などを売る人が多ければ、
売り上げにつながるので、採用される可能性が高いです。
人によっては、営業職をブラックなイメージで捉えるかと思いますが、
現在はひと昔前のように、飛び込み営業などあまり行ってなく、
問い合わせに対しての営業や、
メールを使ったり、特定の顧客を回るルート営業など、
ストレスは少ない営業職もあるので、
一概に営業職=ブラックと思わない方がいいかと思います。
ただし、未だ地獄のようなノルマを課す会社も
ゼロではないので、評判などをネットで検索などして、
しっかり調べてから応募した方がよいでしょう、

ITエンジニア

これは私も先入観で決めていたのですが、
ITエンジニアは、高度な技術が必要なイメージがあると思います。
なのに未経験が果たして採用されやすいのかと思いましたが、
採用されやすい理由は需要の増加との事。
ITエンジニアの仕事の現状は人手がたりないほど仕事が増えているようで、
未経験でも採用されることが多いそうです。
ITエンジニアも人によってブラックなイメージありますが、
働き方改革でそうゆう会社は減ってきているそうです。
ただITエンジニアはなってから、特殊なスキルを身に着けなければならないので、
そういった面では覚悟が必要です。

販売職

販売職は社員の定着率が低く、
常に人手不足となっているようで、
こちらも未経験で採用されやすい職種となっています。
いわゆるサービス業にあたるため、マイナスなイメージが高いですが、
人によってはメリットもあります。
販売職の社員になれば、ある程度の経験の後、
1店舗の経営を任せられる可能性が高いです。
そうすると、アルバイトなどの従業員や、
仕入れ、利益、収支など経営について学べるようになります。
経営について学べるということは、独立するノウハウを学べるという事なので、
将来、独立を目指す人には大きなメリットになるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
今回は未経験職への転職についてまとめました。
私もいくつか応募はしましたが、
やはり給与面の問題で断念しました。
何かしらお役にたてれば幸いです。

コメント