あの『きかんしゃトーマス』が2Dにアニメになってリブートされる!

エンタメ

小さな子、特に男の子は一度は必ず好きになるであろう『きかんしゃトーマス』がなんと新シリーズから2Dアニメにリニューアルされるそうです。



『ALL ENGINES GO』

ソニー・ミュージックエンタテインメントがイギリス生まれの人気キャラクター『きかんしゃトーマス』を、新シリーズからこれまでの3DCGから2Dアニメ、ようするに普通のアニメーションに変更することを発表しました。まずは2022年内にテレビ放送を開始して、23年の春には映画も公開する予定とのこと。すでに一部ですが動画も公開されているようです。
動画や新しいビジュアルを見たネットの反応は賛否両論となっています。『きかんしゃトーマス』はもともと模型を使用した実写の人形劇として制作されていました。

その後、2009年から放送された第13シリーズからはコンピュータグラフィック、いわゆるCGで描かれるようになりました。実写からCGへ変更になる時も違和感はあったのですが、トーマスたちの見た目が大きく変わることはなく、逆にこれまで動かなかったトップハム・ハット卿などの人間のキャラクターなどに動きが出たことにより、違和感とかはあまりなく、プラスにつながるところも結構ありました。


今回のリブートとなる2Dのアニメは見た目も結構変化があり、動画を見る限りだとトーマスのキャラクター性にも変更があるような感じがあります。ただこの作品を楽しみにしているのは子供たちなので、大人たちが変とか違和感あるとか言っても関係ないですね。ただ、これまでのように子供たちに人気でるかどうかはわかりませんが・・・。



 

これまでの商品や施設は?

さて、今回の大胆なリニューアルで気になるのは内容はともかく、これまで発売してきた商品や、建設された施設などがどうなるか気になってきます。
玩具メーカーのタカラトミーが長い間販売している『きかんしゃトーマス』のプラレールシリーズは、売り上げ等の細かい数字はわかりませんが、バンダイでいう所のガンプラぐらい看板となっている商品で、これまでたくさんの商品を販売してきました。新シリーズのビジュアルで新たに販売するとは思うですが、これまでロングセラーだったトーマスの商品たちの人気がだんだんなくなっていってしまうのは少し寂しい気がしますね。
またあちこちに建設された『きかんしゃトーマス』をテーマにした施設なども今後どうなってしまうか気になります。私がパッと思いついたのは、息子が小さい時に連れて行った富士急ハイランド園内にある『トーマスランド』。あそこは実際に乗車できるトーマスの列車などもあったため、今回のビジュアルの変更でどうのような対応になるのかが気になりますね。これまでと同じままでいくか、新しいビジュアルによせていくか。見た目は大きく変わってませんが、顔が完全に変わっているので、2Dアニメを視聴した子供達が遊びに行った時に、トーマスの違いに戸惑ってしまうかもしれませんね。

 

大人にも有名なエピソードは再現されるか

『きかんしゃトーマス』はオープニングのあのお決まりの曲だけじゃなく、様々の歌が発売されています。その中で子供たちに特に人気で、大人も聞いてしまうと耳から離れない名曲に「じこはおこるさ」という歌があります。アップテンポな曲でキャッチーな歌詞のセンスが素晴らしく、うちの息子が小さかった頃は車の中で何回もリピートさせられました。車の中で聞くとその明るい曲と反して、子供向けとはいえ、なかなかエグい歌詞に複雑な気持ちで運転して思い出があります。

また他にも物語の内容が、若干ホラー寄りで『きかんしゃトーマス』のエピソードとして異質な「いわのボルダー」という大人にも有名なエピソードがあります。かなり印象に残る話だったためか、タカラトミーのプラレールシリーズでも商品化されたほどのキャラクター(?)になっています。
こういった実写やCGで生まれたいろいろなエピソードが、今回のアニメ化というリブート作品で今後再現してくれるかは非常に楽しみだったりもします。すでに公開されている動画では、「パーシー」や「ディーゼル」などこれまで登場したキャラクターはいるようですし、名前は登場しませんでしたが、「ゴードン」らしき機関車も登場していました。どこまで過去の作品に対するオマージュがあるかも見どころになってきますね。

 

『チャギントン』はどうなる

『きかんしゃトーマス』と同じ列車を擬人化した作品で人気がある『チャギントン』も気がつけばかなり長い間放送しています。うちの息子が小さい頃に『きかんしゃトーマス』と同じくらい視聴してたのを覚えているのですが、つい先日、日曜の朝にテレビをつけたらまだ放送中でびっくり。『チャギントン』は『きかんしゃトーマス』と違って最初からCGアニメーションとして放送していましたが、内容やビジュアルなどはいまだ変更の予定はなさそうですね。ちなみに『チャギントン』に登場する主役の3体「ウィルソン」、「ブルースター」、「ココ」のうち、「ブルースター」の声優さんが『ペルソナ5』の新島真の佐藤利奈さんだと知ったが、結構最近でそれを知った時非常に驚いた記憶がありました。・・・どうでもいい話ですが。

映画も企画されるくらい気合い入っていますが、今回のアニメ化で子供達の反応がどうなるか気になるところではあります。とりあえずどんなもんか、放送され始めたら1回くらいは見てみたいしたいと考えています。

今回は以上です。

コメント