スパロボ30にてV2AB復活の代わりにレッドファイブが消失した!

サブカル

10月に発売され、その内容も好評でシリーズ30周年の記念作品のシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦30』。ゲームの内容はいいとして、発売前からゲーム内に登場する「V2アサルトバスターガンダム」ととある部分が描写されていないことが話題になっていましたが、この度、アップデートにより無事に不足だったパーツを追加されることになりました。しかし、その代償があまりにも大きかった模様。

 




詳細は後ほど紹介するとして、元々問題となっていたのが、ゲーム内に登場するユニット「V2アサルトバスターガンダム」の一部股間の追加パーツが描写されていないこと。元々重装備なので、制作サイドもついうっかりって感じだと思うのですが、「V2アサルトバスターガンダム」があまりにも人気機体であるため、多くの人が気づくことになりました。そしてこの度、アップデートにより不足パーツが無事に追加され、いつもの「V2アサルトバスターガンダム」となりました。しかし、今回のパッチで別のバグが発生しました。そのバグとは別ユニットの『マジェスティックプリンス』の主人公機「レッドファイブ」が出撃ユニット選択の中から消失してしまうというもの。これにより一部ネットでは、「レッドファイブがAB(V2アサルトバスターガンダムの略)の股間パーツに打ち直された」と話題になり、なんとツイッターでは「レッドファイブ」がトレンド入りするほどの大騒ぎに。そしてPlayStation 4版では「V2アサルトバスターガンダム」の不足パーツについても治っておらず、さらに「レッドファイブ」が消失したようで、PS4版にいたっては「レッドファイブ」が消失しただけのバグになっているようです。この状況については公式からも正式にアナウンスがあったようです。近いうちに修正されると思われます。

 

さて、メカ物に詳しくない人からすると「V2AB」とか、「アサルトバスター」とかの言葉が飛び交い、何が何やらという人もいるかと思います。そこで「V2アサルトバスターガンダム」についての詳細と、今回なくなったパーツについて紹介していきたいと思います。順を追って紹介しますので、まずは元となる「V2ガンダム」についてから。

 

V2ガンダム

「V2ガンダム」は1993年放送のテレビアニメ『機動戦士V(ヴィクトリー)ガンダム』の後半の主役機です。ファーストガンダムから続く宇宙世紀の一番未来が描かれた作品なので、モビルスーツの性能も一番いい時代。あの『閃光のハサウェイ』よりもずっと未来の物語ですそんな時代のガンダムで、しかも後半の主役機なので、その性能は最強のガンダムといっても過言ではありません。特徴として革新的な推進機関「ミノフスキー・ドライブ」が搭載されていて、おそらくは宇宙世紀史上で最速の加速性と機動性のあるガンダムです。背中にある「ミノフスキー・ドライブユニット」からは余剰となったエネルギーを放出し、光の翼を発生させたりします。

 

V2アサルトバスターガンダム

そんな「V2ガンダム」も物語がクライマックスに近づいてくると、最終戦仕様が登場します。これが元々2種類存在していて、主に長距離戦闘用の装備が追加された状態の「V2バスターガンダム」がまず登場。この仕様はアニメの46話に登場します。それともう一つ、中距離戦闘用「アサルトパーツ」を装着した「V2アサルトガンダム」という仕様もあり、こちらは49話に登場。本来は別々のもので、アニメ放映当時に発売されたプラモデルもそれぞれ「V2バスターガンダム」、「V2アサルトガンダム」として発売されました。ただこの2種類の追加パーツは、「V2ガンダム」に装着する部位がかぶってなかったので、最終決戦で両方装備して、まさに最強である「V2アサルトバスターガンダム」が誕生するわけです。ただでさえ、宇宙世紀最強といわれていた「V2ガンダム」に、強力なビーム兵器やミサイルがたくさん装備され、ビームコーティングされたリアクティブ・アーマーが追加され、ビームバリアであるIフィールド発生器もあり、さらに「F91」の専売特許であったヴェスバーも装備。ほんとにもうこれでもかってくらいの最強仕様なのです。そんな「V2アサルトバスターガンダム」がアニメ終了後にゲーム作品に登場し、その強さを遺憾無く発揮し、必然的に大人気ガンダムとなったのです。ちなみにそんな最強仕様の追加パーツは、物語中、水着のおねーちゃんにバズーカで壊されてしまいます。

 

今回問題となった所

さてそんな人気の「V2アサルトバスターガンダム」ですが、『スーパーロボット大戦30』の発売前から指摘されていたのが、「V2ガンダム」のちょうど股間部分に追加されるはずの、上で説明したリアクティブ・アーマーの一つ。この部分が元の「V2ガンダム」のもので描写されていました。世間からのツッコミと、描写されていないユニットが元々超人気のガンダムだったことから、アップデートでなんとか修正したようです。そして「V2アサルトバスターガンダム」が本来の姿に戻ったのですが、別のバグとして「レッドファイブ」が消失してしまうというものが発生したわけです。

 

 

レッドファイブ

「レッドファイブ」はガンダムとは関係ないアニメの主役機です。2013年にテレビにて放映された『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』の主人公のヒタチ・イズルが搭乗する機体。『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』はロボット兵器のことを「アッシュ」と呼称されています。スパロボに登場するぐらいなので、承知かとは思いますが、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』は2016年に劇場版が公開されるなど、非常に人気のある作品です。今回はそんな作品の主役機が消えてしまったんだから、ファンはかなりショックでしょう。ちなみに今回のバグが発生した場合には、強制出撃時には「目指せ、ヒーロー」、「チームラビッツ出撃」、「ケレス大戦」、「アッシュの影」、「ねらわれた都市学園」、「オペレーション・ヘヴンズゲート」のいずれかのミッションをクリアすることで復帰することが公式より発表されています。

多数の作品が一挙に会するシリーズだからこそ話題になった今回の出来事。「レッドファイブ」はデザインもカッコいいので、これまで知らなかった人は今回のこの話題を機に、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』を視聴してみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

コメント