初の女主人公!『機動戦士ガンダム 水星の魔女』ティザーPV公開!

サブカル

これまでタイトルのみ発表されていた10月放送予定の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のビジュアルがようやく公開されました。



主人公は初の女性

今回公開された動画では、主人公と思われる少女と、その後ろで主役機が起動するシーンが描かれています。頭部と胸、肩の部分が赤く光るのが印象的。この動画公開と同時に公式サイトも更新され、主役のガンダムのデザインも公開されました。今回発表されたのは、ガンダム史上初となる女性主人公ということと、主役ガンダムの名前が「ガンダム・エアリアル」ということ。ストーリーや設定などは発表されていません。なのですが、本編とは別に『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の前日譚となる「PROLOGUE」の制作が決定されていて、こちらは本編に先駆けこの夏になんらかの方法で公開されるとのこと。いやあ、タイトルからまさかとは思っていたんですが、女性主人公とは思いませんでしたね。またもや私の予想が外れてしまいました。設定はまだ公開されていませんが、「宇宙世紀」物ではないようですね。MBS・TBS系の毎週日曜午後5時にアニメが放送されるという、いわゆる「日5」の復活でも話題となった最新作。果たしてどんな物語になるのでしょうか。

 

公開されたデザイン

ガンダムエアリアル

さて今回公開された主役ガンダムである「ガンダム・エアリアル」を含む3機のモビルスーツのデザインについて、すでにネット上では賛否の嵐となっています。ガンダムは毎回新作が発表されると「ダサい」とか、「こんなのガンダムじゃない」とか騒がれるのはお決まりです。個人的には本編を見たり世界観がわからない限り、まだ騒ぐ段階ではないと思うのですが、個人的には今回の主役機のデザインは結構気に入っています。角が白いのと肩がゴツくない所、フロントアーマーもないのでプラモでポージングの幅が広がりそう。ビームライフルのデザインもこれまでにない感じで好きです。しっかりとしたトリコロールカラーなのでガンダムらしさはしっかりと抑えていると個人的には思っています。ディザーPVで赤く光っていたのがなんなのか気になりますね。一瞬サイコフレームかと思ったんですが、「宇宙世紀」物ではない以上関係がなさそうです。女性を意識してのデザインかどうかはわかりませんが、確かに腰が細くなっていて、すでにその部分でネガティブなコメントをみかけますが、正直、『鉄血のオルフェンズ』の「ガンダムバルバトス」は腰が細いどころか、フレームしかなかったので、そんなに騒ぐようなことではないと思いますけどね。ガンダムは画面上で動きだすと印象が変わるので、現段階ではなんとも言えませんね。ただシールドだけは気になります。この主役機の「ガンダム・エアリアル」もそうですが、「PROLOGUE」に登場すると言われている「ガンダムルブリス」もシールドがやたらゴツい印象があります。これは物語の世界観と何かしら関係があるのでしょうか。一方、おそらく敵側なのであろう「ベギルベウ」に関しては、『ガンダム Gのレコンギスタ』に登場しそうなデザインですね。これまでのシリーズのようなモビルスーツではないので、世界観や設定の公開が非常に気になっています。

ガンダムルブリス

ベギルベウ

 

 

もちろんプラモデルも展開

今回発表になった3機のモビルスーツは、「ガンプラ」が発売されるとのことも発表されました。現時点で発売日と価格は未定ですが、ブランドは「HG」でスケールも1/144とガンダムの標準的な仕様になるようです。おそらくは本編放映のタイミングでガンプラの「HG」ということで、1,500円くらいじゃないかな?と予想。設定画ではわかりずらい部分が模型になるといろいろ見えてくるのが非常に面白いです。PVで赤く光っていた部分がクリアパーツになっているので、今回はこの部分に何か意味がありそうですね。「PROLOGUE」に登場する「ガンダムルブリス」も胸の部分に同じようなクリアパーツがあるの『水星の魔女』の世界観での「ガンダム」という定義はこの辺りに秘密がありそうです。角(アンテナ)が白いのと、顔に「へ」の字のモールドがないのせいか、パッと見「ガンダムエクシア」のような印象もあります。バルカン砲もいつもより大きめですね。・・・バルカン砲じゃないのでしょうか、もしかして。「ベギルベウ」に関しても、マントのようなバックメカに球体のバーニアがあったりとこれも面白いデザインになっています。『水星の魔女』のタイトルの“魔女”っぽさはガンダムよりこちらの方が強いですね。とりあえずは「ガンダム・エアリアル」は買うかな!

あくまで個人的な意見ですが、女性主人公のロボットアニメで成功した例って『パトレイバー』くらいしか知らないので、不安ではあります。今回の試みが今後のシリーズにどう影響するか?それぐらい今回の女性主人公は『機動武闘伝Gガンダム』くらいガンダムシリーズの歴史で大きな出来事になると思います。

今回は以上です。

 

Amazonプライム無料体験はこちら

コメント