AdoのCD付属フィギュアで転売ヤーまたも惨敗!原因はクオリティ

時事問題

パワフルな歌声にヒット曲ばかりで、その素顔を隠しているという話題だらけの『Ado』さんの待望のファーストアルバム『狂言』が1月29日に発売されました。この『狂言』の完全数量限定版に付属するフィギュアがいろいろと話題になっています。



ここにも出現、転売ヤー!

https://twitter.com/ado_staff/status/1485123923733712896?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1485123923733712896%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=http%3A%2F%2Fblog.esuteru.com%2Farchives%2F9827881.html

さすがに注目アーティストだけあり、Adoさんのファーストアルバムはかなり売れているようですね。うちの息子も欲しいといっていたので、先日近所のCDショップを覗いたのですが、売り切れていてびっくりしました。うちの近所が偶然そうだっただけかもしれませんが、この時代にCDが店頭で売り切れるとは、なかなかある現象ではありません。ここ数年で超注目アーティストだったAdoさんのアルバムならば、この現象にも納得です。そしてそんな売れている商品の限定品とか数量限定とかがあると必ず現れて、市場を荒らすのがみんなが嫌いな転売ヤー。そんな転売ヤーたちは今回、Adoさんのアルバムをもターゲットにしたようです。今回転売ヤーのターゲットになったのは、完全数量限定仕様のもの。今回のAdoさんのファーストアルバムは以下の4つの仕様で販売されました。

完全数量限定:フィギュア&書籍盤
TYCT-69202  9,900円(税込)

初回限定:DVD&書籍盤
TYCT-69203  4,400円(税込)

初回限定:ゆらゆらアクリルチャーム盤
TYCT-69204  3,300円(税込)

通常盤(初回プレス)
TYCT-69205 2,750円(税込)

もちろん、転売ヤーが目をつけたのはこの中のフィギュアの付属した完全数量限定。Adoさんのファンなら是非押さえておきたいアイテムかと思います。買い占めがどの程度行われて、欲しい人がどれくらい購入できなかったまではわかりませんが、今回、アルバムは売らず付属したこのフィギュアのみを転売している人も多かったようです。
しかし、結果売れなかったようです!これまで当ブログでもたくさん扱ってきた転売ヤー問題。転売ヤーの存在で欲しい商品が適正価格で買えないというものから、転売ヤーが失敗する記事など紹介してきましたが、今回は晴れて失敗してくれたようです。なぜ売れなかったのか、今回のAdoさんのフィギュアに関しては、転売ヤー問題以外のところでもSNSなどで話題に上がっていました。

仕組まれた罠!転売問題「ガンダムトリスタン事件」を紹介!
ガンプラの転売問題でいろいろ話題となる最中、先日、本ブログ内にて「HGナイチンゲール」転売&返品問題!ガンプラは転売に向かないという記事を書き、そこで少し触れた話題で「ガンダムトリスタン事件」という出来事がありました。今回はこの「ガンダムトリスタン事件」についてその出来事の詳細に触れたいと思います。

 

フィギュアのクオリティ

今回、完全数量限定版を購入したファンからSNSなどで相次いで報告が上がったのが、今回付属するフィギュアのクオリティの低さ。正直、公式で発表している商品見本の画像でも、個人的にはフィギュアの出来には疑問があったのですが、実際に販売された商品はさらにクオリティが低かったようです。誤解のないように言っておきますが、これはアーティストのAdoさん本人にはまったく関係ない所での商品なので、Adoさんへの批判ではありません。顔を隠しているAdoさんはいつもイラスト等でイメージキャラクターを使用しています。今回はそのイメージキャラクターの初のフィギュア化で、期待していた人も多かったのではないでしょうか。しかし、実際の商品はお世辞にも精巧な作りとは言い難く、全体的に粘土で作ったような雰囲気。顔の塗装はインクが滲んだようにも見えてしまっていて、身体もパーツごとにベタで塗装しているため、立体物の出来としてはかなり悪い状態になってしまっています。

さらに左手は頭に刺さっていて、右手の造形も雑になっています。SNSの中には、「マックのハッピーセット並み」と表現する人もいるくらい。プラス5000円でこのクオリティはさすがにファンの方々もがっかりしているようです。スタッフとか関係者は販売前の最終チェックなどで、フィギュアの出来の確認とかできなかったのでしょうか。Adoさんの象徴的なフィギュアなだけに、もったいないです。原型を作った人や制作会社の名前もわからない所がまた謎ですね(私が知らないだけかもしれませんが)。

そして売れない転売

そんなこんなで転売ヤーの狙いが外れ、メルカリなどで販売するも全然売れていない様子。まだ金額を上乗せしている人もいるようですが、大体の人が定価を下回ってきているようです。ファンの方はすでに自分で購入しているか、フィギュアの付属していない仕様のものを購入しているでしょうから、ここから買う人はあまりいないのではないでしょうか。そもそも欲しくもないのに購入して、金額を上乗せして利益取ろうとする根本の考えを、そろそろ改めてほしいですね。逆に言えばAdoさんに関しては転売ヤーに狙われるほど話題にもなっているわけです。アルバムの仕上がりや他の商品仕様に関しては、まるで問題のないので、欲しい人は転売からではなく、正規の販売ルートで購入しましょう。ちなみに私はアルバムの新曲ではないのですが、以前より『阿修羅ちゃん』をいつもリピートで聴いています。

ガンプラ界隈では未だに解決していないこの転売問題。マスクやチケットなどのように、なにかしら法律的に転売できないようにしてもらいたいです。

今回は以上です。

 

コメント