ペルソナの音楽担当の目黒将司さんがアトラス退社!ペルソナ大丈夫?

サブカル

『ペルソナ』シリーズファンに心配なニュースが舞い込んできました。なんと『ペルソナ』シリーズの多くの楽曲制作を担当してきた目黒将司さんがアトラスを退社するというのです!!

 

以下はツイッターにあった目黒将司さんの挨拶を抜粋

こんにちは。目黒将司です。
突然ではございますが、
私、目黒将司は令和3年9月末日をもって株式会社アトラスを退社いたしました。
5年ほど前からプライベートの時間を使って一人でロールプレイングゲームを作っていたのですが、
昨年、講談社ゲームクリエイターズラボ第1期募集に応募したところ、
最終選考まで残ることができ、
講談社の担当様についていただくことになりました。
そこで、思い切って株式会社アトラスを退社し、
夢であったインディーズゲーム開発に注力することにしました。
とはいえ、アトラス社とは今後も良好な関係を継続していきます。
自分自身のインディーズゲームの開発に注力しつつ、アトラス社でのゲーム音楽のしごとも続けて行く予定です。
突然の発表にご心配いただいた方は、ご安心くださればと思います。
最後に、私のわがままを聞いていただいた株式会社アトラス、私の挑戦を許してくれた家族、
そして私に挑戦のチャンスを与えてくださった講談社には大変感謝しております。
今後は目黒将司の音楽と共に、
制作中のゲームにもご期待いただければ幸いです。

 




 

またアトラスの公式からも以下のようなツイートがありました。こちらも抜粋。

いつも株式会社アトラスのゲームをご愛顧頂き誠にありがとうございます。
このたび2021年9月末日をもちまして、サウンドコンポーザー・目黒将司が株式会社アトラスを退社しフリーランスとして独立いたしましたことをお知らせいたします。
当社は独立後の目黒氏と共に新作タイトルを引き続き鋭意開発中です。今後活躍の場を広げる目黒氏の新しいチャレンジを応援して参ります。
ユーザーの皆様・関係各位におかれましては、引き続きのご支援ご愛顧を賜りますよう、コンゴトモヨロシク お願い申し上げます。

 

ペルソナシリーズを人気にした人の一人

目黒将司さんは、これまで多くのアトラスのゲーム制作、特に音楽面で活躍していて、その中でも特筆すべきは、やはり『ペルソナ』シリーズでの活躍です。『ペルソナ』シリーズが現在のようなゲームデザインになったのは、プレイステーション2で発売された『ペルソナ3』。この時にこれまでと違ったボーカルを入れた戦闘音楽などを代表とするBGMが非常に好評で、その後の『ペルソナ』シリーズも担当し、作品それぞれの特徴を残した楽曲をたくさん作ってきました。もちろん、各作品のアニメ版の音楽も担当し、ゲーム音楽を進化させた人といっても過言ではないかと思います。物語やゲームの本質も確かに魅力的ですが、その一方で目黒将司さんが作りだした音楽が『ペルソナ』シリーズを人気シリーズにした人の一人だと思います。なお、目黒将司さんが担当した作品は以下の通り。

主な作品

女神異聞録ペルソナ(1996年、PS) – 一部の楽曲を担当
デビルサマナー ソウルハッカーズ(1997年、SS) – 増子司、田崎寿子と共同
魔剣X(1999年、DC) – 緒方貴宏と共同
魔剣爻(2001年、PS2) – 緒方貴宏と共同
真・女神転生III-NOCTURNE(2003年、PS2) – 土屋憲一、田崎寿子と共同
真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス(2004年、PS2) – 土屋憲一、田崎寿子と共同
デジタル・デビル・サーガ アバタール・チューナー(2004年、PS2) – 土屋憲一と共同
デジタル・デビル・サーガ アバタール・チューナー2(2005年、PS2)
超執刀 カドゥケウス(2005年、DS) – 土屋憲一、吉川健一と共同
デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団(2006年、PS2)
カドゥケウスZ 2つの超執刀(2006年、Wii)
ペルソナ3(2006年、PS2)
ペルソナ3 フェス(2007年、PS2)
ペルソナ4(2008年、PS2)
デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王(2008年、PS2)
Persona(2009年、PSP) – 土屋憲一らと共同
真・女神転生 STRANGE JOURNEY(2009年、DS)
ペルソナ3 ポータブル(2009年、PSP)
HOSPITAL. 6人の医師 (2010年、Wii) – 喜多條敦志、小塚良太と共同
キャサリン (2011年、PS3、Xbox 360)
ペルソナ2 罪(2011年、PSP)- PSP版オープニング、スタッフロール追加部分
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(2012年、AC, PS3, Xbox 360)- 喜多條敦志と共同
ペルソナ4 ザ・ゴールデン(2012年、PSVita)- 喜多條敦志、土屋憲一と共同
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス(2014年、3DS)- オープニング
デビルサバイバー2 ブレイクレコード(2015年、3DS)- 追加曲を担当
ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(2015年、PSVita)- 小塚良太らと共同
ペルソナ5 (2016年、PS3、PS4)- 小西利樹らと共同
真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(2017年、3DS)- 小西利樹と共同
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(2018年、PS4、PSVita)- 小塚良太らと共同
ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(2018年、PS4、PSVita)- 小塚良太らと共同
キャサリン・フルボディ(2019年、PS4、PSVita)
ペルソナ5 ザ・ロイヤル(2019年、PS4)- 小西利樹らと共同

 

退社しても心配ないとの事

今回のニュースを聞いて、誰もがまず最初に気になってしまうのが、『ペルソナ』シリーズの新作が制作される際、目黒将司さんが関わらなくなってしまのでは?という事。そうなれば別のサウンドコンポーザーの人が今後の『ペルソナ』シリーズの音楽を作っていくことになってしまうのですが、今回の目黒さんの挨拶を見る限り、その心配はないようで、今後もアトラスのゲームの音楽制作には関わっていくとの事。これは本当に一安心ですね。例年、ペルソナの音楽コンサートを開催し、そこにも目黒さんはそこにも出演していたので、もはや『ペルソナ』シリーズの顔の一人だったのですが、自身が制作するインディーズゲームに注力しながらも、『ペルソナ』シリーズなどの音楽も担当してくださるそうです。ファンとしてはそこが一番心配でした。こうなれば、目黒さんが制作するインディーズゲームを応援するだけですね。

25周年を迎える『ペルソナ』シリーズ。大きな柱が抜けることにならなくて安心しました。今後も目黒さんだけではなく、アトラスの新作にも期待すていきたいですね。

今回は以上です。

コメント