諦めないで!『エルデンリング』心折れそうになったら試してほしい事

サブカル

2022年2月25日に発売され、以降あちこちで話題持ちきりの『エルデンリング』今回はこの高難易度アクションRPGで、心が折れそうな人に向け、プレイをやめる前にやってほしいことをいくつか紹介します。



心折れそうな人に向け

フロムソフトウェアの最新作で何かと話題沸騰中の『エルデンリング』。非常に綺麗なグラフィックで、独特なダークファンタジーの世界観がすばらしく、少しプレイしただけで、他のゲームでは味わえない“深み”を感じている人も多いかと思います。一方、発売前から話題になっていた高難易度もしっかり存在しています。これまでにフロムソフトウェアのいわゆる「死にゲー」に慣れてない人にはやっぱり厳しい世界になっているようです。私も現在プレイ中ですが、開始早々死にまくって、この緊張というか絶望感のまま、広大なオープンワールドなど旅できるのか?と疑問に思い、心が折れかけていました。
しかし、このゲームは多くのプレイヤーが購入し、その分攻略情報もたくさんあります。死にまくっていた私がまずとった行動はいろんな人がアップロードしている攻略の動画を見ること。YouTubeなどで『エルデンリング』と検索をかけるだけで大量に動画がでてきます。その内容は初心者が最初に攻略すべきルートや、ボスごとの戦闘指南、経験値の稼ぎ方、そしてとっておけば戦闘が有利になるアイテムの効果や入手場所など様々。そういった動画を参考にしながら、私もいろいろ手を尽くした所、それまで絶対クリアできないと思っていたとある難関をクリアできました。このゲームは高難度とは言えRPGなので、時間さえかければややヌルゲーマー気味の私でもなんとかなるようです。今回は心折れかけたプレイヤーのために、参考にして欲しい動画と、私が手に入れて楽になったアイテムなどを、やめる前にやってほしいことをいくつか紹介します。

 

まずは馬を手に入れましょう

とは言え、本当の最序盤は自分でなんとかするしかありません。まず最初の圧倒的に強いボス「接ぎ木の貴公子」はいわゆる負けイベントなので、倒せないのが普通です。その後、チュートリアルの最後に戦う「ゴドリックの軍兵」のボス戦でつまづく人もいるかもしれませんが、なんどか挑戦すれば倒せるようになると思います。「ゴドリックの軍兵」との戦いでは「ガードカウンター」のチュートリアルが表示されます。「ガードカウンター」とは、敵の攻撃をガードした直後に反撃できる攻撃で、敵の姿勢を崩しやすい攻撃の一種です。ですが私はここでガードしたあとダメージをくらいまくって一度死にました。なので距離を取りながら相手の攻撃後に、チクチクと攻撃して、深追いしないように距離をとっていたら倒すことができました。動画の人は盾がないのに倒していますので、他の素性の人(動画の人は素寒貧)ならもっと簡単に倒すことができるかと思います。

そしてオープンワールドに出ることになるのですが、その後、以前も軽く紹介しましたが最初の道を進んでいくと、「ツリーガード」という馬に乗ったボスに軽く駆逐されてしまいますので、向かって左側を進んでいきます。すると最初の「祝福」である「エレの教会」に着くことになります。ここで「祝福」に触れ、一度ゆっくりしてから、道なりに進んで行きます。途中兵士などいろいろな敵もいますが相手にはせず、集落などは走り抜けて「関門前」という所の「祝福」に触れます。するとイベントが起こり霊馬「トレント」を手に入れることができます。すぐに馬に乗って移動したい所ですが、一度ファストトラベルで、「エレの教会」に戻ります。すると魔女のレナから「霊喚びの鈴」と「はぐれ狼の遺灰」が貰えます。「遺灰」は自分の味方として召喚できる霊体を呼び出すためのもので、「はぐれ狼の遺灰」を使用すると狼がたくさん出てきて、敵を攻撃してくれます。これらをゲッドするといろいろできるようになります。詳しい道順などは上の動画を参考にするとわかりやすいです。

『エルデンリング』やはり初心者にはキツかった!公式がtips公開
2月25日についにフロム・ソフトウェアから発売となった『エルデンリング』。今作は初のオープンワールドということで、これまで激ムズゲーとして敬遠していたプレイヤーも、初心者でも入りやすいということが話題になっていました。しかし発売後、やはり初...

 

まずはルーン稼ぎ

『エルデンリング』のキャラの強化に必要なものは「ルーン」。敵を倒すとフワーっと飛んでくる粉みたいなものです。このゲームでは「祝福」でこのルーンを使用してレベルアップも行いますが、商人からアイテムを購入するのにも使用します。経験値とお金が合わさったようなものです。なのでルーンはいっぱいあった方がいいです。まずは「トレント」をゲットした「関門前」の祝福に向かい、すぐそばにいる兵士たちを倒します。戦闘が苦手な人はレナからもらった「はぐれ狼の遺灰」を使用しましょう。一人だけランスを持って大きな盾を持っているヤツが結構強敵なので、他の敵を相手にします。そこである程度ルーンを稼ぎ、キャラクターのレベルを上げます。まずは体力をあげHPの量を増やしましょう。あとは自分の好みに強化し、ある程度強化したら、長旅に出かけます。序盤だと行くまで少したいへんですが、「ゲール砦の北」という場所に行きます。行く方法と経験値稼ぎの方法も上の動画で説明してくれます。私はここでレベル40まで育てました。序盤でも超おすすめです。

〈追記〉

ここから下で紹介している戦技については、2022年3月17日に行われたver.1.03で弱体化されてしまいました。下の二つほどではなくても、その代わりとなりそうな物と、アップデート内容については、こちらで紹介しています。

ナーフってどうゆう意味?『霜踏み』『血の斬撃』の代わりの戦技は?
世界累計出荷本数が1200万本を突破し、国内でも累計出荷本数が100万本を突破してたと先日紹介したばかりの『エルデンリング』。3月17日に配信されたパッチにより、初心者救済と言われていた強力な戦技「霜踏み」が弱体され、SNSなどで阿鼻叫喚と...

 

戦技「霜踏み」

『エルデンリング』には武器に追加できる「戦技」というものがたくさん存在します。自分の好きな武器に特殊な攻撃効果を付加できるものです。「パリィ」など基本的なものから、非常に強力なものまで存在します。そこで戦闘が苦手な人に手に入れてもらいたい「戦技」に「霜踏み」というものがあります。これが非常に強力。氷の範囲攻撃が敵にあたり、動きを止めるだけではなく、氷のダメージも与えてくれ、雑魚は1回使用するだけで、簡単に死にます。これがあるだけで、敵に囲まれた時などの危機から生還できる確率がかなり上がります。名前は地味なのですが、その強力な効果や入手場所については動画を参照してみてください。これも結構遠いところまで行かなければいけませんが、それに見合った絶大な効果があります。ザコだけに限らず、相手によってはボスせんでも超有効。この「戦技」を手に入れるだけで、ゲームの難易度が激変します。

 

戦技「血の斬撃」

上記の「霜踏み」を手に入れてから、一気に楽しくなってきた私は、各地のダンジョンに眠るボスにも挑戦し始めました。しかし、「霜踏み」は早く動き回る敵には当てることが非常に難しい。調子に乗った私はボスの一体である「猟犬騎士グリウィル」に挑んだんですが、動きは早いわ、連続攻撃ばかりだわ、ガードするとハマるわで「霜踏み」を使う暇がなく、何度も殺され続けました。そこでもう一つ「霜踏み」と同じくらいぶっ壊れ戦技で有名な「血の斬撃」を手に入れることにしました。「血の斬撃」は強力な攻撃の代わりに自分のHPも減ってしまうのですが、攻撃がヒットすると相手が怯み動きを止めてくれます。「血の斬撃」を手に入れ、装備してから「猟犬騎士グリウィル」に挑んだところ、あっという間に倒すことができました。入手場所は上の動画がわかりやすいかと思います。入手するにはそれなりに敵の多いところを攻略しなければいけませんし、ボスというわけではないのですが、それなりに強い敵を倒すとこの「血の斬撃」が手にはいるのですが、その辺に関しては、「霜踏み」があればどうにでもなるかと思います。「血の斬撃」の威力に関しては下の動画がわかりやすいと思います。かなり強力です。

レベルを上げ、「霜踏み」と「血の斬撃」を入手すると、このゲーム『エルデンリング』の世界が一気に楽しくなりました。他にもいろんな戦技やアイテム、経験値稼ぎなどたくさん動画が紹介されています。今回紹介したものを手に入れ、ある程度慣れてきたら、自分でいろいろ調べてみるのも楽しいかもしれません。こういったオープンワールドのゲームは、このようにプレイヤーの発見によっていろいろ情報が判明していくのも非常に面白い所。もちろん、そんなものに頼らずプレイするのもありですが、せっかく購入しプレイしているのであれば、やてめしまう前に少し試してみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

 

〈追記〉

「霜踏み」の紹介前にも記載しましたが、上記で紹介している戦技については、2022年3月17日に行われたver.1.03で弱体化されてしまいました。下の二つほどではなくても、その代わりとなりそうな物と、アップデート内容については、こちらで紹介しています。

ナーフってどうゆう意味?『霜踏み』『血の斬撃』の代わりの戦技は?
世界累計出荷本数が1200万本を突破し、国内でも累計出荷本数が100万本を突破してたと先日紹介したばかりの『エルデンリング』。3月17日に配信されたパッチにより、初心者救済と言われていた強力な戦技「霜踏み」が弱体され、SNSなどで阿鼻叫喚と...

 

 

 

コメント