『ハーヴェステラ』と『ルーンファクトリー5』ってどっちがいいの?

サブカル

いよいよ発売が迫ってきたスクウェア・エニックスの『ハーヴェステラ』。今回は類似したゲーム『ルーンファクトリー5』との比較を紹介します。



『ハーヴェステラ』体験版

発表当初に当ブログでも取り上げた2022年11月4日にスクウェア・エニックスより発売予定のゲームソフト『ハーヴェステラ』。農作業、料理、クラフト、釣りそしてバトルと『ルーンファクトリー』シリーズのような・・・というか完全に意識していると思われますが、その現在体験版が配信中であります。私も体験版はプレイしましたが、映像は綺麗ですし、物語も面白そう。主人公が記憶喪失なのは『ルーンファクトリー』シリーズと同じですが、登場人物の話など聞くと、単なるファンタジーではなく、もっと壮大な物語になりそうです。
正直、面白そうではあるんですが、私が体験版をプレイして気になった点はいくつかあって、まず、思ったよりボイスが少ないといったところ。キャラクター同士のセリフが結構ありますが、あまりしゃべらないです。どれくらかというと『ルーンファクトリー5』くらい。あとせっかく男性・女性・ニュートラルの3種が選べるのに、ほとんど見た目が変わらないところですね。
それと一番気になったのが時間の経過。これはネットでもいろいろ言われ、製品版では修正されるので一安心ですが、ラージマップでキャラクターアイコンを動かすだけで、時間がかなり経過してしまいますので、私のように「あれ?どこいくんだっけ?」とかアンポンタンなことしていると、どんどん時間が経過してしまいました。このあたりは製品版でどうなるか気になりますね。
他の部分は総じて丁寧な作品で、農業などは本家『ルーンファクトリー』よりやりやすかった印象です。



『ルーンファクトリー』シリーズ

さっきから『ルーンファクトリー』って言ってるけど、そもそも『ルーンファクトリー』を知らねえよ!という人のために、『ルーンファクトリー』シリーズについても紹介します。『ルーンファクトリー』シリーズは元々、牧場を運営し、自然やさまざまな動植物と触れ合ったり、作物や畜産物を生産して生活する『牧場物語』シリーズから派生したタイトル。1作目は『ルーンファクトリー -新牧場物語-』というタイトルで『牧場物語シリーズ』のスローライフ系にRPGのようにダンジョン探索やモンスターとのバトルなどを追加したシリーズです。1作目は旧ニンテンドーDSから発売され、それから3作目まで発売されました。そしてハードがニンテンドー3DSになり、『ルーンファクトリー4』が発売。そして記憶に新しい2021年の5月に最新作である『ルーンファクトリー5』がニンテンドー Switchで発売されました。シリーズ通して農作業、料理、クラフト、釣りなどをしながら、ダンジョンを探索、モンスターと戦いながら物語が進行していく内容で、登場するキャラクターたちと恋愛関係にもなることができます。成長システムもほとんどの行動がスキルとして存在していて、農作業、料理、クラフト、釣りだけではなく、歩いたり、眠ったりといった行動もスキルとして設定されていて、その行動が多ければ多いほど成長していくというやり込み派にはたまらない仕様になっています。戦闘も武器ごとにスキルが分かれていて、「片手剣」「両手剣」「槍」その他、よくゲームで見る武器の種類は一通り揃っていて、どれを育てるかはプレイヤー次第となっています。私は当時3DSの『ルーンファクトリー4』からプレイしてその仕様と携帯機のせいか、めちゃめちゃ長時間プレイしました。2023年の3月には旧ニンテンドーDSで発売されていた3作目が『ルーンファクトリー3スペシャル』としてニンテンドー Switchで発売されることも先日発表されました。

 

そして『ルーンファクトリー5』

おそらく『ハーヴェステラ』と比べられる作品になるであろうナンバリングが、ニンテンドー Switchで発売で発売されているナンバリング最新作『ルーンファクトリー5』ハードがSwitchになったため、グラフィックは非常に綺麗になったのですが、この作品、どうもシリーズファンからは不評のようです。確かにバグがあったり、多少大味な部分はあると思いますが、私は非常に面白くプレイさせていただきました。一部では“神ゲー”とまでいっているユーザーもいるので、その辺りは賛否両論なのかもしれません。断言はできないのですが、ネットや動画の意見を見ている限り、『ルーンファクトリー5』から始めたユーザーには好評で、過去シリーズからプレイしているユーザーには不評のようです。
私個人としては非常に面白い作品という印象。ただクリア後も長めにプレイして、気になった点がないわけでもないので、ここでは2つだけに絞って『ルーンファクトリー5』をプレイして気になった所を紹介します。もし気になっている人がいたら参考にしてみてください。

畑でハンマー

『ルーンファクトリー5』をプレイした人は一度はやってしまったんではないかといういわゆる誤爆。『ルーンファクトリー5』はクワで畑を耕し、種をまいて、水をかけ、育って収穫という一連の農業の流れがあるのですが、畑の周りや畑の中に、岩の塊が発生します。これをハンマーで叩くことで、いろんな家具や施設拡張の素材となる岩が取れます。この岩には種類があってハンマーで3回くらい叩いて消滅するものや、9〜10回くらい叩いて消滅するものがあるのですが、この岩を砕く作業中に連打していると、うっかり岩がない所にハンマーが行ってしまうと、畑にまいた種と耕したエリアが消失してしまいます。プレイしていない人は大したことないと思ってしまうかもしれませんが、これが与えられたミッションをクリアするためのお題となる作物の種でそれがなかなか入手できないものだったりすると、かなりストレスとなります。このあたりのレスポンスはもっとうまくして欲しかったですね。それ以降、私は畑のそばの岩を砕くのは連打せず、慎重にボタンを押すようにしました。

せっかくのサイドストーリー

前述でも紹介しましたが、このシリーズには恋愛イベントがあります。今作ではこれをサイドストーリーとして扱っていて、メインストーリーとは別に進行していきます。
なんと私、クリアまでサイドストーリーが発生しませんでした。正確には発生していましたが、その進行方法がわからず、知らないうちに放置していました。この作品に登場する恋愛対象のキャラクターは全部で男女6人ずついて、全部で12人存在します。このサイドストーリーは一人のキャラクターのものが発生してしまうと、他のキャラクターのサイドストーリーはクリアするまで発生しなくなっています。おそらく、サイドストーリーを始めるには、マップ上に存在しているそのキャラクターのアイコンの場所まで行けば進行するのですが、その場所に行ってしまうと本人の意思とは関係なく勝手に始まってしまいます。私は最初にとあるキャラクターのアイコンの所まで気付かずに行ってしまい、どうやらそのキャラクターのサイドストーリーが発生していたらしく、そのイベントの続きは夜に海にいかないと発生しなかったため、海なんか特に夜になんて近づかなかった私は、そのサイドストーリーがほぼ凍結したまま、物語をクリアしてしまったわけです。
昔のゲームならまだいいのですが、最近のゲームでこの仕様はちょっとびっくりしましたね。そのせいで、平和になった世界でダラダラと残ったサイドストーリーをこなしていくことになってしまいました。

上記の2点がかなり個人的に痛かったのですが、他は総じて大変面白いゲームでした。しっかりやり込みました。体験版をプレイして『ハーヴェステラ』が待ち遠しい人や、『ハーヴェステラ』プレイ後、同じようなゲームをプレイしたい人は、やってみるのもいいかもしれません。

今回は以上です。

 

コメント