映画の『ガンダム』おすすめランキング!1位になったのはあの作品!

サブカル

アイティメディア株式会社が運営しているサイト「ねとらぼ調査隊」にて、「ガンダムシリーズ劇場版作品おすすめランキング」というアンケートを実施し、その結果が発表されたので、今回はそのランキングを紹介します。



ガンダムシリーズ劇場版作品おすすめランキング

芸能ネタや生活ネタ、テレビやアニメ、ゲームなどジャンルを問わずいろんなアンケートを実施し、その結果をランキング形式で発表している「ねとらぼ調査隊」。いろいろなアンケートを実施し、その結果を毎回発表しています。今回は「ガンダムシリーズ劇場版作品おすすめランキング」というもの。ガンダムの劇場作品はテレビシリーズの再編集したものや、劇場用オリジナルのもの、テレビシリーズの続編など様々な形で映画化されています。先日公開されたばかりで、大ヒットした『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』に関しては、テレビシリーズのスピンオフというまた一風変わった形で映画化されています。私個人としてはやはりオッサンなので、最初の『機動戦士ガンダム』の3部作をおすすめしたいのですが、先日スクリーンで『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』を鑑賞した時、やはり最新の映像でもう一度作り直してほしいと思ってしまいました。さすがに古いですからね、ファーストガンダムは。そんなわけでとりあえず6位から10位までを一気に紹介。

 

6位から11位まで

6位 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇

7位 機動戦士Ζガンダム A New Translation

8位 機動戦士ガンダムNT

8位 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート

10位 機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録-

10位 Gのレコンギスタシリーズ

個人的には8位の『機動戦士ガンダムNT』が個人的には結構好きだったんですが、ネットなどの評判はあまりよろしくないですね。映画としては面白いけど、ガンダムとしてはファンが厳しい評価をしているようです。ここで内容について説明したいんですけど、『機動戦士ガンダムNT』については別の機会に紹介したいと思います。そして結構意外だったのは、ファーストガンダムの続編である『機動戦士Ζガンダム A New Translation』。A New Translationは新訳という意味で、結末などが変更されて映画化され話題になったのですが、『Endless Waltz』に負けてしまうという結果になりました。『Ζガンダム』の映画も3部作で第一部の『星を継ぐ者』を観た時は、その編集の素晴らしさにテンション上がったのですが、2部の『恋人たち』以降はかなりダイジェストっぽくなってしまっていて少し残念でしたし、重要なエピソードがカットされたりと、個人的にも不満はあったので、それが結果にでたという感じでしょうか。詳細については以前紹介しているので、そちらを参照してください。
6位から11位は以上のようになりました。5位からはカウントダウンで紹介します。

どこが違う?『機動戦士Zガンダム』テレビ版と劇場版の違いとは何?
本ブログでは、ガンダムを扱った記事が多いです。これからも多くなるでしょう。今回紹介したいのは『機動戦士Z(ゼータ)ガンダム』のテレビ版と劇場版の違いです。まずは『機動戦士Zガンダム』について説明します。 (ads...

 

5位 閃光のハサウェイシリーズ

現時点ではまだ第一部しか公開されていない『閃光のハサウェイ』が5位。今後二部、三部と公開されるとその順位も変わるかもしれませんね。第二部は『サン オブ ブライト』というサブタイトルがすでに発表されています。今回のアンケートは3部作やシリーズ物に関しては一つにまとめられているから、わかりやすくていいですね。『閃光のハサウェイ』は1989年にガンダムの生みの親である、富野由悠季監督により執筆された小説が元となっています。当時はアムロとシャアとの決着を描くということで話題となった『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の後のストーリーという事もあり、多くのファンがこの小説を読みました。そして2021年に「UC NexT 0100」に組み込まれる形でアニメ化されました。映像のクオリティなど素晴らしかったですね。小説版のラストとは変わるという話なので、続きが気になります。

 

4位 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

そして宇宙世紀シリーズではなく、アナザーガンダムとしてトップ5以内に入ったのが、『機動戦士ガンダム00ダブルオー -A wakening of the Trailblazer-』。テレビシリーズの『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』の後日談となっている作品です。『ガンダム00』は他とは繋がりのない独立した作品なので、テレビシリーズを観てから視聴するにはちょうどいい作品ですね。個人的には冒頭で登場する刹那専用のフラッグがお気に入り。そう言えば、未だに商品化されてないですね。

 

3位 機動戦士ガンダムF91

堂々3位以内に入ったのが、心機一転で再スタートするというというポジションだった『機動戦士ガンダムF91』。一応、映画として終わっていますが、ラストはなんとなく続きを匂わせる終わり方をしましたが、その後続きを作られることがありませんでした。でも個人的にはすごく好きな作品です。詳細はつい先日紹介したので、そちらを参照してみてください。数あるガンダム映画の中で3位に『F91』が入ったのはうれしいですね。

悲運の名作!『機動戦士ガンダムF91』の続きがないことについて!
1991年に劇場公開された映画『機動戦士ガンダムF91』。この作品を見て続きが気になっている人もいるんじゃないでしょうか。今回はそんな個人的に大好きな作品『機動戦士ガンダムF91』について紹介します。 (adsb...

 

2位 機動戦士ガンダム3部作

そしててっきり1位だと思っていた元祖『機動戦士ガンダム』の3部作が2位に。この3部作は本当に物語がうまくまとめられていて、ガンダムを知らない人には私が必ずおすすめする作品です。第1部から観ていくと、第3部となる『めぐりあい宇宙編』でのアムロの成長に感慨深いものがあります。そしてもう何十回も観てきた作品なのですが、今でもラストには鳥肌が立ってしまいます。しかし、元祖となる名作が2位。そうなると1位はアレしか残ってないですね。



 

1位 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

堂々1位となったのはアムロとシャアの戦いに決着を付けた作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。ほんと、人気ありますね。この作品の主役機である「νガンダム」はおそらく全ガンダム中で一番人気のあるガンダムなのではないでしょうか。2位のファーストガンダム3部作、7位の『Zガンダム』と地続きの作品で、5位の『閃光のハサウェイ』にもつながっていくといういろんな要素を含めた作品になっています。そして“アムロとシャアの決着をつける”の触れ込みの通り、これ以上ないぐらいの形でモビルスーツ同士の勝敗は決定します。福岡の実物大のνガンダム立像も話題になりましたし、この先もその人気は続いていきそうですね。でもファーストより上か・・・。

以上が「ガンダムシリーズ劇場版作品おすすめランキング」の結果でした。ランキング一覧は以下の通りです。

1位 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 140票

2位 機動戦士ガンダム3部作 91票

3位 機動戦士ガンダムF91 58票

4位 機動戦士ガンダム00ダブルオー -A wakening of the Trailblazer- 27票

5位 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイシリーズ 21票

6位 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇 17票

7位 機動戦士Ζガンダム A New Translation 10票

8位 機動戦士ガンダムNT 6票

8位 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート 6票

10位 機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録- 5票

10位 Gのレコンギスタシリーズ 5票

12位 機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光 4票

13位 機動戦士ガンダム サンダーボルトシリーズ 2票

13位 ガンダム新体験 グリーンダイバーズ 2票

13位 ∀ガンダム(地球光/月光蝶) 2票

16位 G-SAVIOUR 1票

今回は最新作である『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は含まれてないようでしたが、含めてのアンケートも観てみたかったですね。

今回は以上です。

コメント